TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】SB王者の笠原友希「スターまで上り詰められる」神童・那須川天心の言葉も自信に=試合後インタビュー

2022/06/19(日)UP

実力差を見せつけて勝利したSBの笠原

 6月19日(日)東京ドームで開催中の『Yogibo presents THE MATCH 2022』第5試合(-60.0kg契約)で、Krush王者・中島千博(POWER OF DREAM)を判定で下した、シュートボクシング日本フェザー級、スーパーフェザー級の2冠王者・笠原友希(シーザージム)が、試合後インタビューに応じた。

【フォト】笠原がダウンを奪った瞬間!

 笠原は、ステップを踏む中島に対して、的確にハイキックをヒット。3Rには、ワンツースリーの右フックで、中島からダウンを奪い、実力差を見せて判定勝利を収めた。

試合を振り返る笠原

 笠原は、中島を「動画を見ても強くてアグレッシブ、技も強い。やっぱりチャンピオン、レベルの高い選手」と認めつつも「1R目で行けるなという思いがありました」と、序盤から勝てる手応えがあったと振り返る。

「全局面で僕の方が強いと思いました。ハイキックも狙っていたので、当てようという感じで練習していました」と的確に当てた技も想定通りだった。中島は試合後、鼻が曲がってしまったため「呼吸しづらかった」と語っている。

 今大会、笠原のニックネームは”神童(那須川天心)が認めた男”。その実力を遺憾無く発揮した形になる。しかし、笠原は「もっと違うものにして欲しい」と笑う。

 那須川天心に「強くなる」と声をかけてもらったことは、確固たる自信になっている。「自分もまだまだ上にいけるなと思いますし、スターまで上り詰められる。これから勝って行って年末にも出たいと思いますし、SBも背負って盛り上げたい」と意気込んだ。

曲がった鼻で試合後インタビューに応じた中島

 笠原の技術に敗れた、中島は「上手いというのはやる前から思っていました。実際戦ってとても上手くて、自分の技術の無さを痛感した。距離感や技を出すタイミングが上手かったです」と、笠原の技術を称える。

「Krushのチャンピオンでありながら負けてしまった。ここから自分がしっかり練習しなおしてやっていかないといけない」と、気を引き締めていた。

▶次ページは【フォト】笠原がダウンを奪った瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【THE MATCH】SB笠原友希が右フックでダウンを奪い中島千博を料理

・【THE MATCH】6.19 那須川天心vs武尊 全試合 結果 速報

・風音、黒田斗真に延長判定勝ちでトーナメント王者同士の一戦を制す

・新日本キック王者の江幡睦が璃明武から延長判定勝利

・K-1玖村将史、志朗からダウン奪う勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧