TOP > 試合結果 一覧

【WPMF】一戸、ラジャランカーに流血の大苦戦

2014/11/09(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲流血に追い込まれた一戸(左)だが、ラジャダムナンのランカーを相手にドロー防衛

ウィラサクレック・フェアテックス
「WPMF JAPAN SUK WEERASAKRECK VIII」
2014年11月9日(日)東京・ディファ有明

▼メインイベント(第11試合)WPMF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
△一戸総太(WSRフェアテックス三ノ輪/WPMF世界スーパーバンタム級王者)
ドロー 判定0-1 ※49-49、48-49、49-49
△スーパーマン・ギィアッチャッチャイ(タイ/WPMF世界スーパーバンタム級4位、ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級10位/挑戦者)
※一戸が初防衛に成功。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

 一戸は強いローキックとパンチを武器に、昨年9月に同タイトルを獲得。同年11月に日本人初となるルンピニースタジアム王座への挑戦を果たすも惜敗したが、今年6月、優勝賞金200万円争奪の8人制ワンデートーナメントで優勝を果たしている。今回はラジャダムナンスタジアムの現役ランカーであるスーパーマンを挑戦者に迎えての初防衛戦となった。

 1R、一戸の左ローでいきなりガクッとヒザを折るスーパーマン。これは短期決着かと思われたが、スーパーマンは首相撲からのコカし、パンチでこのラウンドを耐えた。

 2R、一戸がミドルをキャッチして軸足払いで鮮やかにコカす。スーパーマンは右ミドルを主体にして、首相撲からヒジ。

 3Rになるとスーパーマンはさらに首相撲を多用し、ヒザ蹴り。前蹴りで一戸を吹っ飛ばす。さらに一戸をコカそうとするなど反撃に転じる。

 4R、一戸の右ローで大きくバランスを崩すスーパーマン。チャンスと見た一戸が一気に攻め込むが、スーパーマンはヒジでのカットに成功。流血してドクターチェックを受けた一戸が反撃しようとすると、スーパーマンは勝ち誇ったように離れる。

 5R、下がるスーパーマンを追う一戸。右ローでスーパーマンは大きくバランスを崩すが、タフなスーパーマンは右ミドルと前蹴りで一戸を突き放す。そして一戸の流血をしきりにアピールし、2度目のドクターチェックに。

 残り時間わずかで一戸はパンチで倒しにいくが、スーパーマンを捉えることが出来なかった。判定はジャッジ1名がスーパーマンを支持したが、両者痛み分けのドロー。

 一戸は「見ての通り何もいいところがなくて、自分の中では反省する試合でした。この相手も強かったですが、こんな試合をしているようでは上に行けないのでもっと練習して強くなります」と、悔しさをにじませて語った。
 
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

 


▲タイガー(右)の顔面へのサイドキックがクリーンヒット

▼第8試合 WPMFルール ピン級 2分5R
○Little Tiger(WSRフェアテックス・Team Tiger/WPMF&WMC世界ピン級王者)
TKO 3R1分3秒 ※レフェリーストップ
●ムアントンギュー・ソーヘンジャルン(タイ)

※この試合の速報動画(TKOシーンの3R)はこちら  

 累計8本のベルトを持つLittle Tiger(以下タイガー)が、年齢20歳、身長151cm、戦績95戦68勝25敗2分としかデータがない未知の女ムエタイ戦士ムアントンギューと対戦した。

 1R、右ミドル一辺倒のムアントンギューに対し、タイガーは顔面前蹴りから右ハイキック。左右ローもしっかり蹴っていく。

 2R、ムアントンギューはタイガーの蹴りを受けるとすぐにミドルとローを蹴り返す。タイガーはサイドキックを使いつつ、左ローでダメージを与えていく。

 3R、テンポを速めたタイガーが顔面横蹴りでムアントンギューを吹っ飛ばし、左ハイからの左ストレートでスタンディングダウンを奪う。

 再開後もタイガーが左ハイからパンチ連打。一方的な試合展開となってレフェリーがストップし、タイガーのTKO勝ちとなった。

 タイガーはこれで今年、国内での試合は4戦全勝で終えた。

※この試合の速報動画(TKOシーンの3R)はこちら

  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧