TOP > 試合結果

【全空連】女子・染谷が終了間際の逆転勝ちの連続で初優勝。男子は香川が初優勝

2013/12/08(日)UP

「空手」動画
試合動画、テクニック動画、スパーリング動画、トレーニング動画など公開中!

終了5秒前に染谷(青)が気迫の逆転劇

全日本空手道連盟主催
「内閣総理大臣杯 第41回全日本空手道選手権大会」
2013年12月8日(日)日本武道館

 全日本空手道連盟(全空連)の全日本大会は伝統派空手としてカテゴリ分けされ、ルールとしては顔面や腹部への突き蹴りによる寸止めで正確に先に決めた方にポイントが入る。掴んでから瞬時に足払いや投げで相手を倒し下段突きを決めてもポイント。
 上段や中段の突きは1ポイント、中段への蹴りは2ポイント、上段へ蹴りは3ポイント、投げからの下段突きは3ポイント、8ポイント差がつくと試合終了で、決勝戦の試合時間は男子4分、女子3分で競われた。

▼女子組手個人戦 決勝
○染谷 香予(そめや・かよ/学生連盟)
ポイント 3-2
●東 世菜(ひがし・せな/長崎県)

序盤、ポイントを先制した東(赤)

 染谷は昨年11月のパリの世界大会で金メダルに輝いたが、この大会では一昨年、昨年と2年連続2位に甘んじている。今年こそ優勝を狙いたいところだが準々決勝でピンチが訪れた。岐阜の本間に前半4-1とリードを許してしまったのだ。しかし、相手の懐に素早く飛び込む中段突きでコツコツポイントを重ね、4-4となり試合終了直前で逆転の突きで5-4で勝利、準決勝も0-0と競り合う中、残り時間わずかのところで突きで有効で1ポイント取り決勝に進んだ。

後半に入り染谷の素早い中段突きが決まりはじめる。

 一方、東も一昨年、昨年と2年連続3位と初優勝を狙うが、準決勝で大会4連覇を狙う小林実希に長身から繰り出す上段突きなどでポイントを重ね4-1で小林から大金星を挙げた。

 この勢いで初優勝といきたい東、決勝でも同じくリーチを生かし東が突きで立て続けにポイントを奪うが、後半に入り小柄ながらも相手の懐に素早く飛び込む染谷の中段突きが1ポイント、また1ポイントと追い上げポイントが2-2に並ぶ。

残り5秒で逆転した瞬間

 そして残り5秒のところで染谷が飛び込んで中段突きが決まり1ポイント加算され大逆転、間もなく試合終了となり染谷が初優勝を飾った。

 試合後、続いた大逆転劇を優勝インタビューで聞かれた染谷は「これが学生最後の試合。試合途中で同じ帝京大学の仲間と戦い(勝ちを収めたことで)仲間のためにも戦おうと思った。またここまでサポートしてくれた両親のためにも頑張った」と喜びを語った。
 

度々荒賀を投げ下段突きを放つがポイントに至らず

▼男子組手個人戦 決勝
○香川 幸允(かがわ・ひでよし/東京都)
ポイント0-0 判定 5-0
●荒賀 龍太郎(あらが・りゅうたろう/京都府)

 香川は身長192センチの長身を生かしリーチのある突き、そして掴んでは投げる圧倒的なパワーで勝ち上がり、準決勝では身長170センチそこそこの小兵、荒賀の弟・慎太郎が距離を測りながらも隙をついて攻めようとするも4-0と香川が勝利。荒賀弟は1ポイントも取る事ができなかった。

荒賀のスピードある技を捌きうまく転がしていたが、掴んでから投げ、下段突きまでの時間を一瞬で極めなければなかなかポイントに至らないと大会関係者は言う。

 荒賀兄の龍太郎はこの大会3度目の優勝を狙う。身長184cmで、リーチと抜群のスピードで高ポイントを重ねて勝ち上がり、3回戦では試合終了の3分直前で8-0の大差でコールド勝ちを収めている。準決勝では昨年この大会3位で今年の国体で中量級を制している渡邊大輔(東京都)に3-0で勝利。

 そして決勝。今年の国体の重量級決勝と同じカードだが、そこでは3-2と競り合って香川が勝利している。
 その香川に対し荒賀の三連覇なるかに注目が集まった。
 荒賀がスピードある上段突きで積極的に飛び込むと、香川が微妙にかわして掴んで投げ下段突きを極める。綺麗に決まったかと思えた下段突きだったが、審判は認めず。2回、3回とこのような展開に。

スピードある多彩な蹴りや上段突きが得意な荒賀(青)だったが、香川の捌きとパワーの前に攻めあぐんだ。

 荒賀のスピードある上段突きもポイントには至らず3分が終了。ポイントは0-0のため判定に。5人の審判の旗は5-0で香川が初優勝を飾った。
 優勝した香川は「投げからの下段突きがなかなかとってもらえなかった。これまでの僕なら試合を投げてたかもしれないが今日は勝ちたかったから。優勝は空手を続けてきた夢だった」と喜びを涙ながらに語った。
 香川の父は第28回全国空手道選手権大会組手の部・形の部ダブル優勝し、現在帝京大学空手部監督の香川政夫氏。

 

昨年優勝し4連覇を果たしたが今年引退を表明し大会に出場せず優勝旗を返還する宇佐美里香


チャタンヤラクーサンクーの形を演じる清水

▼個人形競技
 リズム、タイミング、バランス、スピード、極めなどが判定基準となる形競技。女子では今大会4連覇を果たし昨年のパリの世界大会で金メダルを獲得した宇佐美里香が今年引退を表明し優勝旗を返還した。果たして新全日本女子形王者は誰になるのか!?

5年ぶりの女子の形の新全日本王者は関西大学2年の清水希容

 決勝は昨年準優勝で関西大学2年の清水希容(しみず・きよう/学連)と一昨年準優勝の梶川凜美(かじかわ・りみ/全空連推薦)がチャタンヤラクーサンクーの形で対戦し、4-1で清水が初優勝した。「今日のために1年間練習してきました。今日は勝ち負けよりも良い形を打ちたかった。結果優勝できて嬉しいです。これから世界に向け1戦1戦頑張りたいです」と語った。宇佐美は清水の形を見て絶賛していたという。

男子優勝は喜友名 諒

 また、男子決勝では昨年優勝の喜友名 諒(きゆな・りょう/沖縄 前年度優勝)が2連覇をかけ新馬場一世(東海地区)とスーパーリンペイの形で対戦。キレと力強さが光り喜友名が2連覇を達成した。優勝した喜友名は涙で声がなかなか出なかったが「今年は(結果に)苦しんだ一年だったが今年最後の大会をいい形で締めることができて良かった。来年世界を取ります!」と力強く誓った。

▼団体組手

団体戦にも出場し上段蹴りを出す荒賀龍太郎(京都府)

 男子決勝は東京都vs京都府で争われた。5vs5マッチだが京都の先鋒・酒井健太、次鋒・谷竜一、中堅・荒賀龍太郎と立て続けに勝利し京都府が優勝、女子は東京都vs兵庫県の3vs3で争われ東京の先鋒・宮原美穂、中堅・小林実希が連続勝利し東京都が優勝した。

大会結果一覧

男子組手個人戦
優勝 香川 幸允(東京都)
準優勝 荒賀 龍太郎(京都府)
第3位 荒賀 慎太郎(学生連盟)
   渡邊 大輔(東京都)
第5位 広川 匡大(愛知県)
   船橋 武士(奈良県)
   近藤 大地(実業団)
   国吉 真太郎(沖縄県)

女子組手個人戦
優 勝 染谷 香予(学生連盟)
準優勝 東 世菜(長崎県)
第3位  植草 歩(学生連盟)
    小林 実希(前年度優勝)
第5位  本間 絵美子(岐阜県)
    森口 彩美(兵庫県)
    染谷 真有美(茨城県)
    五明 真実子(神奈川県)

男子形個人戦
優勝 喜友名 諒(前年度優勝)
準優勝 新馬場 一世(東海地区)
第3位 杉野 拓海(北信越地区)
   大木 格(関東地区)
第5位 在本 幸司(学生連盟)
   堀庭 滉平(近畿地区)
   相馬 昂翔(東北地区)
   堀庭 裕平(全空連推薦)

女子形個人戦
優 勝 清水 希容(学生連盟)
準優勝 梶川 凜美(全空連推薦)
第3位 時岡 由佳(実業団)
   大野 ひかる(九州地区)
第5位 古川 かれん(高体連)
   柏岡 鈴香(近畿地区)
   岩本 衣美里(北海道地区)
   森岡 実久(四国地区)

男子組手団体戦
優 勝 京都府
準優勝 東京都
第3位 大阪府
   長崎県

女子組手団体戦
優 勝 東京都
準優勝 兵庫県
第3位 京都府
   長崎県

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

「空手」動画
試合動画、テクニック動画、スパーリング動画、トレーニング動画など公開中!

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果