TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】MMA初勝利の太田忍、久保優太に「指一本触れたら倒せる自信あった」今後の野望を語る

2021/09/19(日)UP

元K-1王者の久保優太に判定勝利した太田忍

 9月19日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.30』の第3試合 スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分 3R(66.0kg)で、久保優太(33=PURGE TOKYO/BRAVE)に判定勝利を収めた太田忍(27=パラエストラ柏)が試合後のインタビューに応じた。

 1Rに久保の顔面前蹴りをもらい、多少は驚いた部分はあったというが、その後は冷静にグラウンドの展開へ。レスリング仕込みのグラウンドコントロールを見せて、フルマークの判定勝利を収めた。「安心した気持ちと決められなかった悔しさ、練習してきたことを半分しか出せなかったという色んな気持ちが込み上げてきています」と試合をの率直な思いを語った。

テイクダウンに成功した太田(上)

 対戦した久保については「もうちょっとアグレッシブに打撃をやってくると思った。打撃があるプレッシャーはものすごくて、K-1のチャンピオンというイメージが強くて、それを警戒しながらテイクダウンに行くには細心の注意が要りました」と振り返る。

 試合前の作戦については「打撃を掻い潜りながら、パウンド打ちながら一本、パウンドアウトを狙っていこうという作戦でした」という。その中で「行きたい体勢に行くことができなかった。2回(ガードを)パスしましたけど、4分半かけてパスできる感じだったので、作戦通りに行かなかった」とパスガードへの展開に時間がかかってしまったことが反省点だ。

久保の顔面前蹴りがヒットする瞬間

 久保の顔面前蹴りについては「MMAファイターにない前蹴りでした。フラッシュダウンみたいな感じで揺れてはいました」と多少の驚きはあった。しかし、その後は冷静にタックルを決めて、寝技の展開に引き込んだ。「指一本触れたら倒せる自信はあった。二本くらいしか指はかかってなかったけど、倒せる自信がありました。落ち着いて練習の通りにできたと思います」との手応えは感じている。

袈裟固めの体勢からパウンドを打ち込む太田

 今後については「今回は久保選手で66kg契約でしたが、適正はバンタム級なので、日本トーナメントが行われていますが、そこのレベルに少しでも早く追いつけるように練習をします。RIZINでの目標はバンタム級のベルトです。始めたばかりで何言ってるのかと言われると思うけど、目指すはUFCのベルトなので、そこを目指してやっていきたい」との野望を語った。

●編集部オススメ

・元K-1王者・久保優太が悔しいMMAデビュー黒星、五輪銀レスラー・太田忍が初勝利

・元K-1世界王者・久保優太、太田忍戦を振り返る「アグレッシブさが足りなかった、今後は仕留める練習を」

・【試合結果】『RIZIN.30』9.19

・【RIZIN】豪腕対決は昇侍が衝撃の失神KO勝利!“二刀流”のKNOCK OUT王者・鈴木千裕を下す

・ぱんちゃん璃奈、デジタル写真集発売で「もうムキムキでグラビア見納め」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧