TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】蘇我、現役ルンピニーランカーに敗れる

2013/11/24(日)UP

eFightの「M-1ムエタイチャレンジ」&「REBELS」特集
「ここが凄いよ!梅野源治」元WPMF世界王者・加藤督朗が解説、森井洋介のサンドバッグ&スパーリングをキックの鉄人・藤原敏男が解説、ウィラサクレック会長直伝!ハイキックをうまく当てる方法、梅野&森井のインタビューなど多数

新日本キックボクシング協会
「KICK Insist III~日泰国際戦6vs6マッチ~」
2013年11月24日(日)東京・ディファ有明 

▼メインイベント(第15試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 60kg契約
○フォンルアン・シップンミー(タイ/元オムノーイスタジアムバンタム級王者、WBCムエタイスーパーバンタム級2位、ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級3位)
判定3-0 ※49-46、49-47、50-46
●蘇我英樹(市原ジム/東洋スーパーフェザー級王者) 

 蘇我は2011年4月にジョムタワン・チューワッタナを2RKOで破り、東洋タイトルを獲得。今年4月にはルンピニーライト級現役ランカーのナリン・ソー・ターニーをローでKOし2度目の防衛に成功している。現在5連勝中の蘇我はこの勢いのままルンピニーの現役ランカーを撃破するか。 

  1R開始と同時に、蘇我は強い右ローを連発。ロープ際にフォンルアンを追い込み、パンチのラッシュで一気に畳みかける。蘇我が右ハイを出すとこれをキャッチしたフォンルアンは蘇我を投げ飛ばす。蘇我のパンチには、フォンルアンもパンチで応戦し激しい打ち合いへ

 2R、蘇我はアッパー連打で追い込むが、冷静な表情のフォンルアンはプレッシャーをかけていき反撃。巻きつくような左ハイでフォンルアンがダウンを奪った。ダメージの見えない蘇我は巻き返しを狙うも、フォンルアンはこかしなどでリズムを崩していく。

 3R、フォンルアンは重みのある左ミドルで突き放す。蘇我は蹴りをボディにめり込ませながらも捨て身のパンチ。それに応じるかのようにフォンルアンもパンチで応戦し乱打戦となった。

 4R、蘇我の右ローに合わせて、フォンルアンがヒジ。これで蘇我は額をカットするがガンガン前に出ていく。

 フォンルアンは若干疲れを見せながらも右ハイを連打。さらに前蹴りで蘇我を大きく吹っ飛ばす。蹴りに翻弄されリズムを掴めない蘇我は防戦一方になる場面も。

 5R、ムエタイ特有の流しモードに入るフォンルアンだが、蘇我がパンチの手数を増し前に出る。

 フォンルアンはディフェンスに徹し、ひょいひょいと蘇我の攻撃をかわし続ける。完全にバテバテの蘇我だが、最後までKO狙いのパンチを出し続け終了のゴング。フォンルアンが判定3-0で勝利した。連勝記録がストップした蘇我は「相手は強かったが、自分のスタイルが本物のムエタイにも通用することがわかったので自信になりました」と 試合後に語った。


 


▼セミファイナル(第14試合) 日タイ国際戦6vs6マッチ 54.5kg契約
△カメンノーイ・ゲッソンリット(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定ライトフライ級10位)
ドロー 判定1-0 ※49-47、49-49、49-49
△ユウスケ・エクシンディコンジム(=大田原友亮/B-FAMILY NEO/UKF日本フライ級王者)

 タイを拠点とし、ルンピニーやラジャダムナンスタジアムなどで活躍中の17歳、大田原友亮がタイでのリングネーム、ユウスケ・エクシンディコンジムの名で参戦。10月にはルンピニースタジアム認定ランキング査定試合でルンピニーの現役ランカーを倒しており、現役ラジャランカー撃破にも期待がかかる。

  1R、ユウスケがこつこつと左ローを当てていく。カメンノーイはリーチを活かしジャブを突いては前蹴りで突き離すなど様子見の展開。2R、ペースを徐々に上げてきたカメンノーイは右ミドルを出すと、ユウスケはこれをしっかりブロック。

 ユウスケが変わらず右ローを入れ続けると、カメンノーイは効いてきたか、終了時には少し足を引きずるようにコーナーに戻った。

 3R、カメンノーイは作戦をガラリと変え執拗に首相撲を仕掛ける。この階級では規格外の長身のカメンノーイにガッチリと組まれてしまうユウスケ。パンチで突き放そうにもすぐに組まれヒザの餌食に。

 4R、ユウスケはミドル、パンチで突き放し首相撲でもヒザを返すなど互角の展開に持ち込む。最終5R、流しに入ったカメンノーイに対し、ユウスケはKO狙いでパンチ、ミドル。さらにはバックブローで追い込んでいくが時間切れ。接戦はドローに終わった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの「M-1ムエタイチャレンジ」&「REBELS」特集
「ここが凄いよ!梅野源治」元WPMF世界王者・加藤督朗が解説、森井洋介のサンドバッグ&スパーリングをキックの鉄人・藤原敏男が解説、ウィラサクレック会長直伝!ハイキックをうまく当てる方法、梅野&森井のインタビューなど多数

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧