TOP > ニュース 一覧

【K-1】王座陥落の朝久泰央が右手骨折を告白、新王者・与座には「感謝すべきクズ」

フォロー 友だち追加
2023/03/12(日)UP

パンチで与座(左)を攻める朝久

 3月12日(日)東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催された『K-1 WORLD GP 2023 ~K’FESTA.6~』のセミファイナル[K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ]で、挑戦者・与座優貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に判定で敗れ王座陥落した、前ライト級王者・朝久泰央(朝久道場)が、試合後インタビューに答えた。

【フォト】朝久vs与座の激闘と、試合後の2人の様子

 2人は、昨年2月にノンタイトルで対戦し、与座が延長判定でローキックを効かせ、朝久から判定勝ち。

 今回の再戦では、朝久が与座に敵意をむき出しにしてきた。
 会見では朝久が与座に「殺すぞ、クソガキ」と発言し、朝久のインタビューでも「クズだなと思う。人から聞いた話によると、(与座が)陰口を叩いている」とコメントしていた。

ローキックをきかせる朝久

 試合では、1Rに朝久が手数と徹底したローカットで対策するも、2、3Rと与座の強いフィジカルに押され、フックやローキックをもらい、判定負けした。

 朝久は開口一番「情けないですよね」とコメント。続けて「(再戦までの)1年間、人生で一番濃かったんじゃないかというくらいに過ごしてきて。好き勝手言ってくれた人たちを見返すつもりで頑張ってきたんですけど、結果的に口だけの情けない野郎になっちまって」と自虐混じりに語る。

 再戦した与座の印象については「本人にも伝えたけれど、相変わらずクズだと思ってます。クズに変わりないですけど、彼のおかげで人生で一番じゃないかというくらい、ずっと向き合ってこれた」と、クズは変わりないとする。
 そして「愛しこそしないですけど、感謝すべきクズですかね」と、ただのクズからはランクアップしたと言う。

試合は与座の判定勝利となった

 さらに、なんと試合前の骨折を告白する。朝久は「2ラウンドまでには倒せるつもりでいたし、そのつもりで練習してたんですけど、手の骨が粉々になっちゃって」と右手を見る。
 さらに「ハッタリだけで、この骨のケガを補って、倒せるつもりでいたんですけど」とケガを押して出場してもKOする自信はあったと言う。

 続けて「1ラウンドは正直イーブンかな、彼の足が壊れたのはわかったんですけど。でも2、3ラウンドで痛み止めが切れたとうか。倒せるパンチも打てなかったし。それが自分の力不足ですし、結果ですけどね」とやはりケガの影響は大きかったと振り返った。

 最後に「手も手術するかもしれないし、情けない自分をまた鍛え直すだけ」と再起を誓った。

▶︎次ページは【フォト】朝久vs与座の激闘と、試合後の2人の様子

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧