TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】タイソンのボディブローが効いた! ジョーンズは思い通り試合ができず

2020/11/29(日)UP

タイソンがジョーンズに度々この左をヒットさせ、さらにボディブローも効かせた(Getty/eFight)

 11月29日(日・日本時間)に米ロサンゼルスのステープルズ・センターでボクシング元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(54=米国)とボクシング元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・Jr(51=米国)のヘビー級エキシビションマッチが行われ、タイソンが始終積極的に攻めボディを効かせたが、ジョーンズがクリンチやサークリングで凌ぎ、エキシビションのため引き分けとなりお互いの健闘をたたえた。

 試合は1R開始から、タイソンは低い姿勢から細かく身体を揺すり、前に出て序盤から手数を出す現役を思わせる動き。踏み込んでの上下打ち分ける連打に早期KOを期待させる。しかし、このタイソンの動きにアウトボクシングから単発ながら反撃していたジョーンズだったが、終盤にはクリンチして強打を防いだ。

 以降もタイソンが圧力をかけ、パンチを出すと2発目を食らわないようにすぐクリンチに行くジョーンズ。そんな中でタイソンは右のクロスパンチや、左フック、ボディを度々入れる。
 ボディにダメージがあると確信したか、ボディを中心に追い込むタイソンに対し、クリンチばかりだったジョーンズは6Rになるとサークリングでタイソンのパンチを避ける。
Embed from Getty Images

 7R、タイソンは踏み込んでボディの連打がヒットする。そこはクリンチでなんとか凌ぐジョーンズ。最終の8Rも低い姿勢から細かく前に出るタイソンに、ジョーンズもアウトボクシングからフリッカージャブを打つが、タイソンの攻めにサークリングとクリンチで凌ぎ切り判定に。試合を終えたジョーンズはフラフラだ。

 通常の判定ならタイソンのフルマーク勝利となるところだが、エキシビションだからなのか、判定はドローに。

 両者にWBCからこのコロナ禍の中、ボクシング界で先頭に立って戦ったということでフロントラインベルトが贈られた。

 試合後、タイソンはドローの結果に「いいですよ、それで、皆んなが喜んでくれるなら」と答え、2Rから始終クリンチをしたジョーンズは「彼のボディは効いた。アウトボクシングができなかった。あれで体力が奪われた。練習してきたことができなかった」と答え、もう一度やりたいというタイソンにジョーンズは「彼はいい友人だが彼のパンチを喰らうとなると話は別だ」と再戦には消極的だった。

▶次のページは[動画]タイソンの試合前に現役さながらの動きをする映像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧