TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】北岡が最強挑戦者に完封勝利

2014/12/31(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲次々とタックルを仕掛けてテイクダウンを奪った北岡(下)

DEEP事務局/DEEP DREAM実行委員会
「DEEP DREAM IMPACT 2014 ~大晦日special~」
2014年12月31日(水)さいたまスーパーアリーナ

▼第18試合 メインイベントDEEPライト級タイトルマッチ 5分3R
○北岡 悟(LOTUS世田谷/王者)
判定5-0
●吉田善行(HALEO TOP TEAM/元CAGE FORCEウェルター級王者/挑戦者)
※北岡が2度目の防衛に成功。

 DEEPライト級王者・北岡が、UFCやベラトールなど海外メジャー団体で活躍してきた吉田を挑戦者に迎え、2度目の防衛戦を行った。吉田は現在6連勝中、文字通り最強の挑戦者だ。

 1R、いきなり北岡が片足タックルでテイクダウン。そのまま金網際の攻防となり、立ち上がろうとする吉田を北岡が寝かせてコントロールする展開が続く。

 2R、北岡が吉田のパンチにタックルを合わせて金網際でテイクダウンを奪い、1Rと同じように吉田をコントロールする展開へ。吉田が立ち上がったところに北岡がフロントチョークを仕掛け、頭を抜いた吉田は北岡を金網に押し込んでテイクダウンし、バックを狙う。北岡はすぐさま正対し、吉田のタックルにフロントチョークを狙った。

 3R、吉田が北岡のタックルを切って上のポジションを取り、北岡がフロントチョークを狙う。頭を抜いた吉田は身体を起こして重いパンチを落としてチョークを狙うが、北岡が上のポジションを取り返す。最後は北岡がタックルに入って足関節を狙ったところで試合終了となった。判定は5-0で北岡が完勝、2度目の防衛に成功した。

 試合後、北岡は「みなさんの愛で格闘技が形になっていると思います。みなさんの愛をかみしめて2015年頑張ろうと思います」とファンにメッセージ。

 続いてDEEP佐伯繁代表に感謝の言葉を述べると、次戦が2015年3月のパンクラスになる予定であると発表。パンクラスの後、再びDEEPに戻って来ると宣言した北岡は「DEEPもパンクラスも日本の総合格闘技、最高です!」と叫んだ。
【関連動画】北岡悟のテクニック講座 

 


▲上のポジションを奪った元谷がマンザナレスを圧倒

▼第17試合 セミファイナル DEEPフライ級 5分3R
○元谷友貴(CB IMPACT/DEEPフライ級王者)
TKO 3R3分17秒 ※レフェリーストップ
●マット・マンザナレス(アメリカ/Black Dragon Martial Arts/第3代RFAフライ級王者)

 今年は今成正和、前田吉朗に勝利し、和田竜光にリベンジを果たしてDEEPフライ級王座に返り咲いた“今、日本MMAで最もアツい男”元谷。今大会では初の国際戦で第3代RFAフライ級王者マンザナレスを迎え撃った。

 1R、離れた間合いからローを蹴る元谷。マンザナレスも右ストレートを狙うが、元谷が飛びヒザ蹴りからパンチをまとめてダウンを奪う。一気にパンチでラッシュする元谷はスリーパーを狙う。

 2R、元谷はローと顔面前蹴り。マンザナレスも元谷のローに右ストレートのカウンターを狙い、前へ出ていく。終盤、元谷は顔面前蹴りを効かせると、マンザナレスに覆いかぶさってヒザ蹴りを連打し、トップポジションを奪うとパンチで攻め込んだ。

 完全に試合のペースをつかんだ元谷は3R開始早々、マンザナレスの蹴り足を取ってテイクダウンすると、すぐさまマウントポジションへ。ゴツゴツとパンチ、ヒジを落とし続け、マンザナレスの動きが止まったところでレフェリーが試合をストップした。

 試合後、元谷は「やっぱり大晦日はKOか一本で。最高です。初めての外国人でしたが強かったです。次は世界に行きたいです。応援してください」と2015年の目標を世界に掲げた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧