TOP > ニュース 一覧

一瞬の失神硬直KOに騒然”一体何が起こった!”スロー映像でショートの左炸裂=ロシアAMC

2023/01/21(土)UP

一瞬の衝撃KO(@ushatayka Youtubeより)

 1月20日(現地時間)、モスクワで開催の『AMC Fight Nights 117』で衝撃的な失神KO劇が起きた。接近戦でのショートパンチで相手が仰向けに倒れ硬直失神状態となったのだ。見ている方もどうやって倒れたのかスローで確認しないと分からなかったが本人もそのショートパンチは見えなかっただろう。

【フォト&動画】この衝撃KOとスロー映像

 この衝撃KO撃はメインイベント、ドミトリー・アリシェフ(ロシア)とマルシオ・サントス(ブラジル)のミドル級戦で起こった。
 ドミトリー・アリシェフは2015年からプロとして活躍し、現在15勝8敗1分で現在7連勝中。さらに現在まで4連続KO勝利と勢いに乗る。

 対するマルシオ・サントスは、2009年にプロとしてのキャリアを開始し、18勝7敗1分。昨年の5月の前戦ではチョークで一本勝ちするなど、勝利のほとんどがチョークで極めているブラジリアン柔術がバックボーンのグラップラーだ。

 試合は1R、果敢に打撃で攻めるアリシェフは左ストレートでダウン。これはバランスを崩して倒れたかに見えたが、立ち上がったサントスに再び前に出てワンツーで攻めると前に出ながらの左のショートパンチで仰向けに硬直ダウン。レフェリーがストップした。壮絶にダウンしたサントスの状態も心配されたが2分後立ち上がった。
 会場に流れるアリシェフはこれで8連勝で5連続KO勝利を記録した。

ドミトリー・アリシェフ:29歳 ロシア出身。身長181cm、戦績16勝8敗1分
15年プロデビュー。今回で8連勝で5連続KO勝利を記録。AMCとHardcore FCで活躍中。

▶︎次のページは【フォト&動画】この衝撃KOとスロー映像

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・RIZINガールが謝罪、ブレイキングダウン選手を批判「RIZIN側からお叱りを受けました」

・マドレーヌが2kg増量でムキムキボディに!3年半ぶりMMA戦=22日大阪

・平本蓮「朝倉未来と和解しました」の意味とは?アップ画像に謎深まる

・【フォト】際どすぎる”黒ビキニ”ラウンドガール、”グラマラス”に生中継でも注目集まる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧