TOP > 試合結果 一覧

【ストライクフォース】最強伝説が遂に崩壊!ヒョードルがファブリシオに一本負け

2010/06/27(日)UP

【動画】ファブリシオ・ヴェウドゥム直伝 3つのスーパーテクニック
2010年6月26日、ヒョードルに一本勝ちしたファブリシオ・ヴェウドゥム直伝のテクニック講座。これであなたも関節技が上手くなる!

「Strikeforce26 Fedor vs Werdum」
2010年6月26日(土・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州サンノゼHPパビリオン

▲ファブリシオが腕ひしぎ三角固めでヒョードルの連勝を「28」でストップした

▼ヘビー級 5分3R
○ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)
一本 1R1分09秒 ※三角絞め
●エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア/第2代PRIDEヘビー級王者)

 前回2009年11月7日の『Strikeforce: Fedor vs. Rogers』にて、ブレット・ロジャースを2R1分48秒でTKOに下し、最強伝説を守り続けている“60億分の1の男”ヒョードル。 

  今回の挑戦者は『PRIDE』で活躍し、ミルコ・クロコップの柔術コーチとしても知られ、現在ではシュートボクセアカデミーでもトレーニングを積んでいるヴェウドゥムだ。 

 1R、じりじりとヴェウドゥムに歩み寄っていくヒョードル。ヴェウドゥムの右ストレートに右アッパーを合わせ、そこから左フック! 右アッパー! ヒョードルのパンチに押されるようにヴェウドゥムが尻餅をつく。

 ヒョードルは一気にパンチと鉄槌を落とすが、ここでヴェウドゥムが三角絞め!  ヴェウドゥムは三角絞めと腕十字のコンビネーションで攻め込み、ヒョードルは必死に体を振ってそこから脱出しようとするが、ヴェウドゥムの三角絞めががっちりと入り、ヒョードルがタップ! ヴェウドゥムがヒョードルからタップを奪い、歴史を変えた。


 

▲カン・リーのバックキックが炸裂

▼ミドル級 5分3R
○カン・リー(アメリカ/第2代同級王者)
KO 2R 1分46秒 ※バックキック→パウンド
●スコット・スミス(アメリカ) 

 昨年12月以来の再戦となった一戦。前回はリーが一的に試合を進めながら、スミスのパンチ一発でリーが逆転KO負けを喫している。リーは会場から大声援を浴びて、スミスへのリベンジに挑む。

 1R、サウスポーのリーにスミスは右のパンチから一気に距離を詰めて金網まで押し込む。これを凌いだリーはスタンドでジャブを突き刺し、そこから左ストレート。 これがスミスの顔面を捉える。そしてリーが右フックから左ストレート!

たまらずスミスがタックルに入るが、リーがそれを切ってパンチを落とす。試合が打撃戦になるとリーが左ストレート! 左ハイ! ヒザ蹴り! リーはスミスのタックルを潰してパンチを入れる。

2R、リーが右フック、左ストレート、左右のハイキックを飛ばす。そしてバックキック! これでスミスが金網まで吹っ飛ぶ! 亀になるスミスにリーはパンチを落とす。試合がスタンドに戻るとリーが左ストレート、そして左のバックキック! これがスミスのレバーに突き刺さり、スミスがダウン! リーが追撃のパンチを落としたところでレフェリーが試合を止めた。 

  • 1
  • 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

【動画】ファブリシオ・ヴェウドゥム直伝 3つのスーパーテクニック
2010年6月26日、ヒョードルに一本勝ちしたファブリシオ・ヴェウドゥム直伝のテクニック講座。これであなたも関節技が上手くなる!

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧