TOP > 試合結果

【Krush】高校卒業の木村ミノルが倒し倒され、また倒す

2013/03/03(日)UP

グッドルーザー
「Krush-IGNITION 2013 vol.2」
(夜の部)
2013年3月3日(日)東京・新宿FACE

▲木村(右)が強烈なパンチのラッシュでKO勝ち

▼メインイベント(第7試合) Krush -63kg Fight 3分3R延長1R
○木村ミノル(マイウェイジム)
KO 1R2分19秒 ※3ノックダウン
●佐々木大蔵(チームドラゴン)

 木村と佐々木は共にK-1甲子園出身。木村はパンチを武器にKOを量産してきたハードパンチャーで、昨年9月9日のKrush初参戦ではKO負けを喫したが、その後は2連続KO勝ち中。一方、佐々木はチームドラゴンの新鋭として注目を集め、Krushで2連勝している。

 レフェリーチェックで両者がリング中央に歩み出ると、佐々木は鋭い目つきで木村を睨みつける。それに対して木村は涼しい表情を浮かべた。

 1R、木村は見るからに重いジャブ、右ロー、左ボディで攻める。佐々木は左ロー。木村は左フックを何度か叩き、タイミングをつかんだのか左ボディからの左フックで佐々木からダウンを奪う。

 吹っ飛ぶようにして倒れた佐々木が立ち上がると、木村は佐々木をコーナーへ追い詰めて左右フックで怒涛のラッシュ。佐々木は座り込むようにして2度目のダウンを喫した。

 もう後がない佐々木は、トドメを刺そうとパンチでラッシュをかけてきた木村に左ミドルキック。これで木村の動きが止まる。すかさずヒザ蹴りでボディを狙っていく佐々木。そして左ミドルからの右ストレートでダウンを奪い返す!

 まさかの逆転劇に場内は大いに盛り上がり、木村は顔からマットに沈んで全身の力が抜けたようだ。このまま佐々木がKO勝ちするかと思われるほどの強烈なダウンだったが、木村は何とか立ち上がる。

 佐々木は左ミドルとパンチで逆転KOを狙いに行くが、木村も反撃。激しい打ち合いとなるが、木村がパワーで押して最後は右フック! 木村が佐々木に逆転KO勝ちを許さず、3度目のダウンを奪ってKO勝ちした。

 木村はマイクを持つと「一発もらってクラクラしているので上手く喋れないかもしれませんが、無事高校を卒業しました!」と卒業を報告。場内から“おめでとう”の声が飛ぶ。

 そして「実は4月から僕は前から出稽古に行っていた久保優太選手のFighting Kairosに移籍することになりました」とジムの移籍を発表した。

 これから3年間は「今までお世話になった感謝の意味で」マイウェイジムと両方の所属を名乗るとし、「僕は格闘技界を背負って引っ張って行く存在になるので期待してください!」と高らかに宣言した。


▲ハードパンチャーの後藤(右)が緒方(左)をマットに沈めた

▼セミファイナル(第6試合) Krush -63kg Fight 3分3R延長1R
○後藤眞暢(ごとう・まさのぶ/triple-y)
KO 1R1分47秒 ※3ノックダウン
●緒方 惇(チーム緒方)

 後藤は4勝(4KO)2敗と勝った試合は全てKOのハードパンチャー。緒方はアマチュアボクシングで国体準優勝の実績を持つサウスポーで、昨年7月14日にISKAインターコンチネンタル63kg級王者・谷山俊樹をKOして名をあげた。

 1R、後藤は徹底的に強い右ローを蹴り、ペースを握っていく。

 緒方はそのローに左ストレート、左フックを合わせに行くが、後藤は右ローを躊躇せずに蹴る。そしていきなりのパンチ連打で緒方を下がらせてダウンを奪う。

 そこから一気にラッシュを仕掛ける後藤が左右フックでダウンを追加。最後も左右フックで緒方を大の字にさせ、秒殺KO勝ちを飾った。

 後藤はマイクを持つと「自分、今日が24歳の誕生日です」とアピール。場内からは“おめでとう”の声と拍手が起こる。

「24年間かわいがってくれたお兄さんがこの前、結婚して。今日は九州の大分から見に来てくれました。ずっと心配をかけ続けてきたけど、俺はもう大丈夫って言いたかった」と涙ながらに語った。そして、「最後にもう一言、宮田さん、お誕生日おめでとうございます!」と宮田充Krush代表にメッセージを送った。


 

▲1Rにダウンを奪った小鉄(右)が勝利を収めた

▼第5試合 Krush -70kg Fight 3分3R延長1R
○小鉄(スクランブル渋谷)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-26
●松村☆D☆HIRO克(シルバーウルフ)

 松村と小鉄は昨年11月23日の新宿FACE大会でともに敗れており、Krush -70kg級戦線の生き残りを懸けた一戦となる。

 1R、小鉄は右ローを狙い撃ちし、松村は頻繁にスイッチしてジャブを打たずにいきなりストレートを打ち込んで来る。ローとパンチで上下に揺さぶりをかける小鉄は、松村が飛び込もうとしたところに左フックを合わせ、ダウンを奪った。

 2R、小鉄はボディから顔面へのパンチのコンビネーションと右ロー。パンチで圧倒する場面も見られたが、松村はトリッキーな動きからアッパーとフックを振り回し、さらにノーガードとなって挑発する。

 3R、カウンターのヒザを狙う松村に小鉄は右ハイキックからパンチのラッシュ。これで松村は右目上から流血。再開後は松村が右ハイで逆転KOを狙うが、小鉄がヒザ蹴りの連打とボディブローで優勢に立ち、判定勝ちを収めた。


▼第4試合 Krush -55kg Fight 3分3R
○戸邉隆馬(シルバーウルフ)
KO 3R1分34秒 ※右ローキック
●鎌田裕史(韓道場)

▼第3試合 Krush -60kg Fight 3分3R
○翔太(シルバーウルフ)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●水嶋貴大(BONDS)

▼第2試合 Krush -58kg Fight 3分3R
○塙 隆雄(はなわ・たかお/DUROジム)
判定3-0 ※30-27、29-27、29-27
●SHO-YA(チームドラゴン)

▼第1試合 Krush -55kg Fight 3分3R
○Shi-mo(KSSフェニックス)
判定3-0 ※三者とも29-28
●勝大(シルバーウルフ)

▼オープニングファイト Krush -70kg Fight 3分3R
○西内貴洋(チームドラゴン)
KO 3R1分4秒 ※ボディへのヒザ蹴り
●長谷川豊(KFG)

グッドルーザー
「Krush-IGNITION 2013 vol.1」(昼の部)

▼メインイベント(第7試合) Krush -60kg Fight 3分3R延長1R
○悠矢(大和ジム)
KO 2R1分30秒 ※右ストレート
●北井智大(チームドラゴン)

▼セミファイナル(第6試合) Krush -63kg Fight 3分3R延長1R
○高橋幸光(はまっこムエタイジム)
KO 2R2分34秒 ※パンチ連打
●ユウキ・テイル・旬(ドラゴンテイル)※初参戦

▼第5試合 Krush -60kg Fight 3分3R延長1R
○松野祐貴(NPO JEFA)
判定3-0 ※三者とも30-29
●渡辺 武(Booch Beat)

▼第4試合 Krush -60kg Fight 3分3R延長1R
○平塚大士(チームドラゴン)
判定2-0 ※30-30、30-29、30-28
●加藤 港(チャモアペットムエタイアカデミー)

▼第3試合 Krush -58kg Fight 3分3R
○林 京平(JTクラブジム)
判定3-0 ※30-27、30-27、29-27
●耀織(Y’s glow)
 
▼第2試合 女子46kg契約 2分3R
△楓花(ドージョー☆シャカリキ)
ドロー 判定1-0 ※30-29、30-30、30-30
△キラッ☆Chihiro(魁塾)
 
▼第1試合 Krush -55kg Fight 3分3R
○YOSHIKI(晴山塾)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●隆聖(ドージョー☆シャカリキ)

▼オープニングファイト Krush -63kg Fight 3分3R
△一真(ポゴナクラブ)
ドロー 判定1-0 ※30-29、30-30、30-30
△デンジャー内山(TEN CLOVER GYM)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果