TOP > 試合結果 一覧

【やれんのか!】ヒョードルがホンマンに一本勝ち

2007/12/31(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

▲ヒョードルが下からの腕十字を極めて一本勝ち

やれんのか!大晦日!2007実行委員会
M-1 GLOBAL/(株)FEG/DEEP事務局
「FieLDS やれんのか!大晦日!2007 Supported by M-1 GLOBAL」

2007年12月31日(月)埼玉・さいたまスーパーアリーナ

▼第6試合 1R10分・2R5分 ※四点ポジションでの膝蹴りは禁止
○エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア/レッドデビル/PRIDEヘビー級王者)
一本 1R1分54秒 ※腕ひしぎ十字固め
●チェ・ホンマン(韓国/フリー)

 大会中に急遽この試合をTBSで生中継することが決定! メインイベントから第6試合に変更して行なわれることになった。

 リング上のアナウンスではホンマンが身長218cm、体重165kg。ヒョードルが身長182cm、105.5kg。身長差36cm、体重差60kgの闘いとなった。

 1R、ヒョードルがパンチから距離を詰めて一気に組み付く! ここからテイクダウンを狙っていくのだが、ホンマンがヒョードルを押し潰すようにしてテイクダウンを奪った。

 下になったヒョードルはガードに戻して下から腕十字へ! ホンマンの腕が伸びるがホンマンは強引に腕を引っこ抜く。

 ここからヒョードルが立ち上がり、スタンドでの展開に戻ると、ヒョードルが再びパンチから組み付いていくのだが、ホンマンが強引にテイクダウン! ホンマンはインサイドからパンチを打っていく。するとここでヒョードルがホンマンのパンチに合わせて腕十字! 先ほどは逃げられたヒョードルだったが、ここではしっかりとホンマンからタップを奪った。

 試合後、マイクを握ったヒョードルは「また日本で試合ができて本当にうれしい。今日は皆さんのために試合をしました。私はこれからも日本で試合をします。私の勝利は皆さんのための勝利です。ありがとうございました」とファンに呼びかけ、笑顔で喜びを表現した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

新着情報


TOP > 試合結果 一覧