TOP > ニュース 一覧

合計4度の反則が飛び出す激痛ノーコンテスト!2度のローブローを受けた選手は病院直行=UFC

フォロー
2024/02/12(月)UP

2度のローブローをもらい悶絶のチロン(@UFC JAPAN)

 2月10日(日本時間11日)に開催された総合格闘技イベント『UFCファイトナイト236』のダニエル・マルコス(30=ペルー)vsアオリ・チロン(30=中国)は4度の反則技が飛び出す大荒れの内容。2度のローブローをもらったチロンが試合続行不可能でノーコンテストに。チロンは試合後、病院に直行した。

【フォト&動画】2度の金的攻撃でチロンが悶絶!4度の反則技が飛び出す大荒れ試合に

 マルコスはプロ15戦無敗のペルー強豪。昨年からUFCに参戦しUFC連勝中だ。対するチロンは中国・内モンゴル出身のファイター。キャリア25勝を誇る。

痛がるマルコス(@UFC JAPAN)

 バンタム級注目の一戦だったが、なんと合計4回の反則が飛び出す大荒れな内容となった。

 1Rはマルコスが精確なジャブ、ヒジ、カーフキックなど手数の多さで優勢。チロンの顔面から出血が見られる。

 2R中盤、チロンがパンチを放った際、その指がマルコスの右目に入り、アイポーク(目突き)に。チロンはすぐに謝罪し試合は再開。

 すると、今度はマルコスの前蹴りがチロンの下腹部に直撃。苦しむチロンだったが、その直後、今度はそのチロンがローブローキック。マルコスが苦悶の表情を浮かべる。

最後は、チロンの飛びヒザにカウンターの前蹴りが股間を強襲(@UFC JAPAN)

 お互い意図的ではなく、あくまで偶発的なアクシデントの連発。お互い近距離で果敢に攻めているからか。最後はチロンが飛びヒザを出そうとジャンプしたタイミングで、マルコスが前蹴り。するとこれがチロンの下腹部を強襲!

 チロンは5分間の回復時間をもらったが、回復せず、ノーコンテストとなった。

 チロンは試合後にすぐに病院に搬送。マネージャーの話によれば、大事には至らなかったものの、睾丸のダメージはあるという。早い回復を祈りたい。

UFCファイトナイト236
2
10日(日本時間11日)米国ネバダ州ラスベガス
バンタム級マッチ
ダニエル・マルコス(ペルー)
ノーコンテスト 2R328
アオリ・チロン(中国)

▶︎次ページは【フォト&動画】2度の金的攻撃でチロンが悶絶!4度の反則技が飛び出す大荒れ試合に

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・UFC柔術美女ダーン、1週間後の決戦に向け“隆起する”マッスル!その肉体美にファン驚き

・元UFC世界王者ストリックランド、差別発言ユーチューバーを鉄拳制裁!ガチでボコボコに鼻血も

・“世界で最も美しい”グラマー女子ボクサー、胸弾む“真剣ミット打ち”に元女王も応援!

・英国人気“グラマー”ラウンドガール、“氷風呂挑戦”のチャリティ活動で話題に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧