TOP > 試合結果

【J-NETWORK】3大タイトルマッチで新王者が2人誕生、優希は防衛成功でK-1出撃を宣言

2012/08/26(日)UP

▲挑戦者・小山(右)が王者・佐藤(左)を破って新チャンピオンとなった

J-NETWORK
「J-KICK 2012~NEXT J-GENERATION~4th」
2012年8月26日(日)東京・後楽園ホール

▼トリプルメインイベント3(第11試合) J-NETWORKフェザー級タイトルマッチ 3分5R
○小山泰明(建武館/J-NETWORKフェザー級1位/挑戦者)
判定3-0 ※49-48、50-46、50-46
●佐藤政人(フォルティス渋谷/J-NETWORKフェザー級王者)
※小山が新王座に就く、佐藤が3度目の防衛に失敗。

 トリプルメインイベントの最終試合を飾るのは、王者・佐藤と挑戦者・小山によるフェザー級タイトルマッチ。36歳の佐藤は2009年7月の王座決定戦で清川祐弥から勝利しタイトルを獲得、今回が3度目の防衛戦となる。

 対する26歳の小山は、1つの引き分けを挟んで現在5戦負けなしと勢いに乗っている、元・学生キックボクシングのチャンピオンだ。

 1R、佐藤はいつも通りにリングを大きく使って右に左にと回り込み、構えを頻繁に左右にスイッチするトリッキーな動き。小山はその佐藤を追いかけながら右ハイキックとジャブ。佐藤は小山が接近してくると組み付いてヒザ蹴り。

 2R、佐藤は動きを止めずに右ロー、左ミドル。小山はボディブローと右ローで佐藤の動きを止めにかかり、佐藤が組ん でくると投げを見舞う。小山が前へ出て右ヒジを放つと、佐藤は左目の下をカットして流血。小山はハイキックを混ぜながら、右ローとボディブロー。佐藤も ローから左右フックを連打する。

 3R、佐藤が組み付いてくると投げを見舞い、佐藤のスタミナを奪っていく小山。佐藤の右フックには小山がヒジを合わせ、右ボディストレートを突き刺す。小山の左ストレートがヒットすると、佐藤も左フックを返す。

 4R、小山のボディ攻めとローキックが効いてきたか、佐藤の動きが止まる。佐藤は左右フックから組んでのヒザ蹴りに いき、小山が前へ出て攻めてくるとコーナーやロープ際で身体を入れ替えて右フックを見舞う。小山は組まれるとヒザ蹴りを連打し、右ボディストレートと右 ロー。小山の攻めが目立つ。

 5R、小山は佐藤の左ハイには右ボディストレート、左フックには右ストレートを返す。佐藤は組んでのヒザ蹴りを多用するが、離れると小山のワンツー、右フックをもらう。

 しかし、小山との打ち合いで佐藤が左右のフックをヒットさせ、一気にラッシュ! フックを連打し、小山はクリンチで 逃れる。残り30秒で小山も右ストレート、右ボディストレート、さらにヒザ蹴りをガムシャラに連打していく! 佐藤は小山をヘッドロックに捕らえて動きを 封じるのが精一杯だ。

 判定はジャッジ2名が最大4ポイントもの差をつけ、小山の勝利。新チャンピオンとなった小山は「スカッと気持ちいい 勝ち方をしたかったんですが、何とか勝てました。1位も10位もノーランカーも、チャンピオン以外は一緒。キックボクシングをやっている以上は必ずベルト を獲ると決めていました。応援したいと思われる選手になりたいです」と、200人以上の応援団の声援を浴びながら語った。



▲優希(右)が薩摩(左)をTKOで破り、王座初防衛に成功

▼トリプルメインイベント2(第10試合) J-NETWORKスーパーフライ級タイトルマッチ 3分5R
○優希(Desperado/J-NETWORKスーパーフライ級王者)
TKO 4R28秒 ※ヒジによるカット→レフェリーストップ
●薩摩サザ波(TARGET/J-NETWORKスーパーフライ級1位、WPMF日本フライ級4位/挑戦者)
※優希が初防衛に成功。

  優希は昨年8月21日の後楽園ホール大会で、ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷)を破って王座に就き、今回が初防衛戦。薩摩は6月17日の後楽園ホール大 会で行われた挑戦者決定戦で、WPMF日本スーパーフライ級王者・松﨑公則(STRUGGLE)を破る殊勲の勝利をあげて挑戦権を手に入れた。

 優希はパンチを得意としているが、これまで首相撲には苦戦を強いられたことが多い。首相撲を多用する薩摩とどう戦うか?

 1R、薩摩はいきなりの左ハイキックからの前蹴りで先制し、優希はワンツーから右フック。薩摩は右ローをしつこく蹴り、優希は左フックから組み付いて薩摩を押し倒す。

 2R、薩摩はまたも左ローと左ハイキックで先制。首相撲をどんどん仕掛けて組んでいき、優希のスタミナを削ろうとする。優希はその薩摩を投げ、バックハンドブローを繰り出す。

 3R、薩摩の左ミドルにパンチで応戦した優希。両者が組み合って倒れると、薩摩は左目尻をカットして流血。優希にバッティングを誘発する行為があったとして、レッドカード(1点減点)が提示された。

 するとここから優希が一気にペースを上げ、薩摩の前蹴りに対して左フック! ダウンを奪う。何とか立ち上がった薩摩だが、ダメージは深い。組み付いて回復を待とうとしたが、優希に転倒させられて立つことが出来ず、2度目のダウンを宣告される。

 4R、まだダメージのある薩摩は首相撲勝負に持ち込むが、優希は構わずヒジを打つ。これでカットに成功し、薩摩を流血に追い込んでドクターチェックとなり、レフェリーが試合をストップした。

  初防衛に成功した優希は「スタミナが心配だったので1~3Rは相手に合わせてしまい、つまらない試合になっちゃってすいません」と観客にお詫びすると、 「K-1に55kg級が出来ると聞いたので、そっちの世界に行きたいです。J-NETWORK代表として行きたいし、僕がJ-NETWORKのエースにな ります」と宣言。さらに「父さん、母さん、本当にいつもありがとう」と両親に礼を言うと、男泣きした。



▲トモコ(左)が右フックを効果的に当てて王座獲得

▼トリプルメインイベント1(第9試合) J-GIRLSフライ級王座決定戦 2分5R
○トモコSP(ウィラサクレック・フェアテックスジム)
判定2-1 ※50-48、48-49、49-48
●サンチェス弥生(Madness Cherry)
※トモコSPが新王座に就く。

 ☆MIKA☆が返上したJ-GIRLSフライ級タイトルを懸けてトモコとサンチェスが対戦。両者は5月に行われたJ-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定リーグでも対戦しており、トモコがフルマークの判定勝利を収めている。

 約3カ月と短いスパンでの再戦でトモコが返り討ちにするのか、それともサンチェスがリベンジするのか。新王者に輝くのは果たしてどちらだ?

 1R、間合いを詰めてパンチを繰り出すトモコに対し、サンチェスはジャブと前蹴りで突き放す。時折、トモコの飛び込んでの右フック、ボディブローからの左フックがヒットするが、サンチェスが上手く距離を保ってジャブと前蹴りを当てた。

 2R、リーチに優るサンチェスは両手を伸ばして距離を取り、前蹴りとストレート連打でトモコをなかなか近づけさせな い。しかし、中盤になるとトモコが右フックで距離を詰め始め、右フックで何度もサンチェスの顔面を捉える。サンチェスも右ストレートを返すが、トモコに押 され気味。

 3R、サンチェスは戦法を変えて左右のストレート連打でどんどん前へ出る。トモコは左右フックで応戦し、打ち合いが繰り広げられる。

 4R、トモコの右フックが出会い頭に炸裂し、サンチェスの右ストレートには右フックを返す。サンチェスがストレート連打と前蹴り、ミドル、ローキックで前へ出るが、トモコの左フックで仰け反る場面も。

 5R、ミドルキックの蹴り合いとパンチの打ち合いとなり、コーナーで体勢を入れ替えたサンチェスがストレートを連打する。さらに左右フックで前に出るサンチェス。手数で攻めるが、トモコの左右フックを浴びると頭が大きく揺れて印象が悪い。

 試合終了のゴングが鳴ると、両者とも精根尽き果てた表情。判定は2-1と割れたが、トモコが新チャンピオンの座に就 いた。トモコは「サンチェス選手は前よりもパワーがあって、対策を練っていたんですが予想外の攻め方をされて焦りました。J-GIRLSのベルトの価値を 上げるために、強い人に勝てるチャンピオンになりたいです」と語った。


▼セミファイナル(第8試合) 62kg契約 3分3R※ヒジあり
△黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/J-NETWORライト級王者、WPMF日本ライト級3位)
ドロー 判定0-1 ※28-29、29-29、
△ハチマキ(PHOENIX/WPMF日本ライト級4位)

▼第7試合 J-NETWORKライト級次期王者挑戦者決定戦 サバイバルマッチ1
○遠藤信玄(スクランブル渋谷/J-NETWORKライト級1位、WPMF日本ライト級1位)
判定2-0 ※29-28、29-29、30-29
●DYNAMITE祐太(TEAM Liquid FIST/J-NETWORKライト級2位)
※遠藤が次期挑戦権を獲得。

▼第6試合 スーパーライト級新人王トーナメント決勝戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
○林 祐太(天空・藤ジム)
TKO 3R2分10秒 ※セコンドからのタオル投入
●亀甲谷友則(きこや・とものり/ファイヤー高田馬場)
※林が優勝。

▼第5試合 60kg契約 サバイバルマッチ1
○前口太尊(PHOENIX/J-NETWORKライト級4位)
延長R 判定2-1 ※10-9、9-10、10-9
●皇治(こうじ/S.F.K/J-NETWORKスーパーフェザー級6位、TRIBELATEスーパーフェザー級チャンピオン)
※本戦は29-28、29-29、29-30

▼第4試合 スーパーライト級 サバイバルマッチ1
○富士丸亮太(天空・藤ジム)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●ケイスケ(頂上会テアゲネス)

▼第3試合 70kg契約 3分3R ※ヒジあり
△北斗拳太郎(ボスジム/J-NETWORKスーパーウェルター級4位)
ドロー 判定1-1 ※29-30、30-28、29-29
△伸彦 N720(エイワスポーツジム/WPMFスーパーウェルター級10位)

▼第2試合 フライ級 3分3R
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/WPMF日本フライ級7位)
判定3-0 ※三者とも30-28
●加藤洋介(チームドラゴン)

▼第1試合 59kg契約 3分3R
○下丈一朗(しも・じょういちろう/TARGET/J-NETWORKフェザー級7位)
判定3-0 ※三者とも30-29
●宮川翔太(TSX)

▼オープニングマッチ バンタム級 3分3R ※ヒジあり
○よーじろー(ウィラサクレック・フェアテックスジム/WPMFバンタム級10位)
判定3-0 ※29-27、30-28、30-28
●印南陽介(いんなみ・ようすけ/KS宇都宮)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果