TOP > 試合結果

【デモリッション】名古屋HEATの選手が圧勝、軍団抗争へ

2013/06/16(日)UP

▲上を奪った春日井がパンチの嵐でKO勝ち

シグマコーポレーション
「DEMOLITION 17」
2013年6月16日(日)大阪・アゼリア大正

▼第8試合 フライ級 5分2R
○春日井健士(志村道場)
KO 2R1分49秒 ※グラウンドパンチ
●吉田朋彦(G‐FREE)

 前売りも当日も共にチケットが完売し、ニューウェーブファイターの台頭で、第1試合から湧きに湧いた今回の『DEMOLITION 17』。しかし、メインでは名古屋の格闘技大会『HEAT』の春日井が、『DEMOLITION』の吉田を圧倒した。

 1R、スタンドの差し合いで両者がもつれるように回転、このレスリングの攻防に観客が沸く。トップを取った春日井がパンチを振り下ろし、下の吉田はガードポジションから三角絞めを仕掛ける。ハーフだろうがサイドだろうがポジションを気にしない春日井は、あくまで強引にトップをキープしたままグラウンドパンチの速射砲。

 攻防が止まった3分過ぎにブレイクで再開後、またもテイクダウンを奪った春日井が、終始、グラウンドパンチでプレッシャーを与え続ける。

 2R、スタンドレスリングでテイクダウンの取り合い。コーナーに詰まった春日井は、起死回生の外掛けをミスってバランスを失い、一瞬、上を取った吉田が回転して腕十字へ。これも先を読み、サイドに回った春日井がボディーへのヒザ蹴りを効かせ、ハーフガードからグラウンドパンチ。最終的にはマウントパンチで勝利のゴングが鳴った。

 春日井が圧巻の勝利。この結果を受け、早くも仕返しの舞台が7月28日、『HEAT 27』神戸大会に用意された。DEMOLITIONは元UFCファイターのFALOを推薦選手に抜擢し、現チャンピオンのグッドマン田中、今回勝利したじゅん、前回一本勝ちの須田智行など、多数の選手投入を決定。HEATとの軍団抗争へ突入することとなった。


▲じゅん(左)が立ち技で主導権を握った

▼第7試合 バンタム級 5分2R
○じゅん(総合格闘技道場reliable)
KO 2R4分25秒 ※グラウンドパンチ
●北川公崇(総合格闘技YJ)

 1R、挨拶代わりに放ったじゅんの左ミドルが、屈んだ北川の側面を捉える。序盤からペースを掴んだじゅんが、ロー、フックとノリノリの攻めに入る。相手のリズムを崩そうと引き込む北川だが、スタンド勝負のじゅんが直ぐさま立ち上がる。

 立ち技で分が悪い北川は防戦一方となり、シングルレッグタックルでグラウンドに持ち込むが、またもじゅんにトップを許してしまい、インサイドガードからでも強烈なパンチをお見舞いされる。逆にじゅんは、セコンドに時間を確認する等、勝機を覗う余裕さえ感じられる。

 2R、スタンドの攻防が続く中、不意に出したじゅんのジャンピングストレートを、北川が潜り込む形でテイクダウンに成功。千載一遇のチャンスだったが、下からでも巧みに打撃を繰り出すじゅんが立ち上がる。

 コーナーに詰められたじゅんは、テイクダウンに来た北川をガブった状態でパンチの雨あられ。動作が無くなった北川を見てレフェリーが試合をストップした。

 じゅんは試合後のマイクで、来月、地元・神戸開催となるHEATへの出陣と、DEMOLITIONバンタム級タイトルマッチを志願した。


▼第6試合 フェザー級 5分2R
○天草ストロンガー四郎(総合格闘技チームソフトコンタクト)
判定3-0 ※三者とも20-18
●りょうげ(Team Clutch)

▼第5試合 ウェルター級 5分2R
試合中止

▼第4試合 フェザー級 5分2R
○服部賢大(修斗GYM神戸)
判定2-0 ※20-19、20-19、20-20
●幡司強(和術慧舟會兵庫支部)

▼第3試合 ‐55kg契約 5分2R
○龍野真一郎(和術慧舟會兵庫支部)
判定3-0 ※三者とも20-19
●土居龍之介(TKエスペランサ)

▼第2試合 バンタム級 5分2R
○辻川凌平(創道塾)
判定3-0 ※20-19、20-19、20-18
●秋葉太樹(総合格闘技道場reliable)

▼第1試合 バンタム級 5分2R
○土井勝幹(総合格闘技ゴンズジム)
判定2-0 ※20-19、20-19、19-19
●藤中淳司(シューティングジム大阪)

▼OPファイト第3試合 フェザー級 3分2R
○Dark yoshi(志道場 チームスナイパー)
判定3-0 ※20-19、20-18、20-18
●児玉憲作(和術慧舟會山口支部)

▼OPファイト第2試合 フェザー級 3分2R
○若松尚太(グッドマンジム)
判定3-0 ※20-18、20-18、19-18
●武羅悪(総合格闘技闇愚羅)

▼OPファイト第1試合 ライト級 3分2R
○玉木壽成(総合格闘技チームソフトコンタクト)
一本 2R2分17秒 ※腕ひしぎ十字固め
●コウキ(格闘華SUSANO)


 また、昼の部で行われた立ち技格闘技大会『HIGH SPEED 5』の試合結果は次の通り。

▼第8試合 スーパーライト級 3分3R
○半田喜蓮(NJKF誠至会/NJKFライト級6位)
KO 1R1分56秒 ※ボディーブロー
●甲斐将太(亀岡キックボクシングジム)

▼第7試合 ウェルター級 3分3R
○福田裕介(PLACE-K)
TKO 1R15秒 ※ローキックのブロックによる負傷
●キクリン(猛者連)

▼第6試合 ‐70kg契約 3分3R
○鹿津シンジ(月心会)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-29
●嶋田昌洋(志真會館)

▼第5試合 スーパーバンタム級 3分3R
○小野剛史(SFK/KOSスーパーバンタム級王者)
KO 2R1分58秒 ※右フック
●バレット(INSPIRE.S)

▼第4試合 -58kg契約 3分3R
○半田一覇(NJKF誠至会)
KO 2R1分53秒 ※右ストレート
●下田大助(チームバルボーザジャパン)

▼第3試合 ライト級 3分3R
○大西宗治(SFKキックボクシングジム/60.7kg)
判定3-0 ※三者とも30-26
●高木悠介(BFA SEED)

▼第2試合 ‐60kg契約 3分3R
○小田遼太(SFKキックボクシングジム)
判定3-0 ※三者とも29-28
●イッシー石原(頂上会テアゲネス)

▼第1試合 -65kg契約 3分3R
○長谷川晋佑(PLACE-K)
判定3-0 ※29-27、29-26、29-28
●高間竜也(亀岡ジム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果