TOP > 試合結果

【UFC】ジョン・ジョーンズ、ソネンを1RKO!5度目の防衛に成功

2013/04/27(土)UP

ZUFFA
「UFC 159」
2013年4月27日(土・現地時間)アメリカ・ニュージャージー州ニューアーク プルデンシャル ・センター

▼メインイベント(第11試合) ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
○ジョン・ジョーンズ(アメリカ/ライトヘビー級王者)
TKO 1R4分33秒 ※レフェリーストップ
●チェール・ソネン(アメリカ/ミドル級9位/挑戦者)
※ジョーンズが5度目の防衛に成功

 王者ジョーンズは、2011年3月に元PRIDEミドル級王者マウリシオ・ショーグンを破ってUFCライトヘビー級のベルトを奪取し、以来4連続防衛中。対するソネンは、これまでミドル級で活躍し、今回1階級上の王座を狙う。 

 1R、距離を詰めるソネンに対し、ジョーンズがタックルでテイクダウン。ソネンがすぐに立ち上がるもジョーンズが再び組み付いてテイクダウン。上を取ったジョーンズだが、ソネンは金網を背に立ち上がる。離れたジョーンズは回転ヒジ!

 組み付いたジョーンズは両足を刈るようにテイクダウンする。ジョーンズはソネンのボディにヒジ。さらにソネンの腕を掴みながらヒジの連打。ソネンは立ち上がろうとするが、ジョーンズがしっかりと押さえ込む。 そしてソネンを金網に押し込みながらヒザ!

 パウンド、ヒジの連打を浴びせると、ソネンは顔面から流血しながら防戦一方となり、レフェリーがストップ! ジョーンズが圧勝で5度目の防衛に成功した。


 

▼第10試合 ミドル級 5分3R
○マイケル・ビスピン(イギリス/ミドル級4位)
3R負傷判定3-0 ※30-27、30-27、29-28
●アラン・ベルチャー(アメリカ/ミドル級10位)

 1R、探り合いの中、ベルチャーが左ミドル、左ハイ。ビスピンはしっかりブロックしプレッ シャーをかける。ベルチャーは前蹴りで相手のヒザを蹴り間合いをとる。ベルチャーはスイッチしながら右アッパー。ビスピンはワンツー。お互いに打撃を交錯させる。ビスピンの左ジャブでベルチャーは尻餅をついたが、すぐに立ち上がる。ほぼ打撃のみの攻防で1R終了。

 2R、ビスピンは左ロー。ベルチャーが前に出ると、ビスピンは下がりながらも細かい連打を当てていく。ベルチャーがワンツー。ビスピンも連打を返していく。ビスピンのパンチが徐々にヒットし始め、ベルチャーが押され気味。接近戦で打ち合ったところでゴング。

 3R、ベルチャーが出てきたところに、ビスピンは左ジャブ。ベルチャーは攻撃を当てたいところだが、ビスピンの左ジャブで後退。ビスピンの細かい連打がヒットし、ベルチャーがぐらつく。ベルチャーは打撃を嫌がる素振りを見せ、ビスピンが打撃で優位に試合を組み立てる。距離を詰めたところでビスピンが左フック。ここでビスピンの指がベルチャーの目に入り、ビスピンが倒れこむ。ベルチャーは試合続行不可能となり、試合は終了。ここまでの判定となり 、ビスピンが勝利を収めた。


 

▼第9試合 ヘビー級 5分3R
○ロイ・ネルソン(アメリカ/ヘビー級6位)
KO 1R2分3秒 ※右フック
●ジェイク・コンゴ(フランス)

 1R、右ローのコンゴに対し、ネルソンはその足をキャッチしながらタックルを仕掛け金網に 押し込む。差し合いで膠着したためにブレイク。ネルソンがプレッシャーをかけながら右フック! この強烈な一発でコンゴがぶっ倒れ、ネルソンが追撃のパウンドを放ったところで即座にレフェリーがストップ。ネルソンが豪快なKO勝利を収めた。


 

▼第8試合 ライトヘビー級 5分3R
○フィル・デイビス(アメリカ/ライトヘビー級8位)
判定3-0 ※30-27、30-27、29-28
●ヴィニシウス・マガリャエス(ブラジル)

▼第7試合 ライト級 5分3R
○パット・ヒーリー(アメリカ)
一本 3R4分3秒 ※チョークスリーパー
●ジム・ミラー(アメリカ)

▼第6試合 ライト級 5分3R
○ルスタム・ハビロフ(ロシア)
TKO 1R2分32秒
●ヤンシー・メディロス(アメリカ)※初出場

▼第5試合 ライトヘビー級 5分3R
○オーヴィンス・サンプレー(アメリカ)
負傷判定2-0 ※30-28、30-29、29-29
●ジアン・ヴィランテ(アメリカ)

▼第4試合 女子バンタム級 5分3R
○サラ・マクマン(アメリカ)※初出場
KO 1R4分6秒
●シーラ・ガラ(ドイツ)※初出場

▼第3試合 バンタム級 5分3R
○ブライアン・キャラウェイ(アメリカ)
一本 3R4分44秒 ※ギロチンチョーク
●ジョニー・ベッドフォード(ブラジル)

▼第2試合 フェザー級 5分3R
○コディー・マッケンジー(アメリカ)
判定3-0 ※29-28、30-27、30-27
●レオナルド・ガルシア(アメリカ)

▼第1試合 フェザー級 5分3R
○スティーブン・サイラー(アメリカ)
判定3-0 ※三者とも29-28
●カート・ホロボー(アメリカ)※初参戦

※この大会は4月29日(月・祝)深夜0:00より「WOWOWライブ」にて放映。次回『UFC 160』は5月26日(日)午前11:00より『WOWOWプライム』にて生中継。 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果