TOP > 試合結果

【パンクラス】王者・石渡が防衛、佐々木憂流迦が対戦アピール

2014/02/02(日)UP

パンクラス
「PANCRASE 256」
2014年2月2日(日)東京・ディファ有明

▲石渡(左)が齊藤の顔面へサッカーボールキック

▼メインイベント(第14試合) バンタム級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ 5分3R
○石渡伸太郎(CAVE/王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●齊藤 曜(和術慧舟會トイカツ道場/パンクラス・バンタム級8位・挑戦者)
※石渡が2度目の防衛に成功

 バンタム級王者・石渡が2度目の防衛戦で同級8位の齋藤と対戦。齋藤は“ギロチン帝王”の異名を持ち、ギロチンチョーク(フロントチョーク)を得意技にしている。

 1R、齊藤がパンチから組みついて投げ。石渡の体がロープの外に出てブレイクになる。再開後、再びパンチで突っ込む齊藤。石渡がバックをとろうとすると、アームロックを狙いながら、得意のギロチンチョークへ。石渡もすぐに体を起こして立ち上がる。試合がスタンドに戻ると、石渡は突っ込む齊藤に右フックを返す。このラウンドはジャッジ3名とも10‐10のイーブン。

 2R、齊藤が右ストレートを当てて石渡をコーナーに押し込む。距離をとった石渡は左ハイキックと左ストレート、組みの攻防になるとトップポジションをとる。ここから石渡は鉄槌を落としてサッカーボールキック。立ち上がった齊藤にパンチを連打し、バックを奪ってチョークを狙う。このラウンドのポイントは10‐9×2、10‐8で石渡と大きく差がついた。

 3R、石渡が左ストレートと左のヒザ蹴り。齊藤のタックルで石渡の体がロープから出てブレイクになる。再開後、石渡は組みつく齊藤をつぶしてパンチとサッカーボールキックで攻め続ける。このまま試合終了となり、石渡が判定勝利で2度目の防衛に成功した。

 試合後、修斗を主戦場にする佐々木憂流迦(ささき・うるか)がリングインし、「俺の喧嘩を買ってください」と石渡に対戦アピール。石渡は「喧嘩とか言われたら大人に相談します」とその場を受け流すと、「ああいう舐めたやつが出てこないように頑張ります」と締めた。


 

▲近藤(左)の左ハイキックが鮮やかに決まった

▼第12試合 ウェルター級 5分2R
○近藤有己(パンクラスism/ウェルター級5位)
KO 1R1分15秒 ※左ハイキック
●KAZZ(GRABAKA/ウェルター級6位)

 今年39歳・90戦近いキャリアを誇る大ベテラン近藤がGRABAKA期待の若手・KAZZと対戦。

 1R、サウスポーの近藤が左右のミドル。KAZZはじりじりとプレッシャーをかけるが、近藤が左ハイキックを一閃。これでKAZZが前のめりに倒れ、近藤が鮮やかなKO勝ちを収めた。

 試合後、近藤は「おそらくリングで戦うのはこれが最後です。でもこれからもケージ(金網)で頑張りますので応援よろしくお願いします!」と健在ぶりをアピール(※パンクラスは3・30横浜大会を最後にリングからケージに移行)。「今日はずっとお世話になってきたリングに恩返しできたと思います」と笑顔を見せた。


▲伊藤(右)がテイクダウンを奪い、パンチを落とす

▼第10試合 ライト級 5分2R 
○伊藤崇文(パンクラスism/第1回1995年NBT優勝)
判定2-0 ※20-20,20-18、20-19
●原 昭仁(坂口道場 一族/2013年NBTライト級優勝)

 今年42歳にして、今回がパンクラス84戦目の伊藤。対戦相手は昨年のネオブラッドトーナメント(NBT)優勝者の原だ。

 1R、タックルでテイクダウンを奪った伊藤。三角絞めを外し、トップキープしてパンチを落とす。2Rもしつこいタックルで伊藤がテイクダウンしてパンチを落とし、判定で勝利した。

 試合後、伊藤は原のセコンドについていたライト級王者ISAOに向かって「俺はパンクラスのリングが大好きなんだよ。3月の横浜大会は最後のリング、俺とタイトルマッチはどうだ? もう相手はチャンピオンしかいないんだよ。今ここで返事をくれよ」とタイトルマッチでの対戦を要求。

 これを受けてリングに上がったISAOは「(伊藤は)まだそのレベルに達していないと思います」と要求を却下したものの、伊藤は再び対戦要求し、「いい返事頼むぞ」と言い残して花道へ。「みなさんは僕と伊藤選手の試合を見たいですか?」とISAOが観客に問うと観客は拍手で返答。ISAOはしばし言葉を考えた後「とにかく自分は待っています。以上です」とだけ言い残し、リングを降りた。


 

▼セミファイナル(第13試合) ライト級 5分3R
△アキラ(久我山ラスカルジム/ライト級10位)
ドロー 判定1-0 ※29-28、29-29、29-29
△アンディ・メイン(アメリカ/チーム ナム・ファン/ライト級5位) 

 五味隆典の愛弟子アキラがアメリカのメインと対戦。1R、先にテイクダウンを奪ったアキラ。しかしメインがガードポジションから三角絞め、腕十字を狙う。このラウンドはジャッジ3名とも10-10のイーブン。

 2R、アキラが左ストレートを当ててクリンチアッパーを連打。右フックでぐらつかせると、トップポジションからパンチを落とし、マウントパンチでメインをKO寸前に追い込む。これでアキラは10-8、10-9×2とリードする。

 しかし3R、ガードポジションに引き込んだメインがアキラを三角絞めに捕獲。逆転の一本勝ちを狙って絞め続ける。そのまま試合終了となり、ドローという結果に終わった。


 

▼第11試合 フェザー級 5分2R
△川那子祐輔(かわなご・ゆうすけ/秋本道場jungle junction/Legend FCフェザー級王者)
ドロー 判定1-0 ※19-18、19-19、19-19
△ハルク大城(ボスジム/TRIBELATEキックライト級王者、2013年ネオブラッドトーナメント・フェザー級優勝)

 1R、川那子が右のヒザ蹴りと右ストレートで前進。ハルクは右ハイでバランスを崩させて連打。フックとアッパーで突進する。川那子もブロックを固めて右ストレートとヒザ蹴りを返す。

 2R、激しく打ち合う両者。ハルクのインローがローブローとなる。再開後、川那子は右ストレートを当ててラッシュ。ハルクも左フックを返して打ち合うが、インローが二度目のローブローとなり減点1が与えられる。

 試合再開になるとハルクは右アッパーを当てて突進。川那子はテイクダウンも狙いつつ右ストレートで応戦する。ジャッジ1名が川那子を支持したが、ドローに終わった。


▼第9試合 スーパーフライ級 5分2R
○古賀靖隆(Lotus世田谷/スーパーフライ級2位)
判定2-0 ※20-20、20-19、20-19
●曹 竜也(闘心/スーパーフライ級5位)

 1R序盤から激しく打ち合う両者。曹が先にテイクダウンを奪うが、古賀がポジションを返してバックを奪う。

 2R、曹が左ストレートを当ててサッカーボールキック。古賀も右ストレートと右ミドルで前に出る。終盤、曹が左ストレートを当てて攻勢に出るが、終了直前に古賀が右フックでダウンを奪ってパウンド。古賀が接戦を制した。


 

▼第8試合 フライ級 5分2R
○江泉卓哉(総合格闘技道場武門會/フライ級2位)
判定3-0 ※20-18、20-19、20-18
●三谷敏生(総合格闘技道場コブラ会)

▼第7試合 ライト級 5分2R
○AB(和術慧舟會 駿河道場/ライト級9位)
判定2-0 ※20-19、19-19、20-19
●クリスMAN(パラエストラ八王子)

▼第6試合 フライ級 5分2R
○下川雄生(ドラゴンテイルジム)
判定3-0 ※20-18、20-18、20-19
●宇都木正和(パラエストラ古河/フライ級4位) 

▼第5試合 ライト級 5分2R
○網 潤太郎(和術慧舟會AKZA/2010年NBTライト級優勝)
判定2-0 ※19-19、20-19、20-19
●小林 裕(U-FILE CAMP)※初参戦

▼第4試合 バンタム級 5分2R
△富田浩司(パンクラス大阪稲垣組)
ドロー 判定0-0 ※三者とも19-19
△合島大樹(ガッツマン)

▼第3試合 フェザー級 5分2R
○稲葉 聡(秋本道場jungle junction)
判定3-0 ※20-18、20-18、20-19
●阿仁鬼(パラエストラ札幌チーム道志)

▼第2試合 フライ級 5分2R
○増田“BULL”徹平(総合格闘技道場コブラ会)
判定3-0 ※20-18、20-17、20-19
●金内“サイダー”雄哉(グレイシーバッハ東京)

▼第1試合 ライト級 5分2R
○林 源平(HEAT)
KO 1R1分55秒 ※左フック
●西川純矢(GRABAKA)

▽本戦1部
▼第5試合 バンタム級 5分2R
○ライダーHIRO(宇留野道場/ハイブリッドファイター)
一本 1R2分39秒 ※変形コブラツイスト
●村田康大(ドラゴンテイルジム)※デビュー戦 

▼第4試合 スーパーフライ級 5分2R        
○荻窪祐輔(K-PLACE埼玉格闘技道場)
判定3-0
●桑原 悠(PUREBRED大宮)

▼第3試合 バンタム級 5分2R
△若菜千明(RANGER品川GYM)
ドロー 判定1-1
△井関 遼(GRABAKA) 

▼第2試合 バンタム級 5分2R
○阪中カツヒロ(Louts世田谷)
判定3-0
●福山晄久(総合格闘技津田沼道場)

▼第1試合 フェザー級 5分2R
○近藤孝太(ハイブリッドレスリング山田道場)
一本 1R3分 ※チョークスリーパー
●飯島貴幸(NATURAL9)

▽パンクラスゲート
▼第16試合 2014ネオブラッド予選トーナメント二回戦 ウェルター級 5分1R延長3分1R
○佐野哲也(和術慧舟會駿河道場)
延長判定3-0
●加留弘一郎(P’sLAB吉祥寺)

▼第15試合 2014ネオブラッド予選トーナメント二回戦 ライト級 5分1R延長3分1R
○平山 学
一本 延長R2分8秒 ※腕ひしぎ十字固め
●AQ♂?(えっきゅー/坂口道場)

▼第14試合 2014ネオブラッド予選トーナメント二回戦 フェザー級 5分1R延長3分1R
○深澤 駿(和術慧舟會富士山道場)
TKO 1R23秒 ※レフェリーストップ
●花輪裕樹(RBアカデミー)

▼第13試合 2014ネオブラッド予選トーナメント二回戦 バンタム級 5分1R延長3分1R
○コンボイ升水(マルワジム横浜)
判定3-0
●古間木崇宏(パラエストラ八王子)

▼第12試合 2014ネオブラッド予選トーナメント二回戦 スーパーフライ級 5分1R延長3分1R
○伊福正寛(和術慧舟會トイカツ道場)
判定3-0
●小林 優(P’sLAB吉祥寺)

▼第11試合 ミドル級 5分2R
○鈴木増し増し(西日暮里ストライキング)
一本 2R23秒 ※フロントチョークスリーパー
●ウォルター・デイリー(ロデオスタイル)

▼第10試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 ウェルター級 5分1R延長3分1R
○加留弘一郎(P’sLAB吉祥寺)
延長判定3-0
●間宮晃仁(道志)

▼第9試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 ウェルター級 5分1R延長3分1R
○佐野哲也(和術慧舟會駿河道場)
判定3-0
●梅崎和彦(PUREBRED大宮)

▼第8試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 ライト級 5分1R延長3分1R
○AQ♂?(えっきゅー/坂口道場)
判定3-0
●戸田智春(U-SPIRITJAPAN町田)

▼第7試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 ライト級 5分1R延長3分1R
○平山 学
延長判定3-0
●木村孔明(ハイブリッドレスリング八戸)

▼第6試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 フェザー級 5分1R延長3分1R
○深澤 駿(和術慧舟會富士山道場)
判定3-0
●伊藤理夫(PUREBRED大宮)

▼第5試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 フェザー級 5分1R延長3分1R
○花輪裕樹(RBアカデミー)
判定3-0
●柳井康作(M-16ムエタイスタイル)

▼第4試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 バンタム級 5分1R延長3分1R
○古間木崇宏(パラエストラ八王子)
判定3-0
●前野辰一(グレイシーバッハ東京)

▼第3試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 バンタム級 5分1R延長3分1R
○コンボイ升水(マルワジム横浜)
TKO 1R19秒 ※セコンドからのタオル投入
●ソムリエ恵介(和術慧舟會トイカツ道場)

▼第2試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 スーパーフライ級 5分1R延長3分1R
○小林 優(P’sLAB吉祥寺)
判定3-0
●小川 徹(TRIBETOKYOM.M.A)

▼第1試合 2014ネオブラッド予選トーナメント一回戦 スーパーフライ級 5分1R延長3分1R
○伊福正寛(和術慧舟會トイカツ道場)
判定3-0
●渋谷和樹(NEXUSENSE)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果