TOP > ニュース 一覧

【BreakingDown】朝倉未来、2月大会は「勝負論のある相手と戦う」将来的に東京ドーム開催の可能性も

2022/12/04(日)UP

朝倉未来は大会後の囲み取材で、来年2月の『BreakingDown7』で試合することを語った

 12月4日(日)に開催された『BreakingDown6.5』は、こめおの復活勝利、ポーランドの刺客とてるの激闘、モハン・ドラゴンやおでんつんつん男の敗北など、ドラマが多く見られた。全試合終了後、大会スペシャルアドバイザーの朝倉未来とYUGO代表の囲み取材が行われた。朝倉は来年2月に開催予定の『BreakingDown7』へ自ら出場することを発表し、その構想についても触れた。

【フォト】こめおの復活勝利、ポーランドの刺客とてるの激闘などBD6.5名場面

 まず大会を振り返った朝倉は、「延長の30秒が短すぎて、すぐにドローになってしまいますし。もっと長くてもいいのかなと思いました」とコメント。YUGO代表も「もともとBreakingDownは喧嘩から1分間という発想が生まれてきたルール。次の大会へ向けて整備中なので、詳細はしばらくお待ちください」とルール変更に着手していると明かした。 

大会後に囲み取材に応じたYUGO代表(左)と朝倉未来(右)

 来年に向けて朝倉は「前回の大会もそうでしたが、アウトサイダーとの対抗戦が面白かったので、海外や国内でもやっていきたいです」とテーマと展望を語った。朝倉自身の試合について質問すると「相手はキックボクサーでもMMAファイターでも、誰でもいいです。勝負論があれば。オープンフィンガーでキックルール1分3ラウンドでやる予定です」と2月の『BreakingDown7』出場について着々と計画が進んでいるようだ。

 また会場は以前の囲み取材で「自分が出るならば大きな会場でやりたい」と発言していたが、具体的に聞かれると「さいたまスーパーアリーナとかではないですよ。5,000人から10,000人規模の会場です。もしも好評だったら、東京ドームもあり得ます」と2月大会の反響次第では今後ビッグイベントになることも明かした。

▶次ページは、【フォト】こめおの復活勝利、ポーランドの刺客とてるの激闘などBD6.5名場面

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・12.4『BreakingDown』全試合 結果 速報(ポーランドの刺客vsてる、高垣勇二vsこめお など)=ブレイキングダウン 試合結果

・【BreakingDown】アウトサイダー高垣勇二、こめおに挑発動画!「本当に勇二さんか?」加工疑惑説も

・朝倉未来「12月からバンバン追い込む!」2月に『BreakingDown 7』参戦、RIZINは来春以降

・【BreakingDown】エイリアンニキがおでんつんつん男に勝利、アウサイ黒石高大に挑戦状!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧