TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】浜崎朱加、藤野恵美と「楽しくなって打ち合った」大舞台での再戦は「一生の財産に」=試合後インタビュー

2021/09/19(日)UP

浜崎朱加が試合後インタビューに応じた

 9月19日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.30』の第6試合 スペシャルワンマッチ RIZIN 女子MMAルール:5分 3R(49.0kg)で、藤野恵美(40=トライフォース赤坂)に判定勝利を収めた、浜崎朱加(39=AACC)が試合後インタビューに応じた。

 試合は序盤から激しい打撃の応戦となった。サウスポーに構えた浜崎が左ボディから右ストレート、フックと打撃を当てる。藤野は浜崎の打撃を被弾しながらも果敢に前に出て打ち合う。そして、3Rはプレッシャーを増す藤野に、浜崎が気合の声を発しながらパンチを返して終了のゴング。流血戦を浜崎が判定で制した。

激しい打撃戦、互いのパンチが顔にヒット

 試合後のインタビューで、浜崎は「最高の舞台で戦えて嬉しく思っています。楽しかったです」と試合を振り返った。対戦した藤野については「ガツガツ前に来るし打撃を貰っても下がらない。印象はそのままでした」とイメージ通りのタフネスがあったことを明かした。

 大舞台で対戦したことについては「さいたまスーパーアリーナという舞台で再戦できたのは感慨深いし、一生の思い出というか財産になりました」と、思い入れは計り知れないほどある。

 試合前のプランとしては、打撃のみに拘らず寝技での組み立ても考えていた。だが、「打ち合うところは打ち合って寝技に行ければいいと思っていたけど、途中から打撃戦が楽しくなっちゃって、プランにはなかったけど打ち合ってしまいました」という。

流血しながらローキックを放つ浜崎

 流血しながらも、両者とも最後までアグレッシブに攻撃を出し続けた。藤野と殴り合いをして「自分のパンチも当たっていたのもあるし、今まではなかったことですが、打ち合いが楽しくなって、打ち合おうと思っちゃいましたね」と楽しさが込み上げてきたのだ。

 試合を終えて、2人でしたいことはあるかと問われると「とりあえず2人でご飯に行きたいです。今コロナの関係で練習時間が早くなって、親方(藤野のこと)も来れてないので、タイミングがあれば一緒に練習がしたい」と語った。試合後のマイクで感情が溢れたのは「仲がいいので色々と感情が込み上げました」とプライベートでの親交もあるからだ。

仲の良い藤野との対戦を振り返った浜崎

「持っているベルトを防衛し続けるのが今の目標です」との今後のプランを語った浜崎。国内では最強の位置に君臨していることもあり、自身でも日本人選手で有力な対戦相手候補はいないと認識している。それでも「特に自分が強くなりたいというのがモチベーションなので、相手がいないからと言ってモチベーションが下がることはないですね」と格闘技に対しての気持ちは、留まるところを知らない。39歳の浜崎の今後のRIZINでの戦いに注目だ。

●編集部オススメ

・RIZIN女王・浜崎朱加がパンチの打ち合いで流血の激闘!パンクラス女王・藤野を判定で退ける

・『RIZIN.30』9.19 試合結果速報

・【RIZIN】ぱんちゃん璃奈が悲願のRIZINデビュー勝利、判定で百花を下す

・【RIZIN】元K-1王者・久保優太が悔しいMMAデビュー黒星、五輪銀レスラー・太田忍が初勝利【RIZIN】元K-1王者・久保優太が悔しいMMAデビュー黒星、五輪銀レスラー・太田忍が初勝利

・【RIZIN】豪腕対決は昇侍が衝撃の失神KO勝利!“二刀流”のKNOCK OUT王者・鈴木千裕を下す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧