TOP > ニュース 一覧

“刺青”喧嘩屋、テコンドー江畑に「殴られそうになったら倒れて卑怯」と試合に不満、“踏みつけあり”の再戦要求!

フォロー 友だち追加
2024/02/22(木)UP

喧嘩屋松井が踏みつけアリで江畑に再戦要求!

 2月18日の『BreakingDown11』で全日本13連覇のテコンドー王者・江畑秀範が、“刺青”喧嘩屋・松井健から判定勝利も試合後、江畑とセコンドが松井陣営から襲撃を受ける事態に。これについて松井はノッコン寺田のYouTubeチャンネルに21日出演し、「相手のセコンドが、こっちのセコンドにグダグダ言ってきた」と説明。試合では「江畑は殴られそうになったら倒れて卑怯」とその闘い方にムカついていたことを語り、踏みつけアリの再戦を希望した。

【フォト&動画】松井が試合で倒れる江畑に踏みつけに!舞台裏では首を絞める暴挙

「こっちのセコンドはそんなことは言わない。そこの江畑が出しゃばって正義のヒーローぶって、俺が話しつけなきゃいけないと調子こいてワーワー言ってるから。そこでワーって(恐らく乱闘状態)なってるのを見て、イラついてて」と松井は襲撃を認めた。

 松井は江畑に試合中からムカついていた。「あいつはやり口が汚い。殴られそうになったら倒れて」と言うとノッコンは「それは作戦だから」と言うと「だったらブレイキングダウンに出るべきではない」とし「ブレイキングダウンのレフェリーにも言いたい。あれを減点にしないところがおかしい」と主張。ルールはキックボクシングルールなので、倒れた相手への攻撃は禁止。相手のパンチに対して倒れ込むと、安全が確保されるのだ。江畑はテコンドー選手で蹴り技が得意、パンチの連打には倒れ込むと言うのが作戦だったのかもしれない。

 松井は再戦について「してもいいけど踏みつけありで総合格闘技ルールでやりたい」とした。試合でも倒れる江畑を踏みつけようとして注意が与えられた。
 ノッコンは「それでいきましょう。リング外でやるのはやめましょう」と賛同した。

 しかしそれでも延長戦では江畑に差をつけられたのは事実だ。江畑は得意のハイキックに加えローも効かせた。

 松井は「あいつ、蹴りが痛い、いちいち、まじで痛い。溝口さんが試合後の喧嘩が良くないと、穏便に済ますため今から来れないかと連絡があったが、俺もうホテルについてて足がめちゃ痛かったんで断った。江畑に見られたくなかった」と語った。

 そして江畑とは後日会うことになったという。

 松井は襲撃したことは「確かに悪い」と反省も戦い方にはまだ許せない様子。「確かにあいつの戦略には負けた。ブレイキングダウンであれをするのはどうかな。あいつに会って、そこまで言うのなら上がりましょうと言われたら上がるよ。強いくせにあんな卑怯なことするのがムカつく。堂々と戦え」と再戦を希望した。

▶︎次のページは【フォト&動画】松井が試合で倒れる江畑に踏みつけに!舞台裏では首を絞める暴挙

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【BD11】2mテコンドー王者・江畑、試合後の刺青男”襲撃”に怒り「闇系に強い弁護士を用意している」

・【BD】炎上で殺害予告受けた“悪童”レオにジョリーが対戦要求!「俺がボコボコにする、それがハッピーな道」

・女子レスラー渡辺未詩、何とウェディングドレス姿でマッスル!「広背筋エグすぎ」

・【BD】アクシデント失神の咲人、レオの中指挑発に「まじでぶっ殺す」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧