TOP > ニュース 一覧

【UFC】“復活の悪童”ニック・ディアス、出場停止から5年ぶり復帰で計量パス、“無慈悲”ローラーと緊迫フェイスオフ=9.26

2021/09/25(土)UP

復活の悪童ニック・ディアス、ローラーと緊迫フェイスオフ(©Getty Images/UFC)

 9月26日(日・日本時間)に米国ネバダ州ラスベガスで開催される『UFC266』のの前日計量が25日に行われた。
 ミドル級(185ポンド/83.9kg)マッチにて対戦する、ニック・ディアス(38=米国)は185.5ポンド(84.14kg)、ロビー・ローラー(39=米国)は184ポンド(83.46kg)で共にパスした。
 タイトル戦以外は、全て1ポンドオーバーのみ許容範囲として認められている。

【動画&フォト】復活の悪童ニック・ディアスが5年ぶり、計量でマッスルポーズ、“無慈悲”ローラーと緊迫フェイスオフ

 “悪童”の愛称で愛されるディアスは15年に行ったアンデウソン・シウバ戦の薬物検査でマリファナの陽性反応が検出され失格。5年間の出場停止処分を言い渡され今回が復帰初戦となる。

 対するローラーは元UFCウェルター級世界王者。卓越したボクシング技術を持ち、常に真っ向勝負で相手を”無慈悲”に壊しにいくファイター。過去28勝中20試合をKOしているUFC屈指のKOマシーンだ。

 ディアスが弟のネイトと共に登場すると会場の観客は、まるでメインイベンターの登場下のように大声援。計量台に登ると、会場の声援に応えるかのように、力強いマッスルポーズを決めた。

 フェイスオフでは、先に待っているローラーと視殺戦。お互いトラッシュトークも握手もなかったが、緊張感溢れる睨み合いとなった。

 2004年に1度対戦している両者。その時はディアスのKO勝利に終わったが、約17年ぶりの再戦はどちらに軍配が上がるか。

▶︎次ページは【動画&フォト】復活の悪童ニック・ディアスが5年ぶり、計量でマッスルポーズ、“無慈悲”ローラーと緊迫フェイスオフ

●編集部オススメ

・【UFC】9.26“復活の悪童”ディアス戦に先立ち、対戦相手ローラーの戦慄KO集を公開、“猛獣”マヌーフが白目失神ダウンも

・【テレビ】9.26『UFC266』ヴォルカノフスキーvsオルテガと女子フライ級のWタイトル戦、ニック・ディアスvsローラーほか生中継・放送情報

・元RIZINヘビー級戦士・アリアックバリが衝撃の失神KO負け、イラン英雄の壮絶ダウンに安否を気遣う心配の声=ONE

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧