TOP > ニュース 一覧

ボクシング世界女王が”トランス女性”の女子部門参加に反対「私の命が危険に」

フォロー
2023/06/20(火)UP

計量ではランジェリー姿にこだわる世界王者ブリッジス (c)ブリッジスインスタより

 プロボクシングIBF女子世界バンタム級王者で、”ランジェリーファイター”としても有名なエバニー・ブリッジス(オーストラリア)は17日、ツイッターで「トランス女性(出生時には男性と割り当てられたが、女性としての性同一性をもつトランスジェンダー)が、女性相手の格闘技に出場することには絶対に同意しない」「私の命が危険にさらされる」と、トランス女性が同じカテゴリで闘うことに、”NO”を表明した。

【フォト・動画】ブリッジスの”ビキニランジェリー”計量の様子、パワフルKO防衛シーンも

 ブリッジスはツイッターで「私はトランスジェンダーに何の反対もしないし、あなたが幸せになるようにすればいい」と前置きしつつ「(しかし)現実には、生まれながらの女性とトランス女性の身体は同じではない。トランスであることは、スポーツでは関係のないことだ」と、生まれ持っての身体に違いがあることを強調する。

 トランス女性が女性部門での参加を希望することについては「トランス女性同士の部門を作ればいい。私は、男性として生まれたトランス女性が、女性相手の格闘技に出場することには絶対に同意しない。私の意見は嫌われるかもしれないが、これは私の命が危険にさらされるからだ」と、激しいコンタクトスポーツでもある格闘技において身体の性差が致命的になると主張した。

 また、女性から男性へ性転換したトランス男性が、男性部門に出場することも危険であり、そもそも男性ホルモンを注射するドーピングであると持論を展開した。

 ブリッジスの意見は、”米国議会で議論されているトランスボクシング”と題された動画に対してのものだ。
 動画では、質問者が「もしマイク・タイソンがトランス女性なら、生物学的な女性とボクシングの試合をすることは許されるのか?」と尋ねると、相手が「短い答えで言うなら、“イエス”だ」という、議会のやり取りらしきものが写っている。

 現在、トランス女性のアスリートが、生物学的な女性と競技することをめぐる議論が活発になっている。

 ブリッジスの住むオーストラリアでは、男性から女性に性転換したトランスジェンダー女性のバスケットボール選手が、女性チームでのプレイを希望し争っている。

 国際オリンピック委員会 (IOC) のガイドラインはインクルージョン(全ての立場の人が尊重・活躍できる)ファーストのアプローチを奨励しているが、世界陸連やワールドラグビー、世界水泳団体(FINA)はいずれも、女性部門で男性の思春期を経験したトランス女性の参加を禁止、制限している。

 ボクシングではWBCが、昨年12月「トランスジェンダーのためのカテゴリーを導入することを検討している」と発表した。今後も様々な議論が広がっていくだろう。

▶次のページ:【フォト・動画】ブリッジスの”ビキニランジェリー”計量の様子、パワフルKO防衛シーンも

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・この美女は誰!?海外で注目の”世界で最も美しい”女子ボクサーだった

・【フォト】ボクシング女王ブリッジス、際どくも”マッスル”なラウンドガール時代を公開

・【フォト】”ビキニ女王”ダンシーあずさ、何と”腹筋出し”レギンス姿でバイク「リアル峰不二子だ」の声

・【フォト】平田樹が試合後に水着姿、ソヒ戦での“無傷”アピールか、アンチに挑発発言も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧