TOP > ニュース 一覧

【Krush】新設の“最軽量”フライ級王座決定トーナメントへ、4選手が計量パスで意気込み

2022/09/24(土)UP

会見に出席した(左から)西林、大久保(右から)天馬、大夢、Krush初代フライ級王座を手にするのはどの選手か(C)K-1

 9月24日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.141』の前日計量が、23日(金)都内にて行われた。
 今回、新設された最軽量級、フライ級(51kg以下)の初代Krush王座を決めるトーナメントに出場する、西林翔平(K-1ジム福岡チームbeginning)は50.90kg、大久保琉唯(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)は50.95kg、大夢(WIZARDキックボクシングジム)は50.95kg、天馬(WSRフェアテックス西川口)は50.90kgと、4選手そろって計量をパス。その後の調印式と記者会見に臨んだ。

 Krush Evangelistの石川直生氏は2試合の見どころを解説。「西林選手は過去に負けた大久保選手にリベンジしてベルトを巻き、自分のストーリーを完結させるか。対する大久保選手は初めて見た時、野杁正明選手を見た時と同じ衝撃を覚えた。リング上で慌てる姿が想像できない大久保選手を西林選手がどこまで脅かすことが出来るかがポイント」とし、さらに「大夢選手は勝率、KO率とも高く最軽量のフライ級と思えない戦いをする。このトーナメントでどんなパフォーマンスをしてくれるか。対する天馬選手は小学生の頃から100戦以上のキャリアを誇る。Krush初登場で大夢選手相手にどんな試合運びを見せてくれるのか、非常に注目しています」と語った。

 西林は、当初エントリーされた山脇飛翼の負傷欠場により、リザーブから繰り上がり出場。今年2月にデビュー戦の大久保に判定負けを喫しており「リベンジ&初代王者」を狙う。 「今年3戦やって唯一負けている大久保選手にしっかりリベンジして、同じジムの先輩、K-Jeeさんが初代Krushクルーザー級王座となっているので、K-Jeeさんと同じ初代のベルトを巻きたい」と意気込む。また事前予想も燃える要素に。「Krushチャンピオンも全員大久保選手の勝利。予想通りじゃ面白くないので、僕がトーナメントをかき回す」と「台風の目」になることを宣言した。

今年2月、西林にパンチを当てる大久保(左)

 対する大久保は、デビュー戦がK-1、2戦目がTHE MATCH、さらにABEMAにて放送中の『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』に出演して注目度は高まるばかり。それについて大久保は「注目はされてると思いますけど、結果を残さないと、これから『K-1 NEXT』とか色々ある時に名前が挙がらないんじゃないかと思うので。ここでしっかりと優勝します」と結果でアピールするとした。
 また、対戦相手の西林に「恋愛番組に出て浮かれてるんじゃないか」と指摘されると「まったく浮かれてないです。このKrushのベルトへの思いは一番強いと思ってますし、練習もしっかり、今まで以上に集中してやってきた」と反論。さらに「進化した姿を見せられると思う。しっかり2試合圧倒して、Krushの初代チャンピオンになります」と語った。

 反対ブロックは、フライ級離れした攻撃力を誇る大夢(だいな)と、K-1 JAPAN GROUP初参戦で、ムエタイのベルトを持つ天馬が激突。

 大夢は若干イラついた表情を見せながら「トーナメントに出れてラッキーとか言ってるヤツと、チャンピオンになってカッコいいと言ってるヤツばっかなんで。明日はそれをぶっ飛ばして、このリングは強いヤツが生き残るってところを見せたいと思ってます」と宣言。さらに「ここは壊しのリングなんで。全員ぶっ壊す準備をしてきました」と狙いは連続KOでのトーナメント制覇だと明かした。
 ベルトへの想いを聞かれると「この中で一番キツい練習してきたと思うし。それがベルトへの想いやと僕は思ってるんで」と斗麗らを輩出したWIZARDキックボクシングジムでの練習に絶対の自信をのぞかせた。ファンに向けては「Krushらしい試合して、僕が最速最強のチャンピオンになるんで期待しててください」と語った。

 対する天馬は、K-1 JAPAN GROUP初参戦ながら「まあ自分が一番強いかな」と断言。その裏付けとなるのはウィラサクレックジムでの練習量で「いつも通りの練習をしてれば勝てるんで。今回はいつも以上の練習をして、完璧に仕上げてきました」と語る。
 決勝戦の相手は「(西林と大久保)どっちが上がってきても自分が思うようにやれば勝てるんで。どっちでも、って感じです」と眼中にない様子だ。「初参戦で、初のチャンピオンベルトを巻くのが一番カッコいい」と天馬。

 新設されたKrushフライ級の初代チャンピオンに輝き、歴史に名を刻むのはどの選手か。

<全計量結果>

※メインイベント(第10試合)初代Krushフライ級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1Rで、準決勝(1)勝者と準決勝(2)勝者が対戦

▼セミファイナル(第9試合) Krushライト級/3分3R・延長1R
伊藤健人(K-1ジム蒲田チームアスラ)→62.35kg
vs
弘輝(WORLD TREE GYM)→62.50kg

▼第8試合【株式会社 濱畑 Presents】Krushフェザー級/3分3R・延長1R
覇家斗(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)→57.50kg
vs
國枝悠太(Never mind)→57.45kg

▼第7試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)→59.95kg
vs
髙橋直輝(若獅子会館)→59.90kg

▼第6試合 Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
蓮實光(パラエストラ栃木)→64.75kg
vs
稲垣柊(K-1ジム大宮チームレオン)→64.95kg

▼第5試合 Krushフェザー級/3分3R・延長1R
健介(Jay’s Box)→57.35kg
vs
佑典(月心会チーム侍)→57.50kg

▼第4試合 Krushフェザー級/3分3R・延長1R
鷹大(WSRフェアテックス西川口)→57.35kg
vs
桝本翔也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→57.60kg→57.50kg

▼第3試合 Krushバンタム級/3分3R・延長1R
板橋武留(健成會)→52.90kg
vs
松本陸(TAD)→53.00kg

▼第2試合 初代Krushフライ級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
大夢(WIZARDキックボクシングジム)→50.95kg
vs
天馬(WSRフェアテックス西川口)→50.90kg

▼第1試合 初代Krushフライ級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
西林翔平(K-1ジム福岡チームbeginning)→50.90kg
vs
大久保琉唯(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)→50.95kg

▼初代Krushフライ級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
松葉斗哉(昇龍會)→50.20kg
vs
瑞貴(TEAM3K)→50.60kg

▼プレリミナリーファイト/-95kg契約/3分3R・延長1R
木村太地(KBスポーツジム)→95.00kg
vs
山口翔大(TEAM3K)→92.45kg

●編集部オススメ

・Krush初代フライ級王座Tへ『THE MATCH』出場の大久保琉唯が意気込み「ここで結果を残さないとスターになれない」

・【テレビ・配信】9.24『Krush』フライ級王座決定トーナメントほか生中継・放送・配信情報

・“きゅんなK-1美女”菅原美優、短パン姿とマッスルな二の腕を披露!V3戦に江ノ島を走る

・【Krush】堀井翼が『Breaking Down』で注目のバン仲村風に変身!「いい質問するねぇ~」

・元K-1王者・山崎秀晃 初の著書『男の覚悟 自分を誇れる生き方』発売=9.24

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧