TOP > 試合結果

【修斗】“マッハ2世”に一歩前進、中村が鷹島を下す

2013/02/23(土)UP

▲中村は何度も肩固めを仕掛けていったが、一本は奪えず

ガッツマンプロモーション
「プロフェッショナル修斗公式戦 SHOOTING DISCO 20 ~君のコブシは100万ボルト~」
2013年2月23日 (土)東京・新宿FACE

▼メインイベント ライト級 5分3R
○中村好史(マッハ道場)
判定3-0 ※30-27、29-28、29-28
●鷹島大樹(GUTSMAN)

 中村は桜井“マッハ”速人の弟子で、2011年に新人王を獲得し、クラスAにも昇格。今回は4勝1敗2分と順調に勝ち星を重ねてきた鷹島と対戦する。

 鷹島はクラスAでの試合は今回が初。中村は「この試合を乗り切れば世界ランキングも見えてくるだろう」とパンフレットに書かれている通り、重要な一戦となる。

 1R、ジャブで圧力をかけて前に出る中村に、鷹島はタックル。中村は上から潰してフロントチョークを仕掛ける。脱出した鷹島が上になって抑え込み、そのままのポジションをキープし続けた。

 2Rが始まってすぐに鷹島がタックル、中村は受け止めてコーナーへ押し込む。離れると中村のローキックに鷹島がタックルを仕掛けるが、中村が逆に持ち上げてテイクダウンを奪う。中村の肩固めにキャッチ(関節技が極まりかけている時にレフェリーが出すサイン)が入ったが、なかなか極まらず。中村は技を解いて上に乗り、そのままこのラウンドを終えた。

 3Rも始まってすぐにタックルを仕掛ける鷹島。しかし、中村が受け止めてバックを奪いに行く。離れてパンチで前に出る中村は、鷹島を持ち上げてマットに叩きつける。そして再び肩固め。

 鷹島が脱出して立ち上がると、中村はまた持ち上げてテイクダウンし、執拗な肩固め。これも極まらず、中村は最後にマウントからパンチを落としてダメ押し。判定勝ちとなった。

 中村はマイクを持つと「また凄くしょっぱい(試合内容だ)し、もっとアグレッシブにアクティブに行きたかったんですが、すいません。肩固めで極めたかったです。

 ずっと判定勝ちばかりですが、クラスAに上げてもらったので上の人たちにチャレンジしていきたい。次は一本を取ります」と、反省&今後の抱負を述べた。


 

▲菅原が背後からのスリーパーを極め、スリーパー合戦を制した

▼セミファイナル バンタム級 5分3R
○菅原雅顕(すがわら・まさあき/和術慧舟會Duroジム)
一本 3R3分19秒 ※スリーパーホールド
●のぶ渡辺(roots)

 菅原は昨年3連敗を喫してスランプのどん底にいたが、最終戦の12月大会では大阪で一本勝ちを飾って復活した。対する渡辺にとっては、格上を倒してステップアップするチャンス。

 1R、渡辺がパンチで圧力をかけていくと、菅原もパンチで対抗してハイキックも繰り出す。

 渡辺は組み付くとテイクダウンを奪う。両者立ち上がると菅原のフックに渡辺がタックルを合わせ、バックを奪って菅原を倒す。渡辺は上からパンチを叩き込み、さらにスリーパーを仕掛けるとキャッチが入った。

 2R、渡辺はフックを振りながら前進、菅原が打ち合おうとするとタックルに入る。しかし、倒れ際に菅原が体勢を入れ替えてバックを奪い、今度は菅原がスリーパーを仕掛ける。

 これを外した渡辺が上になってパンチを落とす。何とかこのピンチを脱出する菅原。

 中盤を過ぎると渡辺の勢いが衰え、タックルを仕掛けても下になってしまう場面が目立つ。菅原はバックを奪ってスリーパーを狙い、渡辺もしつこくタックルへ行く。

 3Rが始まってすぐに、パンチの打ち合いから渡辺がタックルでテイクダウン。菅原はバックを奪いに行って立ち上がり、渡辺は組み付く。菅原は再びバックを奪ってスリーパー。これは極まったかに見えたが、渡辺は脱出に成功して上になる。

 すると今度は渡辺がバックを奪って逆襲のスリーパー! これを脱出した菅原がまたバックを奪い返し、さらにお返しのスリーパー! 今度は極まり、菅原が一本勝ちで熱戦に終止符を打った。


 

▲内藤(左)が腕十字を極めて鮮やかな一本勝ち

▼第8試合 フライ級 5分3R
○内藤のび太(パラエストラ松戸)
一本 3R3分10秒 ※腕ひしぎ十字固め
●阿藤リトル(GUTSMAN)

 内藤は2012年新人王トーナメントフライ級優勝者で2戦無敗。同じジムのジャイアン貴裕に続く『ドラえもん』キャラでのび太君を演じる。対する阿藤は8戦のキャリアを持つ。

 1R序盤からパンチで打ち合う両者、阿藤がローキックも交えて前に出る。

 内藤は阿藤が攻めて来るとタックルで組み付き、持ち上げてテイクダウンを奪う。内藤は立ち上がろうとする阿藤に組み付いたままで、何度も両足を引き付けてテイクダウンする。

 2R、パンチで攻める阿藤に内藤も打ち合う姿勢を見せるが、阿藤が打ち気になるとタックルを合わせてテイクダウン。

 阿藤が立ち上がろうとするとヒザ蹴りを入れ、再び両足を引き付けてテイクダウン。これが何度も繰り返されて劣勢の阿藤だったが、ラウンド終了間際には豪快なジャーマンスープレックスで内藤を投げた。

 3R、パンチで迫る阿藤を内藤がまたしてもタックルでテイクダウン。内藤はマウントポジションを奪ってパンチのラッシュ! 逃げようとする阿藤にパンチを打ち込み続け、最後は満を持しての腕十字! 鮮やかな一本勝ちを飾った。

▼第7試合 ウェルター級 5分2R
○藤巻 優(パラエストラ小岩)
判定3-0 ※三者とも20-18
●coBa(SHOOTO JAM WATER)

▼第6試合 フェザー級 5分2R
○合島大樹(GUTSMAN)
KO 1R3分28秒 ※右ストレート
●誠(SHOOTO GYM K’zFACTORY)

▼第5試合 ライト級 5分2R
△河野啓太(GUTSMAN)
ドロー 判定1-0 ※20-19、19-19、19-19
△斉藤 裕(パラエストラ小岩)

▼第4試合 フェザー級 5分2R
△金物屋の秀(SHOOTO GYM K’zFACTORY)
ドロー 判定0-0 ※三者とも19-19
△北村 潔(クロスワンジム湘南)

▼第3試合 ライト級 5分2R
○藤田ブロディ(パラエストラ松戸)
判定2-0 ※19-18、19-19、19-18
●海下竜太(パラエストラ葛西)

▼第2試合 フライ級 5分2R
○太田トモアキ(パラエストラ小岩)
一本 2R2分40秒 ※腕ひしぎ十字固め
●HIRO(SAI-GYM)

▼第1試合 2013年度新人王決定トーナメント1回戦 バンタム級 5分2R
○鳥越 顕(和術慧舟會AKZA)
判定2-0 ※20-18、20-18、19-19
●飯野健夫(和術慧舟會HEARTS)
※鳥越が2回戦に進出。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果