TOP > 試合結果

【DEEP KICK】北山高与志、現役生活に幕。関西最強の座は山口裕人に!

2012/04/29(日)UP

DEEP☆KICK実行委員会
「DEEP☆KICK 11」
2012年4月29日(日)大阪・アゼリア大正ホール
開場13:00 開始13:30

▼メインイベント(第9試合) 北山高与志引退エキシビション
-北山高与志(BLA-FREY/元WMAF世界ウェルター級王者、元J-NETWORKウェルター王者)
勝敗なし
-安東辰也(及川道場)&笹谷淳(TANG TANG FIGHT CLUB/元J-NETWORKウェルター級王者、WPMF日本ウェルター級6位)&KING皇兵(ROYAL KINGS)

 関西が誇る元J-NETWORKウェルター級チャンピオンで、前WMAF世界ウェルター級チャンピオンの北山の引退試合が行われた。変則エキシビションマッチで北山1人に対してラウンド毎に対戦相手が変わる3Rマッチ。

  1人目は共に練習で汗を流したKING。ゴングと同時に前に出たのはKING。すぐに北山も対応し、序盤からエキシビションとは思えぬ激しい攻防が展開される。終盤にはKINGのバックブローがあわやのタイミングで繰り出され、寸前でかわす北山の姿に客席が大きく沸く中、ゴング。リング中央で抱きあう両者に大きな拍手が送られる。

  続いて登場したのは前J-NETWORKウェ ルター級王者の笹谷。1週間前に新日本キックのリングで緑川創との激戦を終えたばかりとは思えぬ軽快な動きで北山を追い込む。呼応するかのように北山も鋭 い左右のパンチ、左ミドルキックを繰り出し、両者最後まで手数を切らさず打ち合う展開に場内のボルテージは高まる。互いのパンチが交錯したところでゴング が鳴らされる。客席のどよめきは収まらない。

  そしてトリを務めたのはWMF世界ライト級王者の安東。やや疲れの見える北山を容赦のない打撃で攻めこむ。劣勢に思われた北山だったが、沸き起こる万雷の北山コールで蘇生。懸命にパンチを振るい安東を押し返してみせる。実戦さながらの厳しい攻防は残り1分頃から更にヒートアップ。相手を終えたKING、笹谷が見守る中、足を止めての激しい打ち合いが繰り広げられたところでゴング。感慨深げに抱きあう両者に万雷の拍手が送られた。

  その後、北山の引退セレモニーが行われ、正道会館の湊谷コーチや及川道場の及川代表等から花束が贈られる。多くのファンが見守る中10カウントゴングが打ち鳴らされ、17年間にわたる北山高与志の現役生活が幕を閉じた。


▼セミファイナル(第8試合) 関西最強65kg王者決定戦 3分3R
○山口裕人(MA多田ジム山口道場)
KO 2R1分2秒 ※パンチ
●龍啓(国士会館)
※山口が王座に就く。

 関西最強65kgトーナメント決勝戦は、無傷のまま勝ち上がった2人の対決となった。1Rは龍啓がストレート系のパンチで山口をグラつかせ、ダウン寸前まで追い込み有利に試合を運んだ。

  2R、山口が得意の左右のフックで龍啓からダウンを奪う。フラフラになりながら立ち上がった龍啓であったが、山口の容赦ないパンチの嵐にコーナーに詰められて2度目のダウン! ここでレフェリーがストップをかけて、山口が関西最強65kg決定戦のチャンピオンに輝いた。マイクパフォーマンスでは「もっと強い選手と戦わせて下さい」と関東のトップクラスか外国人選手との戦いを熱望した。


▼第7試合 大阪対名古屋4対4 58kg契約 3分3R
○楠本鉱平(M-FACTORY)
判定2-0
●GUMP☆小島(TheBodyBox)

 大将戦となったこの一戦。小島は名古屋の意地を見せたいところ。一方、楠本はパーフェクト勝利を目指して戦う。

 1R、右ハイキックを鮮やかに決めた楠本であったが、2Rからの小島の粘りに苦戦。ダウンを奪った楠本が判定勝ちで、対抗戦は大阪の4連勝で幕を閉じた。


▼第6試合 大阪対名古屋4対4 56kg契約 3分3R
○KING強介(ROYAL KINGS)
判定2-0
●作田良典(GETOVER)

 先鋒戦で弟の狂太が勝っていて勢いづく強介に対し、後がない名古屋勢の砦として戦う作田。3Rに強介の連打を浴びて、作田が判定負けを喫した。この結果を受けて、大阪vs名古屋の対抗戦は大阪勢の勝利が確定した。


▼第5試合 大阪対名古屋4対4 63kg契約 3分3R
○山口侑馬(MA・多田ジム山口道場)
判定2-0
●前田 修(GETOVER)

 次鋒戦はK-1甲子園本戦3位の山口とWPMFスーパーライト級9位の前田の対決。兄(山口裕人)と同じく豪快なパンチを武器に前に出る山口。一方、前田はベテランらしく捌いてヒザを出す。アグレッシブに攻める山口が判定勝利を収めた。


▼第4試合 大阪対名古屋4対4 60kg契約 3分3R
○KING狂太(ROYAL KINGS)
判定3-0
●松井大侑(桜塾)

 対抗戦の先鋒戦では、狂太とK-1甲子園西日本ブロック準優勝の松井が対決。
お互いが攻め切れない展開となる。松井のクリンチに対する減点1が告げられ、3-0で狂太が勝利した。


▼第3試合 55kg契約 3分3R
○祐治(M-FACTORY)
KO 2R2分5秒
●PRINCE博(NJKF・ARENA)

  サウスポー同士の戦い。1Rから前に出る祐治を上手くいなすPRINCEであったが、祐治のボディへの執拗な攻撃に耐え切れず、祐治のKO勝利となった。


▼第2試合 関西最強65kg王者決定トーナメント一回戦 3分3R
○山口裕人(MA・多田ジム山口道場)
KO 1R1分56秒 ※パンチ
●ケイスケ(頂上会テアゲネス)

 再戦となったこの一戦。前回は山口がKOで勝利している。今回も山口の豪快な左右のフックがケイスケの顎をとらえて1RKO。山口が決勝戦に駒を進めた。


▼第1試合 関西最強65kg王者決定トーナメント一回戦 3分3R
○龍啓(国土会館)
KO 2R39秒 ※パンチ
●AKIRA(NJKF・誠至会)

  パンチを得意としている両者の対決。序盤は静かな立ち上がりでスタートしていたが、2RにプレッシャーでAKIRAをコーナーに詰めたところを龍啓の右ストレートがヒット! 

  龍啓が失神KOで決勝戦に進出した。


▼オープニングファイト第7試合 TOP☆RUN65kg王者決定戦 2分3R
○朝倉豊樹(TIA辻道場)
判定3-0
●中佳津樹(M-FACTORY)
※朝倉が第2代TOP☆RUN王座に就く。

  サウスポーの中に対し、強引にパンチを当てていく朝倉。朝倉が2度のダウンを奪い文句なしの判定で65kgのチャンピオンに輝いた。


▼オープニングファイト第6試合 TOP☆RUN50kg王者決定戦 2分3R
○山田有佑(魁塾)
判定3-0
●川東八尋(MA・多田ジム山口道場)
※山田が第4代TOP☆RUN王座に就く。

  大きなフックで予選を勝ち上がった川東とローキックの得意な山田の対戦。

  お互いが得意技を出しての攻防で、2Rまでは互角の戦い。3R、山田のローキックで川東が足を引きずるようになる。判定で山田が勝利し、悲願のベルト奪取となった。


▼オープニングファイト第5試合 TOP☆RUN45kg王者決定戦 2分3R
○多根嘉輝(直心会)
判定3-0
●岡澤喜貴(魁塾)
※多根が第4代TOP☆RUN王座に就く。

 藤原敏男杯の予選など過去に何度も対戦している2人がベルトをかけて対戦した。多根が有利と言われている中、岡澤も果敢にパンチを当てていく。堂々とした戦いをした多根が貫禄の勝利でベルトを獲得した。


▼オープニングファイト第4試合 TOP☆RUN40kgタイトルマッチ 2分3R
△政所 仁(魁塾/王者)
ドロー 判定1-0
△東 巧樹(直心会/挑戦者)
※政所が初防衛に成功

 現40kg王者の政所仁が、藤原敏男杯で全日本チャンピオンに輝いた東巧樹を迎えての初防衛戦。パンチの政所とヒザ蹴りの東による一進一退の攻防は、ドロー。政所が初防衛に成功した。


▼オープニングファイト第3試合 TOP☆RUN35kg王者決定戦 2分3R
○政所 椋(魁塾)
判定2-1
●藤本大輝(誠輪館)
※政所が第5代TOP☆RUN王座に就く。

  藤原敏男杯でベスト4に進んだ元30kg級チャンピオンの政所が、藤本との接戦を制して2階級制覇を成し遂げた。


▼オープニングファイト第2試合 TOP☆RUN30kg王者決定戦 2分3R
○湊 来夢(MA・多田ジム山口道場)
判定2-0
●羽手原弘凱(隆拳塾)
※湊が第6代TOP☆RUN王座に就く。

  ランキング1位と2位が空位のベルトを懸けて激突。ジュニアとは思えないテクニックで観客を沸かせた。ヒット数に優った湊が念願のベルトを巻いた。


▼オープニングファイト第1試合 60kg契約 2分2R
○篠原悠人(MA・多田ジム TEAM PLU+S)
判定3-0
●山田伊寿実(桜塾)

  中学生としては抜群の実績と能力を持つ篠原が、空手で実績を残す山田にパンチで襲いかかる。山田も変則的な蹴りで応戦したが、手数で優った篠原が判定で勝利した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果