TOP > ニュース 一覧

【グラジエーター】フライ級T決勝で元王者NavEがモンゴル戦士と対決=5.5大阪

フォロー 友だち追加
2024/03/31(日)UP

NavEvsオトゴンバートル・ボルドバートル

 5月5日(日)大阪・176BOXにて開催の『GLADIATOR026』で、[GLADIATORフライ級トーナメント決勝/5分3R]として、NavE(N★TRUST/第3代GLADIATORフライ級王者)とオトゴンバートル・ボルドバートル(Shandas MMA Fitness Center/モンゴル)が対戦する。

【動画】NavEがバックからチョークを仕掛ける瞬間!

 同大会では本来、GLADIATORフライ級王座決定トーナメント準々決勝で勝ち上がったチェ・ドンフン、イ・スンチョル、オトゴンバートル・ボルドバートル、NavEの間で準決勝戦が行われる予定だった。

 しかし、主催者より届いたリリースによれば、3月3日の大会でツェルマー・オトゴンバヤルに勝利したイ・スンチョルが、試合直後に肩の負傷があり5月5日には治癒及び調整が間に合わないとの報告があったという。

 この事態を受け、準決勝に出場できる代替選手を新たに選考、または準々決勝で敗れた選手の再チャレンジを検討することに。ただし後者に関しては和田教良、オトゴンバヤル、藤沢彰博ともTKO負け及びダウンしたうえでの一本負けを喫しており、5月5日の試合にオファーをすることはMMAという競技特性上、適切でないと判断。

 さらに、出場の確認が取れていたチェ・ドンフンより、他プロモーションでのオファーがあり、そちらの戦いに専念したいという申し出を受けたとのこと。ドンフンが次に戦う舞台は、GLADIATORが昨年より目指してきたアジアのフィーダーショーを目指すという方向性と一致しており、トーナメント離脱は残念だが快く送り出すことを決定。

 その結果、準決勝は中止となり、オトゴンバートルとNavEの間でフライ級王座決定トーナメント=第5代GLADIATORフライ級王座決定戦を実現する運びとなった。

 以下、トーナメント決勝戦に臨む2選手のコメント。

NavE
「次戦は、間接的にモンゴル人へのリベンジマッチと聞き心が燃えました! この燃えている熱い気持ちをグッと抑えて、今回もGLADIATORのケージ、そして強豪モンゴル人とのファイトを全力で楽しみたいと思います! 勝敗はどうでもいいです! 楽しんだ先に素晴らしい景色が待っていると思います! 自分のキャリアも終盤が見えてきていると思うので、この試合が決まった瞬間のワクワク感…計量日までの減量や試合へ向けたトレーニング…そして試合当日の熱いファイト! 試合直前におこるアクシデント…(笑)。今回もこれら全て全力で楽しむ事に注力します! ただの田舎のサラリーマンだった自分の人生を変えてくれた「格闘技」に感謝!  格闘技ライフ最高です! 押忍!!」

オトゴンバートル・ボルドバートル
「今回、GLADIATORフライ級王座決定トーナメントの準決勝が無くなってしまい、いきなり決勝戦で戦うことになりましたが、素直にとても嬉しいです。相手のNavE選手は元フライ級チャンピオンで、経験豊富な、組みの強い選手という印象を持っています。NavE選手、お互いに頑張りましょう。5月5日、ケージでお会いしましょう」

<決定対戦カード>
▼GLADIATORフライ級トーナメント決勝/5分3R
NavE(N★TRUST/第3代GLADIATORフライ級王者)
vs
オトゴンバートル・ボルドバートル(Shandas MMA Fitness Center
/モンゴル)

▶︎次ページは【動画】NavEがバックからチョークを仕掛ける瞬間!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧