TOP > 試合結果

【ムエローク】団体の看板を懸けたムエタイ対決はムエロークがM-1に勝利

2012/03/18(日)UP


▲スアレック(左)は強烈な右ミドルを放つ。タイ人同士の対戦は両者気合いの入った熱戦になった 

DEEK総合企画
「ムエローク2012 -1st-」
2012年3月18日(日)新宿FACE
開場17:00 開始17:30

▼メインイベント 63kg契約 3分5R
○スアレック・ルークカムイ(尚武会/ムエマラソンJapan2011王者)
判定2-0 ※50-48、50-48、49-49
●カノンスック・ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム/M-1ライト級王者)

 メインイベントには日本を主戦場とするムエタイ戦士同士の対決が組まれた。スアレックは、昨年2月20日にムエロークで行われた在日タイ人4選手によるワンデートーナメント「ムエローク杯59kg級ムエマラソンJapan2011」で優勝。しかし、8月7日のムエロークで田中秀和(士道館橋本道場)に最終ラウンド、ヒジによる失神KO負けを喫し、敗北の罰として一時帰国させられ、新たな気持ちで再来日したという。

 対するカノンスックは2005年に初来日以来、日本のトップ選手たちと拳を交えて対日本人戦績は20勝5敗。WPMF世界&M-1ライト級王座に就き、M-1のタイ人エースとして活躍してきたが、昨年11月13日に塚原光斗(クロスポイント古河)にKOで敗れ世界王座を奪われた。

 日本人選手にKO負けを喫した者同士の復帰戦であり、両者とも背水の陣。お互いの団体&ジムの看板を懸けた戦いだけに壮絶な打ち合いが予想される。

 1R、両者はムエタイ特有のゆったりしたリズムで身体を上下に揺らし、一定の距離を保って向かい合う。スアレックはロープを背負い、カノンスックがその前に立つ形。

 スアレックが突如前へ出て右ミドル、パンチ、ヒジをハイスピードで繰り出せば、カノンスックも前へ出てワンツー、左右フックからローキック、ボディブローと攻める。両者ともに攻撃が終わると、また元の位置に戻って一定の距離が保たれる。

 2R、両者ともゆったりしたリズムを取りながら向かい合っている時と、攻めに転じた時の緩急の差が激しい。スアレックはカノンスックが強い左右パンチ連打を出すと、強い右ミドルを蹴り返す。カノンスックはパンチ連打とヒジ、左ロー。スアレックも左フックから右アッパー、右ミドル。

 両者ともスピードのある攻撃で、見合いからいきなり片方が連続技で攻め、それが終わると見合いに戻って今度はもう片方が連続技で攻めるという攻防が交互に行われる。しかし、終了間際にはスアレックが首相撲でカノンスックをコカす。

 3R、2R終盤にコカしたことで組んだ方が有利と判断したか、スアレックがいきなり組みにいく。だが、カノンスックは倒れずに首相撲で応戦し、スアレックを突き放す。

 再びロープを背負ったスアレックにカノンスックが左ローを放つと、それがまるで合図かのように両者はパンチとヒジで激しく打ち合う。一旦離れ、またカノンスックの左ローで打ち合いが始まるという攻防が繰り返された。

 4Rになると、スアレックは完全に首相撲勝負に持ち込む。強いパンチと右ミドルを打っては組み付き、カノンスックをコカそうとする。カノンスックも左ローや左右フックを出し、組まれるとバランスを保ってコカされるのを阻止。

 しかし、残り10秒のところでついにコカされ、スアレックのセコンドに就いたタイ人勢から歓声があがる。

 5Rはそれまでの激しいせめぎ合いが嘘のように、両者ともほとんど手を出さない。カノンスックが左ローからの右フック、スアレックは右ミドルを出す程度で、組んでのコカし合いと見合いが続き、大きな動きはないまま試合終了。

 判定2-0でスアレックがタイ人対決を制し、ムエロークの看板を守った。



▲鈴木(左)は右の蹴りを上中下に振り分ける

▼セミファイナル スーパーライト級 3分5R
○鈴木真治(藤原ジム/WPMF日本ライト級9位)
TKO 3R2分43秒
●浅瀬石真司(東京町田金子/NJKFスーパーライト級9位)

 WPMF(M-1&REBELS)とNJKFのランカー対決。浅瀬石は680グラムオーバーで計量をクリアできず、減点1と10オンスのグローブハンデ(鈴木は8オンス)が課せられた。

 1R、鈴木はジャブと右ロー、首相撲で浅瀬石を豪快にコカす。サウスポーの浅瀬石は鈴木の右奥足への左ローを狙う。

 2R、浅瀬石は左ロー、鈴木は右ローを攻撃の軸にする。鈴木は右ミドルと右ハイキックを加え、浅瀬石は前蹴りとローを織り交ぜる。前に出ての攻撃が単発になりがちな浅瀬石に対し、鈴木は上中下のコンビネーションで攻撃を振り分ける。

 3Rになると鈴木は右ローキックを連発! 徹底して浅瀬石の左足を蹴り、浅瀬石はたびたびバランスを崩す。鈴木はさらに右ハイ、ジャブで意識を上に持っていかせ、右ローを蹴る。浅瀬石も単発で左ローを強く当てるが、鈴木が左フックからの右ストレートでダウンを奪う! そして再開後すぐに、鈴木のヒジで浅瀬石の眉間辺りがバックリと割れた。ドクターストップがかかり、鈴木のTKO勝ちとなった。



▲さと吉(右)が工藤(左)との接戦を振り切った

▼第10試合 WPMF日本ルール スーパーフェザー級 3分3R
○さと吉(アクティブJ)
判定2-0 ※30-29、30-29、29-29
●工藤行生(SVG/WPMF日本同級10位)

 1Rから両者ともにパンチでアグレッシブに攻め合う。レフェリーの制止をきかずに攻撃を続けるほどのエキサイトぶり。2Rになるとさと吉は右ミドルを多用し、工藤は軸足への左ローを返す。さらに左ミドルとフック。両者は組み合ってのヒザ蹴りでもやり合う。

 3R、お互いに一発攻撃を出し合っては抱き合うように組み付き、ブレイクがかかるという展開が続く。やや右のパンチを多く当てたさと吉が判定勝ちした。


▼第9試合 WPMF日本ルール フェザー級 3分3R
○プンダムM16スタイル(M16ムエタイスタイル)
判定3-0 ※三者とも30-29
●鷲尾亮次(レグルス池袋)

▼第8試合 WPFM日本ルール ライト級 3分3R
○川崎 亮(尚武会/J-NETWORKスーパーフェザー級7位)
TKO 3R22秒
●和幸・ゴールドライフジム(ゴールドライフジム)

▼第7試合 WPMF日本ルール ライト級 3分3R
○ツヨシM16ムエタイスタイル(M16ムエタイスタイル)
TKO 1R2分47秒
●渡久山佑太(平井ジム)

▼第6試合 WPFM日本ルール ウェルター級 3分3R
○淳平(エイワスポーツジム)
TKO 2R46秒
●三縄良太(尚武会)

▼第5試合 WPMF日本ルール 63kg契約 3分3R
○木村友彦(尚武会)
TKO 2R1分46秒
●DAI(ストライカーズラボ)

▼第4試合 WPMF日本ルール フェザー級 3分3R
○小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)
TKO 2R1分
●櫛田茂薫(尚武会)

▼第3試合 Jrスーパーファイト 28kg契約 2分2R
○優音(藤原ジム)
TKO 2R40秒
●松土龍牙(フリー)

▼第2試合 Jrスーパーファイト 40kg契約 2分2R
○駿斗(チームTEPPEN)
判定3-0 ※20-18、20-19、20-19
●バンフースハンター(尚武会)

▼第1試合 Jrスーパーファイト 52kg契約 2分2R
○佐々木輝夜(尚武会)
判定3-0 ※三者とも20-19
●本郷大奈(武風庵)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果