TOP > ニュース 一覧

”元RIZIN王者”斎藤裕、ブレイキングダウンの注目度に危機感「道のり険しいRIZINより目指す人多い」今後の関わり方を熱く語る

2022/08/06(土)UP

元RIZIN王者・斎藤裕が注目されるブレイキングダウンについて語った

 初代RIZINフェザー級王者の斎藤裕が6日、YouTubeを更新、過去5回開催した朝倉未来の1分大会『Breaking Down』(ブレイキングダウン)の注目度に危機感を示した。
「今の若い選手たち、RIZINに出たいじゃなくて、ブレイキングダウンに出たいという人が多いらしくて。RIZINに出るとなると、道のりがすごく険しい。果てしない道を追うよりも、ブレイキングダウンの方がね。オーディションもあり、敷居が低いわけではないが、目指しやすい。そういう時代なんだな」と語った。

【フォト】椅子を投げるこめお、椅子を蹴るラウンドガール、オーディションでの激しい乱闘!

 そういう時代とはYouTubeやSNSを上手く使った興味を持ってもらう伝え方、プロモーション力だ。

瓜田が椅子を持って襲いかかる、乱闘寸前に!(朝倉未来YouTubeより)

 斎藤は元修斗世界フェザー級王者。7月のブレイキングダウンと同日に修斗の後楽園大会があったが「Twitterのタイムラインなど。SNSではブレイキングダウンの話題の方が多い。世間の関心はこっちの方に向いてるんだな」と語る。7月のブレイキングダウンはYouTubeのトレンド入りを果たしたとも。

「修斗の試合もいい試合が多かった。色んな人に見て貰えば”わぁーすごい試合だな”って思ってもらえる試合ばかりだったと思う。それが世間に届かないというモヤモヤもありましたね。(ブレイキングダウンは)やっぱりプロモーションが上手」と評価した。

▶︎次のページはブレイキングダウンは格闘技ではない?その考え方と今後の関わり方

●編集部オススメ

・瓜田純士と平石光一が”危険すぎる”乱闘騒ぎ!「正面から殴り合え。打ち合えよ」

・【Breaking Down】グラマーで注目のラウンドガール尾崎明日香さん「次回はもっと絞る」

・”椅子蹴り”ラウンドガール、セクシー女優、女芸人ら計量パス

・【RIZIN】朝倉未来が遂に敗れる! 斎藤裕が初代フェザー級王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧