TOP > 試合結果

【UFC】ヴァンダレイ・シウバが大激闘をKOで制す!場内総立ち

2013/03/03(日)UP

ZUFFA
「UFC JAPAN 2013」
2013年3月3日(日)さいたまスーパーアリーナ

▲ヴァンダレイ・シウバ(左)がブライアン・スタン(右)に左ハイ!

▼ダブルメインイベント第2試合 ライトヘビー級 5分5R
○ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)
KO 2R4分8秒 ※パウンド
●ブライアン・スタン(アメリカ)

 大歓声に迎えられ、シウバがPRIDE時代に数々の名勝負を演じた「さいたまスーパーアリーナ」に再登場! オクタゴンに入り拳を突き上げると場内のボルテージはピークに達した。シウバが日本で試合をするのは2006年9月のミルコ・クロコップ戦以来。これまでUFCでは主にミドル級(-83.9kg)で戦っていたが、今回はライトヘビー級(-93.0kg)での試合となる。

 1R、前に出たのはスタンの方だった。シウバをケージに追い詰めると左右フックを打つが、シウバが左フックを打ち返してスタンにヒザを着かせる。

 すかさず首相撲からのヒザ蹴りに持ち込んだシウバだったが、逆にスタンのフックをもらってヒザを着いてしまう。スタンのパンチをもらうと、シウバはニヤリと笑いながら前へ出て、足を止めての打ち合いを挑む! 

 大歓声の中、両者のフックが交錯するが、シウバが打ち負けてタックルへ。両者離れると再び打ち合いを挑むシウバ。スタンのローキックがローブローとなり、試合は一時中断となった。再開後も前に出るのはスタン。右ローにシウバはフックを返し、スタンは鼻血を出すが、スタンの前進は止まらない。左右フックでラッシュをかけるスタンにシウバも足を止めて打ち返し、シウバがグラつく!

 すぐに首相撲にスタンをつかまえてヒザ蹴りに持ち込むシウバ。今度はシウバの左右フックでスタンがグラつき、シウバがラッシュを仕掛ける。

 するとさらにスタンのフックをもらってシウバが倒れ、スタンが上になる。ラウンドが終了し、起き上がったシウバの上半身はスタンの鼻血で真っ赤に染まっていた。

 2R、前に出るスタンに右フックを打ち込んで離れるシウバ。スタンは左ロー、シウバはそのローにフックを合わせようとする。パンチで突っ込むシウバにスタンもパンチを打ち返す。

 スタンの前蹴りがまたもローブローとなってしまい、場内からはブーイング。再開後、シウバはやはりスタンのローに左右フックを返す。徐々に前へ出始めるシウバにスタンは右へ回り込んで行く。

 シウバも右ロー、ジャブ。スタンは右へ回り込み続け、両者手が出ない状態となった。その瞬間、シウバが頭を下げていきなり飛び込んで右フックからの左フック! バッタリと後方へ倒れるスタン! シウバはそこへ追撃の右パンチを連打! レフェリーが試合をストップし、シウバがKO勝ち! シウバがケージの上に昇り、勝利をアピールすると場内は総立ちとなり、大歓声と拍手が沸き起こった。

 シウバはマイクを向けられると、日本語で「元気ですかーっ!」とアピール。「皆さんの前で勝てて本当によかった、ありがとう! 日本のファンの皆さんが応援してくれたから勝てた。本当にありがとう」と叫んだ。また、敗れたスタンは「残念だが、シウバは本当に素晴らしいファイターだ。彼と戦えて光栄だった」とインタビューに答え、敗れたスタンにも大きな拍手が送られた。

 試合後、この試合にはファイト・オブ・ザ・ナイト賞(ベストファイト賞)が贈られ、シウバはKO・オブ・ザ・ナイト賞(最も素晴らしいKO勝ちをした選手に贈られる賞)も受賞した。


▲213cmの長身ストルーブ(右)を左フックでKOしたマーク・ハント(左)

▼ダブルメインイベント第1試合 ヘビー級 5分3R
○マーク・ハント(ニュージーランド)
TKO 3R1分44秒 ※左フック
●ステファン・ストルーブ(オランダ)

 ハントは2001年のK-1ワールドGP(ヘビー級トーナメント)優勝の実績を持ち、現在UFCで3連勝(2KO)中。今回の対戦相手ストルーブはUFC最長身(213cm)で最も長いリーチ(215cm=UFC世界ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズとタイ記録)を持つ身長178cmのハントが見上げるような大男だ。ストルーブも現在4連勝中と波に乗っている。

 1R、ストルーブはジャブと前蹴りで手足の長さを活かした戦い方。それに対してハントは踏み込んで左右フックとボディへのストレート。果敢に飛び込んでフックを放つハントに場内から声援が飛ぶ。ストルーブが組み付くと、ハントが胴タックルでテイクダウン。ストルーブはハントの両腕を抱えると引っくり返して上になり、マウントポジションを奪った。

 上からパンチを落とし、嫌がって背を向けるハントにストルーブが腕十字。これを逃れたハントが上になり、上からフックを見舞う。下から両足をからめて関節技を狙うストルーブにハントはパンチを見舞っていき、サイドポジションを奪う。

 2Rが開始してすぐ、ハントが右フックをヒットさせる。その後もフックがヒットし、ハントはニヤリ。ストルーブのジャブに仰け反らされるが、左フックから右フックをクリーンヒットさせる。

 右ボディから右フック、ハントがパンチをヒットさせるたびに歓声が沸き起こる。ストルーブもジャブを返すが、ハントがパンチを出してくるとガードをガッチリと固めて動きが止まってしまう。

 さらにハントはストルーブが組み付いてくると、鮮やかな足払いでテイクダウン! ストルーブが下から仕掛けてきた足関節技から抜け出し、サイドポジションを奪う。

 しかし、ストルーブが立ち上がり、テイクダウンを奪い返すと一気にマウントポジション。パンチを連打するが、なんとここでハントが体勢を引っくり返して上になる! 大歓声が起こった。

 3R、ハントはボディブローをヒットさせ、左フックでストルーブを大きくグラつかせる! ストルーブはジャブ、右ストレートで突き放そうとするが、ハントはジャブを出しながら前へ出て右ストレートと左フック。ストルーブもジャブをクリーンヒットさせ、ハントの顔は腫れ上がる。

 ケージ際に追い詰められたハントだが、鬼の形相で前に出る。この気迫に押されたか、下がったストルーブにハントが右フックから左フック! ストルーブの巨体が大木のように倒れ、立ち上がることが出来なかったため、ハントが豪快なTKO勝ち! 興奮した観客が総立ち状態になる。大歓声に手を上げて応えるハント。場内の興奮はしばらく冷めることがなかった。試合後、ハントにはKO・オブ・ザ・ナイト賞が贈られた。


 

▲強豪ディエゴ・サンチェス(左)に惜敗した五味隆典(右)

▼第4試合 ライト級 5分3R
○ディエゴ・サンチェス(アメリカ)
判定2-1 ※29-28、28-29、29-28
●五味隆典(ラスカルジム)

 五味がPRIDEで数々の激闘を繰り広げて来た、さいたまスーパーアリーナに帰って来た。昨年2月26日の『UFC JAPAN』以来、約1年ぶりに日本で試合を行う。今回は3連勝を懸けてUFCライト級の強豪サンチェスと対戦。昨年11月10日のUFCマカオ大会で五味がマック・ダンジグに判定勝利した直後、サンチェスが「3月2日のUFC日本大会で五味とやりたい」とツイッターでアピール。その対戦が実現することになった。

 五味はPRIDE時代と同じ入場テーマ曲で入場。場内からは大歓声が沸き起こる!

 1R、サウスポーのサンチェスに対し、五味はオーソドックスに構える。ジリジリと間合いを詰め、左右フックを放つ五味にサンチェスはローキック。五味は左手を小刻みに前に出してけん制し、構えを左右にスイッチ。サンチェスがパンチを放ってくると左右フックを打ち返す。

 前に出る五味がサンチェスのローに右フックを合わせるが、これは後頭部に当たってしまい注意を受ける。その直後、サンチェスがタックルで五味をテイクダウンしたが、五味はすぐに立ち上がる。場内は五味コールに包まれ、五味は前に出てボディ、顔面へパンチを放つ。サンチェスの左ローには左フック。さらにボディを打って行く。五味は鋭いジャブ、サンチェスがパンチを打ち返してくると強烈な右ボディブロー! 

 サンチェスのタックルで倒されるが、すぐに立ち上がる。五味はジャブを突き刺し、右のボディブロー。前に出続け五味にサンチェスもパンチとローを返してくるが、五味のボディブローが炸裂する。五味の右ハイキックを受け止めたサンチェスが倒したところでラウンド終了。

 2R、ジャブを出しながら前に出る五味はプレッシャーをかけ続け、サンチェスのパンチにはボディブローを合わせる。右のボディブローが突き刺さり、サンチェスはローを返して離れる。このローがローブローとなって試合は一時中断。サンチェスがフックを繰り出すと五味は左右フックからボディブロー。どんどんプレッシャーをかけて前に出る五味。ジャブの相打ちに五味が声をあげて仰け反る場面もあるが、五味は怯まずに前へ出てボディを打って行く。

 五味は右インローから左フック、サンチェスも前蹴りと左ボディで五味のボディを狙ってくる。サンチェスのタックルは五味がしっかりと潰し、スタンドの展開が続く。サンチェスの強烈な左ミドルキック! しかし五味も左右フックで突進する。

 3Rが始まる直前、五味が両手を広げて観客をあおると、場内から大歓声と五味コールが沸き起こる。五味はプレッシャーをかけて前に出て、ボディブローから左右フック。

 五味のジャブにサンチェスもジャブを返すが、五味は下がらず左右に構えをスイッチしながら前に出続ける。五味の右ストレート、サンチェスは前蹴りで距離を取ろうとする。五味は気合いの声を発しながら、インローとジャブ。

 サンチェスの左ミドルをもらう五味だが、続くタックルはしっかりと潰す。五味のパンチに左ハイキックを合わせるサンチェスだが、五味はかわす。

 五味が右ボディから左フック、サンチェスのタックルを突き放し、サンチェスの左ミドルに左右フックを返すが空振り。ラスト数秒でサンチェスが左右フックのラッシュ! 五味がケージまで追い詰められる! そして試合は終了を迎えた。

 勝利を確信した五味は両拳を突き上げて歓声に応えたが、判定は2-1でサンチェス! 場内からは判定を不服としてブーイングも沸き起こったが、五味はサンチェスの手を上げて勝利を称えた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果