TOP > ニュース 一覧

【K-1】朝久裕貴が河川敷で公開練習「試合で勝った後に、戦いたい相手の名前を出したい」=9.20横浜

2021/09/14(火)UP

朝久裕貴 (C)K-1

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜よこはまつり〜』の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で対戦する朝久裕貴(朝久道場)が公開練習を行った。

【動画】河川敷でパンチ・キック!朝久裕貴の公開練習映像

 朝久は昨年11月のK-1福岡大会以来、約10カ月ぶりの復帰戦となる。朝久道場と言えば軽トラ押しや潜水など、変わった練習をすることでも知られているが、この日の朝久は道場近くの河川敷まで移動し、朝久篤館長を相手に対人式の練習を公開。

「子供の時から公園やガレージ・車庫で練習することが多かったので、昼間に外が晴れていたら外で練習している」とのことで、「外で練習すると下が砂利や不安定な場所もあって、あえて滑りやすい靴を履いて練習することで体のバランスがよくなる」と練習の意図を明かした。

ミットを打つ朝久 (C)K-1

 普段の練習でも「僕には僕の動きがあるし、弟の泰央には泰央の動きがあるんで、練習が終わったあとに『今日の動きどうだった?』と確認しあって、穴をなくして良いところを伸ばす練習をしてきました」と泰央をはじめ、朝久道場の面々と己を磨いているという。

 対戦相手のMOMOTAROを、海外で戦ってきた選手で名前と存在は知っていたという朝久は「“トリックスター”という異名がついているので、色んな技を使ってくるのかなと思います。ただ僕は対戦相手の動画を見ないので、本番で向かい合ってみて相手の技を楽しみたい」とコメント。

河川敷でキックを放つ朝久 (C)K-1

 MOMOTAROはK-1デビュー戦の5月の横浜武道館大会で西元也史にKO負けを喫しているが、朝久は「あの試合は僕も一ファンとして見ていて、結果としてMOMOTARO選手がKO負けにはなってしまいましたけど、油断したところで一発をもらっちゃったのかなと思います。あの試合だけでMOMOTARO選手が強くないとは一切思わなかったです」とMOMOTAROの実力を高く評価。

 その一方で「僕は誰が相手でも、そこまで相手の対策はしない。対策練習ばかりしていると自分の強さが伸びないと思っています。テレビゲームで言うなら攻略本を読みながらクリアするのと一緒で、それは自分が強くなることとは別。だから僕は誰が相手になってもいいように、またこういうご時世なので対戦相手が直前で変わることもあるだろうし、自分の力を上げて自分の動きを磨く練習が必要だと思います」と自身の技を磨くことに集中する。

滑りやすい靴で練習することでバランスが良くなるという(C)K-1

 朝久は中国・武林風WLF -60kg級王座を獲得している。中国での経験をもとに「万全な環境ではなくても勝つという火事場の馬鹿力のようなものは身についたと思います。僕は、日本で結果を出す以上に海外で結果を出すことは難しいと思います。(MOMOTAROも)今のK-1 JAPAN GROUPにはいなかったタイプの選手だと思うし、海外で戦うことの厳しさも分かったうえで、MOMOTARO選手の精神力は他の選手と比べものにならないぐらい強いと思います」と話す。

 朝久自身も相手のMOMOTAROも、外国人選手との対戦経験が多く、お互い戦い方もあまり他にいないタイプだといい、「僕は朝久流養我の動きをするし、MOMOTARO選手は世界各国で戦って自分のスタイルを身につけたと思うので、他の選手にはできない試合を見せたいです。前回は復帰戦で自分の身体を心配過ぎたのかなと思います。もう身体が大丈夫という確信が持てたので、練習通りの動きを出しつつ、練習以上のものを本番で出さないとMOMOTARO選手には勝てないと思います」と意気込む。

空手仕込みの蹴り技で圧倒する朝久(2020年11月)

 今回のMOMOTARO戦をクリアした先に「僕には戦いたい選手がいます。今大会でスーパー・フェザー級の試合がいくつか組まれていますが、そのなかで僕が一番強いと思っているので、それを試合で証明します。そして試合で勝ったあとに戦いたい相手の名前を出したいと思います」と意中の相手がいることを明かした朝久。試合はもちろん試合後のコメントにも注目だ。

▶︎次ページは【動画】河川敷でパンチ・キック!朝久裕貴の公開練習映像

●編集部オススメ

・K-1王者 朝久泰央の兄・裕貴が9.20参戦、兄弟の強さは過酷な練習と心の持ち方、殺気を読む朝久流養我にあり

・【テレビ・配信】9.20「K-1横浜大会」安保瑠輝也、野杁正明ら出場ウェルター級トーナメントなど生中継・放送情報

・【K-1】9.20 横浜大会の試合順が決定、メインはウェルター級T決勝、セミは京太郎vsカリミアンのKO必至のバトル

・【K-1】MOMOTARO、ともに海外経験持つ朝久裕貴と対戦へ「激しい打ち合いとは別に足技でも会場を沸かせられたら」

・K-1に”ラスボス”降臨!小林幸子が何とラウンドガールに決定!「皆さんに笑顔になってもらえたら」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧