TOP > ニュース 一覧

“朝倉海の愛弟子”信原空、12月のDEEP参戦表明!失神KO勝ちに「DEEPの方が安心できる」

フォロー
2023/09/20(水)UP

“朝倉海の愛弟子”信原空が、DEEP連続参戦の意向があることを明かした(写真は前回のサタン戦計量時)

 朝倉海の愛弟子で“勾配ニキ”信原空が、18日、自身のYouTubeチャンネルで12月10日のDEEPの大会に参戦する意向を語った。
 信原は、9月10日に東京・ニューピアホールで開催された『DEEP TOKYO IMPACT 2023 5th ROUND』のDEEP 68kg 以下3分2RアマチュアSPルールでMr.サタン(フリー)をパンチでKOし、DEEP初参戦にして初勝利を挙げたばかり。連続参戦を示唆した。

【フォト】“勾配ニキ”信原空の強烈な右で失神KOの瞬間

 信原は、今回のDEEPデビュー戦について「相手の情報がなくて不安だった。でも明らかに自分の方が相手よりも練習してきた。差があって当たり前の中、負けたら、絶対にセンスないと思って岡山に帰ろうと思っていた」と振り返った。

朝倉海(左)は信原空(右)の勝利を喜んだ

 試合はサタンが前へ出てパンチを振ってきたところに、信原の右のカウンターがヒット。信原は「来るのが分かっていたので、冷静にジャブを当てて、頭を左へずらしながら右を放った。ガードを固めて右を当てたら相手の目がグランと揺れたのが分かった。行けると思って、さらに右を入れた」とフィニッシュにつながったシーンを解説した。

 KO勝ちを収めたものの、課題が見えた試合だったという。信原は「本当は効いた時に、コンビネーションを出せば良かった。これがプロになってくると、(フィニッシュとなった右にパンチを)合わせられるんで。それは自分でも気づきになった」と反省し、さらに上を見ていた。

信原はDEEPで試合するのは安心すると語った

 次は12月10日のDEEPを目標にしているようだが、気になるのはブレイキングダウンの試合。信原は「ブレイキングダウンにも出たいけど、DEEP優先では考えています」と今はMMAで実績を積みたいようだ。

 そして、DEEPとブレイキングダウンの違いについて信原は「DEEPの方が良かった」と意外なコメント。その理由は「安心感がDEEPの方があった。3分間あるんで苦手な分野があったら、(得意な攻防に)移行できる。ブレイキングダウンは1分しかないんで、1回ダウンしたら焦る」と違いについて語った。

 最後に信原は、ブレイキングダウンで負けが続き「あのアナウンスとかトラウマになっている」と語るも「でも、いつかミスターホンデや萩原(裕介)さんにもやり返したい」と発言。今回の勝利で、巻き返す気持ちが高まっているのだろう。

 信原の12月のDEEPの対戦相手は未定のようだが、誰と戦うのかも含めて目が離せなくなりそうだ。

▶次ページは、【フォト】“勾配ニキ”信原空の強烈な右で失神KOの瞬間

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【DEEP】“勾配ニキ”信原空は12秒KO勝利

・【テレビ・配信】9.24『RIZIN.44』TV放送・ネット配信・生中継情報

・“朝倉海の愛弟子”信原空がDEEP初参戦!MMAルール初挑戦も対戦相手が話題に

・ヘビー級ボクサー但馬ミツロ、ノッコン寺田のボディ打ちに余裕の笑顔!“試合決定”の声も

・那須川天心戦、”小顔ショート”のリングガール再び「会場の一体感を肌で感じた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧