TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】“喧嘩仕様”の肉体に仕上がった浅倉カンナ、大島は“一本仕様”で勝負に出る! =前日計量

2021/10/23(土)UP

計量パスした浅倉カンナ

 10月24日(日)横浜・ぴあアリーナMMにて開催される『RIZIN.31』の前日計量が、本日23日に都内にて行われた。
 セミファイナルの第10試合は女子スーパーアトム級(-49.0kg)マッチで浅倉カンナ(23=パラエストラ松戸)が、初参戦のDEEP女子ミクロ級、DEEP JEWELSアトム級の二冠王者・大島沙緒里(26=AACC)と対戦する。

【フォト】浅倉カンナvs大島沙緒里の計量写真(全4枚)

 浅倉はRIZIN女子のエース的存在の一人。今年3月、4連勝と波に乗る中で挑んだアトム級王者・浜崎朱加とのタイトル戦は判定負け。しかし、健闘した試合内容やその成長した姿にさらなる飛躍が期待されている。

 対する大島は『全日本ジュニア柔道体重別選手権大会』で女子44kg級優勝を果たしている柔道エリート。昨年1月にプロデビューし、わずか4戦でDEEP女子ミクロ級王者のベルトを手に。さらに今年3月に開幕したDEEP JEWELSアトム級GPに参戦すると、6月の決勝戦で青野ひかるを破り二冠を達成した。

浅倉(左)と大島(右)が並ぶ

 前日の個別インタビューで浅倉は、「前回の試合で打撃の打ち合いの印象が悪かったと思う。そこの部分を強化できた。しっかり“喧嘩”ができるようになった」と自信満々に語ったばかり。大島も「私はグラップラーなので相手は打撃で来ると思うんですけど、打撃を見せつつ一本取りに行きたい」と意気込んだ。

  計量は、浅倉が48.85kg、大島が47.95kgでともにクリア。「喧嘩ができるようになった」とインタビューで語っていたように、浅倉の肉体はパワーを増しているような隆起した印象が残った。一方の大島は、グラップラーらしく安定感のある筋量で仕上がった。

 明日は、浅倉がどこまで打撃で勝負するのか、大島がどう対応して寝技に持ち込むのか、興味が尽きない。

▶︎次ページ:【フォト】浅倉カンナvs大島沙緒里の計量写真(全4枚)

●編集部オススメ

・『RIZIN.31』10.24 結果:斎藤裕vs牛久絢太郎ほか全試合結果 速報=横浜 ぴあアリーナMM ※24日14時より随時更新

・テレビ:10.24『RIZIN.31』斎藤裕vs牛久絢太郎ほかTV放送・ネット配信・生中継情報=横浜 ぴあアリーナMM

・【RIZIN】王者・斎藤裕が見事な三角筋でマッスルポーズ、牛久絢太郎はシックスパックの腹筋アピール=前日計量

・“240kg巨漢をKOした”話題のロシア美女ダリナ、赤髪マッスルポーズ&“威嚇”フェイスオフ!=前日計量

・【RIZIN】10.24横浜 前日計量 全員パス=王者・斎藤裕、スダリオ剛、浅倉カンナら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧