TOP > 試合結果 一覧

【J-GIRLS】無敗の新王者誕生、松田玲奈が熱戦を制す

2014/01/26(日)UP

J-NETWORK
「J-GIRLS 2014 ~The shining wild angels~ 1st」
2014年1月26日(日)東京・新宿FACE

▲松田(右)の右ストレートがトモコをとらえる

▼メインイベント(第7試合)J-GIRLSフライ級タイトルマッチ 2分5R
○松田玲奈(y-park/J-GIRLSフライ級1位/挑戦者)
判定3-0 ※49-47、49-48、49-47
●トモコSP(WSRフェアテックスジム/J-GIRLSフライ級王者)
※松田が新王座に就く。トモコは初防衛に失敗。

 J-GIRLSフライ級王者・トモコの初防衛戦。挑戦者はデビュー以来無敗(8戦6勝2分)のランキング1位・松田だ。

 1R、じりじりと前に出るトモコ。松田はミドルを蹴って右ストレート、ジャブを当てて左ボディから連打、左フックをまとめる。

 2R、トモコは左ミドルを蹴りながら右フックを強振。松田はジャブで距離を取りながらワンツーを当てて、パンチをまとめる。

 3R、的確にジャブを当てる松田がワンツーと右ストレート。これでトモコの動きを止めて右ハイキック、バックキックを突き刺す。

 4R、右フックで前に出るトモコ。松田は足を使って距離を取りながら、右ストレートを顔面とボディに打ち分ける。終盤、それでも下がらないトモコは右フックを当ててパンチをまとめる。

 5R、トモコが顔を腫らしながら必死に前に出る。しかし松田はタイミングよく右ストレートを当てて、トモコの顔をはね上げさせる。このまま試合終了となり、松田がプロ無敗のまま新王座に就いた。

 試合後「(ベルトを獲れて)うれしいです。5Rは長かったけど楽しかったです」と試合を振り返った松田。「フライ級にはいつか選手やグレイシャア選手など強い選手がいるので、そういう相手を倒していきたい」とトップ選手との対戦を希望した。


▲Chihiro(左)がタイミングよく前蹴りを当てた

▼ダブルセミファイナル(第6試合)J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
○キラッ☆Chihiro(魁塾/J-GIRLSアトム級3位、2013年J-GIRLSアトム級ニューヒロイントーナメント優勝)
判定3-0 ※三者とも30-29
●COMACHI(MSJ/J-GIRLSアトム級9位)
※Chihiroが準々決勝へ進出。

 初代J-GIRLSピン級王座決定トーナメントが今大会から開幕。優勝候補のJ-GIRLSアトム級3位Chihiroと同級9位COMACHIが対戦した。

 1R、サウスポーのChihiroが左右に大きくステップし、自分の攻撃を当てて出入りを繰り返す。終盤には左ストレートとミドルで攻め込む。

 2R、Chihiroが前蹴り、インロー、左ミドル。COMACHIもそこに左フックを狙うが、Chihiroが的確に蹴りを当てる。

 3R、COMACHIがパンチと右ミドルで前進するが、Chihiroは前蹴り、左フックを当ててペースを譲らず。Chihiroが判定勝利した。


▲左ミドルを蹴るMARI(左)

▼ダブルセミファイナル(第5試合)J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
○MARI(ナックルズGYM/NJKF)
判定3-0 ※三者とも30-28
●新井美穂(拳蹴塾)
※MARIが準々決勝へ進出。

 トーナメント1回戦のもう一カードは現役女子高生のMARIと今回が2戦目となる新井。

 1R、リーチで勝るMARIが自分の距離をキープし、新井が前に出てくるところに右ストレート。新井をロープに詰めて連打をまとめる。

 2R、新井も距離を取りながら出入りして細かい連打。MARIはそこにミドルを蹴る。3R、MARIは前蹴りで距離をキープして、右ストレート、パンチからミドル。新井もパンチで前に出るが一歩及ばず。MARIが1回戦をクリアした。


▲中山をコーナーに追い込んでパンチを打つYuuki(左)

▼第4試合 48.5kg契約 2分3R
○キラッ☆Yuuki(魁塾)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
●中山ひとみ(Kick Box)※デビュー戦

 1RからYuukiがプレッシャーをかけて前進。何度も中山をロープやコーナーに詰める。3Rには左右の連打、バックブロー、右ハイキックを繰り出し、判定勝利した。


▲何度も右ストレートを当てた松川(左)

▼第3試合 55kg契約 2分3R
○CruSher松川敬子(村澤道場)※松川敬子から改名
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
●浅井春香(Kick Box)※デビュー戦

 1R、松川は浅井のジャブに右のパンチをかぶせて前進。2Rも松川の右ストレートが立て続けに当たる。3R開始直後に浅井も右ストレートを当てるが、後半は松川が右ストレートを連打し、判定勝利した。


▼第2試合 PRE J-GIRLS Bリーグ -48kg級 1分2R
△田中明菜(COOL CHAMP CLUB)
ドロー 判定1-0 ※20-19、19-19、19-19
△遠藤里菜(谷山ジム小田原道場)

▼第1試合 PRE J-GIRLS Bリーグ -46kg級 1分2R
○頭山さゆり(橋本PREBO)
判定3-0 ※20-17、20-17、20-18
●五十嵐結香(DUROジム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧