TOP > ニュース 一覧

【Krush】2連続1R KOで王座戴冠のサッタリ「ここからがスタート、K-1のベルトを狙っていきたい」

2021/07/26(月)UP

会見に出席した新王者サッタリ(左)(C)K-1

 7月24日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.127』の一夜明け会見が25日都内にて行われ、本大会で実施された「第2代Krushクルーザー級王座決定トーナメント」を制して新王者となった、サッタリ・ウィラサクレック(30=イラン/WSRフェアテックス・イラン)が出席した。

 サッタリは、本トーナメント準決勝ではRUIと対戦し、1Rに2度のダウンを奪い134秒でKO勝ち。決勝戦では破壊力満点の打撃で空手出身の谷川聖哉を攻めていき、またも1Rに2度のダウンを奪って166秒でKO勝利し、第2代Krushクルーザー級のベルトを巻いた。

準決勝ではRUI(下)をKOしたサッタリ

 一夜明け会見でサッタリは「昨日の試合は自分にとって、やるべきことができたいい試合だったと思います。そしてやはり応援にきてくれたファンのみんな、チームのみんなで一丸となって勝てた試合だと思います」と振り返る。

 準決勝のRUI戦では右ストレートと右ミドルで、決勝の谷川戦では左フック(1度目)と右フック(2度目)で、ともに2度ずつのダウンを奪った試合展開は「しっかり相手を分析し、戦略をコーチと考えた上で試合に臨みました。チームで分析し、トレーニングを積んだ結果がすべて出た試合だったと思います」と狙い通りだったようだ。
「自分がやりたいことが出来た試合だったと感じているし、いいタイミングで狙っていたパンチを打てました」と、トーナメントの出来栄えには満足した様子を見せたが「自分の中ではここからがスタートなので、これからも一層強い自分をお見せできるように練習を頑張っていきます」とも語った。

決勝戦では、この右フックで谷川をKOした

 サッタリは試合後「これからもファンの皆さんが見たい試合をして、K-1のベルトを獲りたいです」とK-1出撃を宣言していた。
 その真意については「格闘技はエンターテイメントで、その中でベストを尽くして、観客のみなさんに楽しんでもらえるようなパフォーマンスができるように、自分を追い込んで厳しいトレーニングを積んでいくことが一番大事だと思います。その結果としてK-1のベルトを狙っていきたいです」と、ファンの喜びの先にK-1王座があるという考えを述べた。

サッタリ(左)の右フックでうつ伏せに倒れた谷川(右)

 また、K-1ファイターで好きな選手を問われると「ピーター・アーツ、バダ・ハリ、アーネスト・ホーストといい選手はたくさんいましたが、パーフェクトな選手はいないので、自分にとってすべての選手を見て、すべての選手の中のいいところを盗んで、いい形で自分のものにしようとは意識しています」と答え、向上心をうかがわせた。

 Krush王座奪取には、母国イランからも多くの祝福があったというサッタリは「いい環境に恵まれている」という日本からの応援にも応えたいと、二国のファンのためにも更なる飛躍を誓う。ファンやチームへの感謝を示すために「まずはチャンピオンとしてふさわしい気持ちを持つ人間になりたいと思います」と謙虚な姿勢を見せ「世界中のトップファイターを日本に呼んで、レベルの高い試合をお見せしたいと思います」と、目標を語った。

●編集部オススメ

・【Krush】サッタリが2連続初回KO勝利でトーナメント制覇、クルーザー級新王者に

・【K-1クルーザー級の一戦】K-Jeeが愛鷹に2度ダウンを喫すも流血の大逆転KO勝利!「今年一番の試合でしょ」(動画あり)

・【K-1】ANIMAL☆KOJIが愛鷹亮との倒し倒され”野獣対決”を制し、クルーザー級タイトル戦を要求(動画あり)

・【K-1】カリミアンがK-Jeeにバックハンドブローで逆転KO勝利、クルーザー級王座を奪還(動画あり)

・【Krush】王者・菅原美優とMIOがタイトル戦、先月負けた菅原「2ヶ月で成長してリベンジする」=8.21

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧