TOP > 試合結果

【ムエタイ】“天才ムエタイ少女”伊藤紗弥が敵地で防衛

2013/08/11(日)UP

eFightの「M-1ムエタイチャレンジ」特集
藤原ジム4人衆のガチンコ総当り戦スパーリング、神村エリカにウィラサクレック会長がヒジ打ちを直伝、腕を折る強いミドルキックを蹴る方法、ムエタイの首相撲テクニックなどの動画に加えて出場選手インタビュー多数

▲暫定世界王座の防衛に成功した伊藤。来年はいよいよ日本でのプロデビューが可能となる

 8月10日~12日(土~月・現地時間)に日本のムエタイ大会『M-FIGHT』の精鋭たちがタイ遠征試合を行った。

▲白鳥はムエタイの殿堂ルンピニーでKO勝利

 先陣を切ったのはWPMF日本スーパーフェザー級4位・白鳥大珠(尚武会)。10日のルンピニースタジアムに出場し、左ハイキックでタイ人選手に1RでKO勝ち。

 白鳥は9月8日(日)にWPMF日本スーパーフェザー級次期挑戦者決定戦への出場が決定しており、弾みをつけた。

 11日にはバンコク・WPMF事

▲渡辺もKOで日本に勝利をもたらした

務局特設会場にて、WPMF日本スーパーバンタム級3位・渡辺優太(エイワスポーツジム)が4Rに右ボディから左ストレートでタイ人選手にKO勝利。渡辺も9月15日(日)にWPMF日本スーパーバンタム級王座決定戦への出場が決定しており、弾みをつけることに成功した。

“天才ムエタイ少女”伊藤紗弥(尚武会)はWPMF世界ピン級暫定王座防衛戦に出場(当初は王座統一戦の予定であったが、暫定王座防衛戦に変更となった)。判定で伊藤が大差で勝利し、初防衛に成功。また、佐々木雄汰と菅野龍、バンフース・ハンター(共に尚武会)のジュニア組も参戦し、佐々木とバンフースは揃って判定勝利し、菅野はKOで勝利を収めた。

 タイ遠征最終日である12日には、タイ国王妃生誕記念興行『クイーンズカップ』に、バンタム級のホープ・竹内将生(エイワスポーツジム)、吉成名高(エイワスポーツジム)、小宮山怜虎(尚武会)、朝陽(エイワスポーツジム)の4名が出場。吉成は判定で勝利するも、竹内・小宮山・朝陽は判定で敗れた。

 尚武会・今井勝義氏は「(伊藤)紗弥は暫定王座を防衛しましたが、正規王座にこだわっているようで、12月に挑戦させたいですね。来年は日本での試合が認められるので(日本でのプロ試合は16歳になると認められる)、日本のみならず、世界をまたにかけて諸外国選手との対戦を交えてさらなる可能性を引き出してあげたい」と話した。

情報提供 尚武会
写真提供 エイワスポーツジム、N.Sasaki

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの「M-1ムエタイチャレンジ」特集
藤原ジム4人衆のガチンコ総当り戦スパーリング、神村エリカにウィラサクレック会長がヒジ打ちを直伝、腕を折る強いミドルキックを蹴る方法、ムエタイの首相撲テクニックなどの動画に加えて出場選手インタビュー多数

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果