TOP > 試合結果

【K-1】アマ大会でシルバーウルフが3階級を制覇

2014/12/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1実行委員会
「第3回 K-1 CHALLENGE 2014」
2014年12月7日(日)東京・GENスポーツパレス

▲(前列左から)Aクラス-65kg優勝・石川祐樹、Aクラス-60kg優勝・荒木翼、Bクラス-55kg優勝・金子晃大(後列左から)Bクラス女子-55kg優勝・高野愛花、Bクラス-70kg優勝・小西一輝、前田憲作K-1プロデューサー、Bクラス-60kg優勝・一之瀬裕己、Aクラス-55kg優勝・軍司泰斗

 12月7日(日)東京・GENスポーツパレスにてK-1アマチュア大会『第3回 K-1 CHALLENGE 2014』が開催された。

 今大会も2部構成で大会が行われ、午前に小学生を対象にしたK-1キッズ、中学生を対象にしたK-1ジュニアを実施。午後に一般の部であるK-1チャレンジが行われた。K-1チャレンジではA・Bクラス合わせて7階級でトーナメントが行われたが、そのうち3階級でK-1 GYMシルバーウルフ勢が優勝を果たしている。

 また、2015年1月18日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館大会で開催される『K-1 WORLD GP 2015 ~-60kg初代王座決定トーナメント~』のスーパーファイトでK-1 WORLD GP-65kg王者ゲーオ・フェアテックスと対戦する木村“フィリップ”ミノル、同大会でプロデビューする平本蓮がミット打ちを公開。

▲プロデビューを間近に控えたK-1甲子園王者・平本がミット打ちを披露

 キッズ&ジュニアキック出身の平本は、「僕もアマチュアで何10戦もやって、戦う気持ちや戦う楽しさを覚え、勝つことの嬉しさが分かりました。みなさんもそういった下地を作って、K-1甲子園やK-1チャレンジにつなげて欲しいです。僕も負けて悔しいことがあったけれど、諦めずにやってきました。今日負けた選手も必ず勝つ日が来るので、それを信じて格闘技を続けて欲しいです」と選手たちにメッセージを送った。

 各階級の入賞者は以下の通り。

<K-1チャレンジAクラス-55kgトーナメント>
優 勝 軍司泰斗(K-1 GYM総本部)
準優勝 大澤匡弘(斬刃剣)

<K-1チャレンジAクラス-60kgトーナメント>
優 勝 荒木翼(K-1ジム目黒)
準優勝 山本直樹(Booch Beat)

<K-1チャレンジAクラス-65kgトーナメント>
優 勝 石川祐樹(K-1 GYMシルバーウルフ)
準優勝 大森壮朗(K-1 GYMシルバーウルフ)

<K-1チャレンジBクラス-55kgトーナメント>
優 勝 金子晃大(K-1 GYMシルバーウルフ)
準優勝 鈴木泰洋(K-1 GYM総本部)
3 位 小野雄太(K-1ジム目黒)
3 位 鹿島伸元(K-1 GYM DRAGON)

<K-1チャレンジBクラス-60kgトーナメント>
優 勝 一之瀬裕己(KFG URAWA)
準優勝 桜井陽平(K-1ジム目黒)

<K-1チャレンジBクラス-70kgトーナメント>
優 勝 小西一輝(K-1 GYMシルバーウルフ)
準優勝 西岡比呂寿(K-1 GYM総本部)
3 位 阿部健寿(チームBSK)
3 位 矢後勇樹(K-1 GYM DRAGON)

<K-1チャレンジBクラス女子-55kgトーナメント>
優 勝 高野愛花(超越塾)
準優勝 鈴木美弥子(K-1 GYM DRAGON)

<K-1キッズBクラス小学3~4年軽量級トーナメント>
優 勝 畔上拳星(POWER OF DREAM)
準優勝 植山裕貴(K-1 GYM DRAGON)
3 位 加藤天翔(POWER OF DREAM)
3 位 杉上聖南(朝久道場)

<K-1キッズBクラス小学5~6年軽量級トーナメント>
優 勝 小林響(健成会)
準優勝 橋本歩(K-1 GYM DRAGON)
3 位 上条壮毅(空手道修己会)
3 位 大村直輝(POWER OF DREAM)

<K-1キッズBクラス小学5~6年重量級トーナメント>
優 勝 星野力也(土方道場)
準優勝 保科伊吹(勇心館)
3 位 杉山司(空手道修己会)
3 位 海鉾一期(K-1 GYM DRAGON)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果