TOP > 試合結果 一覧

【戦極】8戦中6試合が一本・KO決着!ホジャー鮮烈デビュー、ジョシュは判定勝ち

2008/05/18(日)UP

ワールドビクトリーロード
「戦極~第二陣~」

2008年5月18日(日)東京・有明コロシアム
開場14:30 開始16:00 
観衆=9,286名(主催者発表)


▼メインイベント(第8試合) ヘビー級 5分3R
ジョシュ・バーネット(フリー/第10代無差別級キング・オブ・パンクラシスト・第7代UFCヘビー級王者・PRIDE GP 2006 無差別級トーナメント 準優勝)116.3kg
判定 3-0
ジェフ・モンソン(アメリカ/アメリカン・トップチーム)111.5kg

 一本・KO勝ちが続出した今大会のメインを飾るのは、10年以上もの親交があるというジョシュとモンソンの友情対決。何度も一緒に練習していることもあり、お互いに手の内は知り尽くしているが、両者とも「ウィークポイントは分かっている」と口を揃えている。

“キング・オブ・戦極”のニックネームを頂戴したジョシュが、旗揚げ戦の吉田秀彦戦に続いて勝利を収めるか。それとも、“寝技世界一決定戦”を2度も制したモンソンが、PRIDEでの藤田和之戦に続いて日本での2勝目を挙げるのか? 両者はリング中央でガッチリと握手、言葉をかわして分かれた。

 1R、ジョシュが右ローキック、ジャブを放つ。そのジャブを右手でパーリングするモンソン、ワンツーで前に出るがかわされる。ジョシュのワンツーからロー、なんとバックキックまで繰り出す。

 間合いを保ちつつローキックを当てて行くジョシュ、モンソンのパンチはバックステップでかわして距離を作ってのジャブ。モンソンが組み付くが、すぐに離す。ジョシュのワンツー&ローキックにモンソンはなかなかタックルの距離に入れない。組み付くとジョシュのヒザ蹴りをもらってしまう。

 ジャブから組み付いたモンソン、ジョシュがヒザ蹴り。ジョシュが首相撲に持ち込もうとするとモンソンはすぐに離れる。ジョシュが連打で打ち合いに持っていくと、モンソンの右ロングフックがヒット! すぐにテンカオに行くジョシュだが、離れ際にもう一度モンソンが右フック。

 2R、ジョシュがワンツー、そしてバックキック。連打に行ったジョシュにモンソンがパンチで反応すると、ジョシュはボディへヒザを突き刺す。組み付くモンソン、片足タックルでテイクダウンに成功!

 ジョシュは足を利かしてモンソンの動きを封じ、三角絞めを狙っていったが、モンソンがパンチを放つとアームロックを狙う。上体を抑えこんで行くモンソン、サイドポジションから顔面へパンチ。

 しかし、ジョシュは両足を跳ね上げて反動をつけて立ち上がり、すぐにアッパー、さらにテイクダウン。モンソンはジョシュの体を蹴って立ち上がろうとしたが、潜り込んで足を取りに行ったところでジョシュがガブり、ボディへのヒザ蹴りを見舞う。

 上になるジョシュは手の平でモンソンの口をふさぎ、モンソンが立ち上がると首相撲からのヒザ蹴りを連続で突き刺していく。モンソンもアッパーを返していくが、首をコントロールするジョシュがヒザ蹴りで優勢。

 3R、ジョシュの左ミドル、モンソンが組み付いてくるとヒザ蹴り。片足を取ってテイクダウンを狙っていくモンソンだが、ジョシュにガブられて転がされる。ジョシュはボディへヒザを見舞い、パンチを入れると足関節へ! が、これはすっぽ抜けてモンソンが立ち上がる。

 すぐに組み付くモンソン、ヒザ蹴りにアッパーで応戦するもブレイクに。モンソンの右ストレートをかわしてヒザ蹴りを見舞うジョシュ、その一発がモンソンの顔面をとらえてモンソンが倒れこむ。上になってパンチを入れながら、足関節を狙っていくジョシュだが、モンソンは足を利かせてそれを許さない。

 潜り込むようにして足を取りに行くモンソンだが、ジョシュはボディへのヒザ蹴りでこれを防ぎ、バックへ回って抑え込む。ガブったような状態から、ジョシュがモンソンの背中を超えてアンクルホールドへ行くが、極めきれず試合終了のゴング。

 両者は何か言葉を交わし、ガッチリと抱き合って健闘を称える。判定は3-0でジョシュの勝利に。両者は再び抱き合って健闘を称えあった。

「今日は友だちの試合、楽しみじゃない。でもファンのおかげで僕は元気、絶好調です。北岡さん、川村さん、近藤さんの試合、素晴らしい試合でした。新しい戦極ポーズをティーチします」とジョシュは流暢な日本語でマイクアピール。

 そして、「行くぞーっ!」と記者会見でも披露した「イチ(一)、ジュウ(十)、ヒャク(百)、戦(千)極! 戦極!」と戦極ポーズを決めて大会を締め括った。


 

▼セミファイナル(第7試合) 5分3R
ホジャー・グレイシー(ブラジル/ホジャー・グレイシー柔術アカデミー)102.6kg
一本 1R1分40秒 ※チョークスリーパー
近藤有己(日本/パンクラスism)87.4kg

 ついに“グレイシー一族最強の遺伝子”ホジャー・グレイシーが日本初見参! グレイシーの定番入場曲である『ラストモヒカン』は使わず、静かな曲でゆっくりとリングへ向かって歩を進めた。
 対する近藤もこちらは御馴染みの静かなる入場曲で、やはりゆっくりと歩いて入場する。向かい合うと13cmの身長差が際立つ。

 1R、左へ回っていく近藤が右のパンチを放ったところで、組み付くホジャー。コーナーへ押し込んでいく。しばらくコーナーを背に耐えた近藤だったが、ホジャーがテイクダウンに成功。サイドポジションへパス、近藤はブリッジで返そうとしたが、ホジャーはマウントを奪う。

 両膝で近藤の脇を上げてパウンド、近藤がブリッジで返そうとするとすぐに上体を抑え込む。ホジャーは再び体を起こしてパンチ、そしてブリッジする近藤のバックへ回ってチョークスリーパーへ! 
 しばらく耐えた近藤だったが、アゴをこじあけられてしっかりと腕が食い込み、タップするしかなかった。

「皆さんありがとう。今回が日本でのデビュー戦です。しかし、これが最後となることはないでしょう」と短いマイクアピールをしたホジャーに、吉田秀彦から花束が贈られた。近い将来での両雄の激突が期待されるところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > 試合結果 一覧