TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】ESPNが選ぶ上半期ベストKOはバルデスが絶対王者に失神KOで2階級制覇した一戦

2021/07/03(土)UP

衝撃KO勝利したオスカル・バルデス(写真は15年9月のクリス・アバロス戦=Naoki Fukuda)

 米大手スポーツメディアESPNが上半期のボクシングアワードとしてベストKOやベストファイター、ベストファイトを昨夜2日、発表した。
 まずベストKOは、2月20日米ラスベガスにてV7を狙うWBC世界スーパー・フェザー級王者ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)に、元WBO世界フェザー級王者のオスカル・バルデス(メキシコ)が挑み、10回2分59秒でKOした試合となった。

【動画】ベストKOに選ばれた失神KO動画

 この試合は4Rと6Rにダウンを奪いリードするバルデス、そして10R、王者ベルチェルトの右フックをバルデスがしゃがんで空振りさせると、体を起こしながら左フック一閃、ラウンド残り1秒、王者は前のめりに失神した。勝ったバルデスは二階級制覇に成功した。
 当時、この衝撃のKO勝利の瞬間の映像はSNSで拡散され、WBCも「なんだこのKOは!」と驚きのコメントとともにツイッターに動画をアップしていた。

サンダースを攻める”カネロ”アルバレス(C)DAZN

 男子ベストファイターは今年2月と5月に2度の世界タイトル戦をこなし共にTKO勝利したサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が選ばれた。特に5月9日の試合ではWBA・WBCスーパーミドル級世界王者だったカネロがWBO同級世界王者のビリー・ジョー・サンダースに放った8Rの右アッパーが”バチン”と大きい打撃音が響き、サンダースはそれで複数箇所を骨折してしまった。サンダースは8R終了後に棄権、カネロは3団体制覇を達成した。

【動画】カネロが複数骨折させた衝撃アッパー動画

 女子ベストファイターはクラレッサ・シールズ(米)。
 3月5日、IBF女子世界スーパーウェルター級王者マリエ・イブ・ディケアー(カナダ)と王座統一戦と、空位のWBA同級スーパー王座決定戦で判定勝ちを収め、IBFとWBAスーパー王座を獲得し、ミドル級に続く4団体統一に成功。リング誌女子ジュニアミドル級王座も獲得した。

 ベストファイトは3月13日、WBAスーパーフライ級王者ローマン・ゴンザレス(帝拳/ニカラグア)vs.WBC同級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の再戦が選ばれた。
 両者は8年ぶりの再戦。前戦(12年11月)では王者ロマゴンが世界初挑戦だったエストラーダに判定3-0で勝利し、WBAライトフライ級V5を達成していた。
 今回は多くのラウンドで足を止めての死闘となり、12回判定2-1(117-111、115-113、113-115)でエストラーダがスプリット判定で勝利、2団体統一王者となった。

今年最大のアップセットか、4月にもリングマガジンの王座を狙っていた元IBF世界王者のワーリントンが格下ランカーにKO負け(C)DAZN

 また、トッププロスペクトに今年すでに3度試合し3勝2KOのザンダー・サヤス(プエルトリコ)、トップサプライズにはIBFフェザー級を3度防衛し返上したばかりのジョシュ・ワーリントン(英)にIBF8位のマウリシオ・ララ(メキシコ)が9R 54秒のTKO勝利。リングマガジンも今年のアップセット・オブ・ザ・イヤーの候補だと報じた。
そして最大の失望としてアンソニー・ジョシュア(英)とタイソン・フューリー(英)の交渉が決裂したことが挙がった。

 さて、7月から下半期。今月24日(現地時間)には、米ラスベガスにてWBC世界ヘビー級王者のタイソン・フューリー(32=英)vs元WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(35=米)3度目の対戦が行われるが、今後、フューリーvsジョシュアの対戦や、ロマチェンコとロペスの再戦、そして井上尚弥のバンタム級3団体、または4団体統一戦の実現などの実現も期待される。

▶︎次ページは【動画】ベストKOに選ばれた失神KO動画

●編集部オススメ

・【ベストファイターの一戦】カネロの右アッパーで複数骨折、衝撃のスロー映像が話題

・【ベストサプライズの一戦】今年最大の番狂わせKO劇か、無敗の前王者が格下ランカーの左で大の字に

・これぞ瞬殺KOだ! ヘビー級アジャグバの衝撃KOに驚きの声

・【ボクシング】井上尚弥のボディブローが食い込んでゆくスロー映像が公開「マジでえぐい」など話題

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧