TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】YouTuberポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

2020/11/29(日)UP

YouTuberジェイク・ポールvs元NBA選手ネイト・ロビンソンは、ポール(左)がKO勝利

 タイソンvsジョーンズのセミファイナルで、プロボクシング2戦目、2000万人の登録者を誇る人気YouTuberジェイク・ポールと、175cmと小兵ながらNBAスラムダンクコンテストで史上最多3回の優勝を誇る超絶レベルの身体能力を持つNBA界のスター選手ネイト・ロビンソンがプロボクシングライセンスと取得し対決した。ジェイク・ポールは、昨年12月にボクシングでYouTuber同士で対決、第1R 2分18秒 TKO勝利している。対する初めてリングに上がるロビンソンは「お前のボクシングとやらを見せてくれ」とジェイクを挑発している。 

 試合は序盤から元NBAのロビンソンが突進しパンチを連打する。足の速さ、瞬発力はさすがである。互いにボクシングとして遜色ない攻防が展開されたが、ラウンド終盤にポールの右のカウンターが後頭部にヒットしダウンしたロビンソン。ロビンソンはポールのラビットパンチで後頭部の殴打だとアピールしたがダウン判定は変わらず。

 2Rに反撃するロビンソン、パンチの打ち合いになるが、ポールのオーバーハンドの右フックで再びダウンを奪う。立ち上がったロビンソンは再び突っ込んでいくが、またもポールの右フックでダウン。ロビンソンは前のめりにバッタリ倒れ、レフェリーは即KO宣告、2R1分35秒、KOで勝負を決めた。

 勝ったポールは「とりあえず右のオーバーハンドが決まった。彼のことはリスペクトしている。バスケットボールの輝かしい戦績もある。私はこの試合に向け、狂ったように練習に明け暮れてきた。(以前、UFCのマクレガーと戦いたいとの発言があったが)もうしばらくボクシングで活躍したい。戦うことが向いているんです。人生ずっと戦い続けてきた。小さな町からロサンゼルスに出て有名になった。(YouTubeの活躍から)ぼくを嫌う人は大勢います。そういう人たちと戦って生きています」としばらくボクシングで戦うと発言した。

次ページは、この試合の動画

●編集部オススメ

・【テレビ】マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズのテレビ、放送情報=11.29

・タイソンの前座で元2階級王者バドゥ・ジャックが圧勝で連敗脱出、再び世界へ

・タイソンが“挑発”動画を公開、感謝祭“ターキー”のジョーンズを食べて「味はマジでサイコー」

・タイソンとジョーンズが20秒間の緊迫フェイスオフ、計量パスで史上最大のエキシビションマッチ迫る

・タイソンがSNS掲載したマラドーナとの写真、知られざる絆とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧