TOP > 試合結果 一覧

【UFC】田村一聖、2RでTKO負け!連勝ならず

2012/07/11(水)UP

Zuffa LLC
「UFC on Fuel TV 4」
2012年7月11日(水・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州サンノゼ

 UFC第2戦に挑んだ田村一聖(KRAZY BEE)だったが、ハファエル・アスンソン(ブラジル)に2RでTKO負けを喫した。

 田村は山本“KID”徳郁率いるKRAZY BEEの所属で、2008年6月26日に修斗でプロデビュー。修斗で6勝2敗の戦績を残し、今年2月26日に日本で開催された『UFC 144』に参戦。ジャン・タイクァン(中国) と対戦し、2R32秒、右フックでKO勝ちを収めた。今回はプレリミナリー(米国でのPPV枠に入らない前座試合)枠の試合で、アスンソンとの対戦。アス ンソンは17勝4敗の戦績で関節技を得意とし、UFCでは1勝1敗となっている。

 1R、右ローで先制するアスンソン。田村の右ストレートはバックステップでかわす。アスンソンのパンチに田村が右フックを合わせるが、アスンソンは何事もなく右回りを続ける。お互いに右のパンチを空振りする中、アスンソンの右ローが決まり、バックキックまで繰り出す。

 アスンソンがスーパーマンパンチから組み付き、田村をケージに押し込むが離れる。田村の右フックにアス ンソンはボディブローを返し、またもバックキック。一度下がった田村がタックルに行くと、アスンソンは上から潰してバックを奪おうとする。アスンソンは田 村をケージへ押し込んでボディへのヒザ蹴り、立ち上がると離れる。田村が左右のフックで入っていくが、アスンソンはかわす。

 2R、アスンソンは変わらず右へ回り込みながら右ロー。アスンソンの上段後ろ廻し蹴りをかわした田村 が、バランスを崩したアスンソンへすかさず攻撃を仕掛けようとしたところで、アスンソンがカウンターの左フック! ケージにもたれかかった田村にアスンソ ンがパンチ連打をくわえ、田村が倒れ込んだところでレフェリーが試合をストップした。

<全試合結果>

▼メインイベント ミドル級 5分5R
○クリス・ウェイドマン(アメリカ)
TKO 2R1分37秒
●マーク・ムニョス(アメリカ)

▼第5試合 ライトヘビー級 5分3R
○ジェームス・テフナ(オーストラリア)
判定3-0
●ジョーイ・ベルトラン(アメリカ)

▼第4試合 ウェルター級 5分3R
○アーロン・シンプソン(アメリカ)
判定3-0
●ケニー・ロバートソン(アメリカ)

▼第3試合 ミドル級 5分3R
○フランシス・カーモント(フランス)
一本 2R1分39秒 ※チョークスリーパー
●カーロス・ヴェモラ(チェコ)

▼第2試合 バンタム級 5分3R
○TJ・ディラショー(アメリカ)
一本 1R2分33秒 ※チョークスリーパー
●ヴァウアン・リー(イギリス)

▼第1試合 ライト級 5分3R
○ハファエル・ドス・アンジョス(ブラジル)
判定3-0
●アンソニー・ジョクアーニ(アメリカ)

▽プレミナリーカード

▼第5試合 バンタム級 5分3R
○アレックス・カサレス(アメリカ)
一本 2R1分27秒
●ダマッシオ・ペイジ(アメリカ)

▼第4試合 バンタム級 5分3R
○クリス・カリアソ(アメリカ)
判定3-0
●ジョシュ・ファーガソン(アメリカ)

▼第3試合 ミドル級 5分3R
○アンドリュー・クレイグ(アメリカ)
TKO 2R4分52秒
●ハファエル・ナタル(ブラジル)

▼第2試合 ウェルター級 5分3R
○マルセロ・ギマラエス(ブラジル)
判定2-1
●ダン・スティッジン(アメリカ)

▼第1試合 バンタム級 5分3R
○ハファエル・アスンソン(ブラジル)
TKO 2R25秒
●田村一聖(KRAZY BEE)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧