TOP > ニュース 一覧

【NO KICK NO LIFE】“スーパーフライ級王者対決”石井一成vs花岡竜、“新鋭対決”石井寿来vs平松弥の2試合決定=1.9

2021/12/02(木)UP

スーパーフライ級の王者対決が実現した。石井一成と花岡竜はどちらが強いのか?© NO KICK NO LIFE All Rights Reserved.

 2022年1月9日(日)に東京・ニューピアホールで開催される『NO KICK NO LIFE』の追加対戦カードが発表された。

 同大会は2部制で開催されるが、すでに1部の藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット)vs HIROYUKI(RIKIX)、2部の森井洋介 (野良犬道場)vs 健太(E.S.G)が決まっていた。
 今回は1部の2試合のみの追加となり、52.5kg契約で石井一成(ウォーワンチャイプロモーション)vs花岡竜(橋本道場)、51kg契約で石井寿来(ウォーワンチャイプロモーション)vs平松弥(岡山ジム)が発表された。

石井一成は、今年11月の再起戦で小嶋・Nor Nakusinから判定勝利

 石井は、昨年12月のBOMで片島聡志からムエタイのWPMF世界スーパーフライ級王座を奪取。近年ではヒジ無しルールにも積極的に参戦し、今年7月には「RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント」に参戦も、RISE王者・大﨑一貴からダウンを奪われ敗北を喫した。11月の再起戦では、小嶋・Nor Nakusinを判定で下したばかりだ。

花岡は11月のKNOCK OUTで老沼隆斗をボディブローでKOした

 対する花岡は、中学卒業後の19年にプロデビュー。20年8月にINNOVATIOフライ級王座を獲得。今年にはKNOCK OUTのトーナメントに参戦すると、空龍と濱田巧に勝利して、初代KNOCK OUT-BLACKスーパーフライ級王者となり、“平成最後の怪物”と呼ばれるようになった。11月のKNOCK OUTのリングでは、老沼隆斗(STRUGGLE)を左ボディブロー一撃で倒している。

 スーパーフライ級のトップファイター同士の対決は、今後のトップ戦線を含めて見逃せない試合になりそうだ。

石井一成の甥・寿来と平松侑の甥・弥が激突する© NO KICK NO LIFE All Rights Reserved.

 また、石井寿来vs平松弥も注目の一戦となる。

 石井寿来は、石井一成の甥で幼少期よりジュニアキックで腕を磨き、48勝14敗1分の戦績を残したエリート。中学一年生の頃にタイに渡り、19年3月にはルンピニースタジアムでの初陣を勝利で飾っている。
 今年3月には『KROSS×OVER』に出場し2R KO勝利。4月には『NJKF拳之会主催興行』で優心を撃破。6月はスック・ワンキントーン・フライ級王者の細田昇吾とのワンマッチに挑んだが、僅差の判定で敗北。7月のBOMで判定勝利し、WMC日本フライ級王座を獲得。11月はTOMOを判定で下した。

 対する平松は、INNOVATIONバンタム級王者・平松侑の2歳下の実弟。兄の侑は今年1月に白幡裕星を下しINNOVATION王座を獲得。弥は、今年5月に白幡裕星の実兄・太陽を判定で下してプロ4戦目を勝利で飾った。

 今回の石井寿来と平松侑の新鋭対決は、ともに将来有望な選手。この試合は、二人にとってターニングポイントになるかもしれない。

<追加対戦カード>
【第1部】
▼52.5kg契約3分5R
石井一成(ウォーワンチャイプロモーション)
vs
花岡竜(橋本道場)

▼51kg契約3分3R
石井寿来(ウォーワンチャイプロモーション)
vs
平松弥(岡山ジム)

☆この大会の対戦カード、スケジュール、チケット情報など詳細

●編集部オススメ

・【BOM】イッセイ(石井一成)がヒジカットなど圧倒的な打撃力で勝利、ムエタイ美女・伊藤紗弥が新王者に

・【KNOCK OUT】花岡竜が元レベルス王者・老沼に初回KO勝利

・【RIZIN】“天心vs武尊”に榊原代表が「引き続きノーコメント」、「決まってないのか…」とファン落胆の声

・空手女王コリナさん、ビキニで”美ボディ”に変身しコンテスト優勝、食のこだわりも語る

・【NO KICK NO LIFE】人気グラドル・青山ひかる&大貫彩香がラウンドガールに決定=1.9

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧