TOP > ニュース 一覧

全米人気の素手ボクシング団体に元NBAビッグスターのシャキール・オニールが投資へ「これが格闘技の未来だ」

2021/02/12(金)UP

「ベアナックルマニア」のファイト・オブ・ザ・ナイトは、美女戦士のどつき合い(BKFCの公式SNSより)

 米国で急速に人気を集めている素手ボクシングの格闘技イベント『Bare Knuckle Fighting Championship』(以下、BKFC)に強力な助っ人が登場した。

 大の格闘技好きで知られる元NBAビッグスターのシャキール・オニールは2月6日の『USA TODAY Sports』の取材で「(BKFC選手たちは)世界で最も偉大でタフなアスリート達だ。グローブを使用していないという事実は、彼らを世界で最もタフなアスリートにしている。これが格闘技の未来だ」と語り、この団体へ投資する考えがあることを明らかにした。

 オニールは2月6日(現地時間)に米フロリダ州レイクランドで開催された『BKFC Knucklemania』で会場観戦し、リング上で行われたバンタム級王座の授与式にも参加している。

格闘技好きで有名な元NBAビッグスターのシャキール・オニール(右)。親交のあるUFC戦士ディアスとツーショット(オニールの公式SNSより)

 現在、話し合いが行われている段階で、計画している投資の時期や金額などの詳細はまだ明らかにされていないが、もしこれが確定すれば、世界のスポーツ界の大物のバックアップを得られたとあって、BKFCの世界的な認知や人気はさらに飛躍するに違いない。

 また、この『BKFC Knucklemania』でのファイト・オブ・ザ・ナイトが決定し、熱い激闘を交わした「テイラー・スターリングvsチャリサ・シガラ」の一戦が選ばれた。

 前日の公開計量で歓声が上がった美女二人の戦いは、序盤から真っ向勝負でぶつかり合い、お互い顔面を裂傷し血だらけになりながらも最終5ラウンドまで戦い抜いた。結果は2度のダウンを奪ったスターリングが判定勝利している。

 BKFCは2018年設立した米国の格闘技団体。これまで15大会を実施し、昨年はボクシング元世界ヘビー級王者・マイク・タイソンとPRIDEとUFCで活躍したMMAレジェンドのヴァンダレイ・シウバに試合オファーを出して話題になるなど、僅か2年間で急速に人気を広げている。

▶︎次ページ(動画あり)は、「ナックルマニア」ファイト・オブ・ザ・ナイトに選ばれた美女戦士の激闘ハイライト!

●編集部オススメ

・美女ファイターが“裸拳”で流血ドツキ合い!素手ボクシング大会史上最も熱狂した「ナックルマニア」の壮絶映像が公開

・”Gカップ”&”尻美人”がRoad to ONEのラウンドガールに決定!(写真10枚)=2.22

・全米人気の素手ボクシング大会が衝撃KOトップ10を公開、“カメラ返り血”や“史上最短3秒”KOも

・素手ボクシング参戦のUFC美女戦士が“喉元つかむ”乱闘騒ぎ「ここはMMAじゃない」と対戦相手が激怒=前日計量

・【LEGEND】武居由樹、元世界王者・木村翔に臆さぬボディ攻めで大器の片鱗見せる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧