TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】シュレックが誠吾にTKO勝利、無差別級の迫力対決

2010/12/11(土)UP

DEEP事務局「DEEP 51 IMPACT」
2010年12月11日(土)東京・ディファ有明

パンチを打ち込むシュレック(右)

▼第13試合 無差別級 5分2R
○関根“シュレック”秀樹(ブルテリアボンサイ/2009年ヒクソン・グレイシー杯柔術国際大会階級別・無差別級優勝)
TKO 2R2分38秒 ※レフェリーストップ
●誠吾(フリー)

無差別級の闘いはド迫力だ

 関根がリングに登場し、Tシャツを脱ぐと筋肉の塊のような身体に場内から大きなどよめきが起きる。どよめきはしばらく消えないほどインパクトある肉体だ。

 1R、関根が右ストレートからタックル、誠吾がこれを切るとすぐに関根は2度目のタックルに行き、コーナーへ追い詰める。関根が右ロー、誠吾がパンチを出す度にドッと沸く場内。ヘビー級の迫力満点の攻防だ。残り時間30秒で関根のタックルが決まり、テイクダウンを奪うが誠吾の身体がロープの外に出てしまい、ブレイクに。誠吾には場外逃避としてイエローカードが提示される。

シュレックがタックルを仕掛ける

 2R、右ローを連打して行く関根。誠吾の左ストレートには右のクロスカウンター。関根はさらに右アッパーから左右フックの連打で突進し、誠吾のタックルをかわして右フック。

  動きの止まった誠吾に関根が左右の連打を浴びせ、棒立ちとなったところでレフェリーストップ! 関根が衝撃のTKO勝ちで、メガトン王座に挑戦したこともある誠吾を下した。

強靭な肉体からパンチを放つシュレック

「DEEPファンの皆さん、始めまして。僕たちは浜松で柔術を中心に格闘技をやっています。素晴らしい仲間たちに囲まれ、2年前まで普通に暮らしていた俺がDEEPに出ることが出来ました。

 誠吾選手と試合が出来ると聞いてずっとワクワクしていました。どうだったでしょうか? また本戦に呼んで下さい。一生懸命に闘います」と関根が丁寧なマイクアピールを行うと、観客は大きな拍手を送った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報


TOP > 試合結果 一覧