TOP > 試合結果

【藤原敏男杯】安本晴翔が3度目の優勝

2015/03/15(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

All Japan Jr. Kick 藤原敏男杯実行委員会
「第4回All Japan Jr. Kick 藤原敏男杯 決勝トーナメント」
2015年3月15日(日)埼玉・OZジム

▼25kg級トーナメント決勝戦
◯杉浦 輝(拳心館/関西地区代表)
判定
●堀 竜吾(橋本道場/関東地区代表)

 パンチを打ちながら前に出る杉浦に対し、ミドル中心の堀。杉浦がパンチを当てると、すかさず堀は左ミドルを返す。2Rになると、杉浦は左ミドルを連打。パンチ連打から首相撲を仕掛ける杉浦は、前に出ながら右ロー。堀は左ミドルと左フックで応戦。残り10秒でコーナー際で首相撲からヒザの応酬。

 3Rは序盤からパンチとミドルの打ち合いに。踏み込んで左ミドルを打つ堀に、杉浦は首相撲。距離を取って踏み込んで右ミドル。これが杉浦の腹に深く入り、そこから首相撲。判定の結果、杉浦が勝利。25kg級優勝を決めた。

▽25kg級決勝トーナメント出場者(8名)
秀(萬田道場/九州地区代表)
瑠華(萬田道場/九州地区代表)
田中恒星(LEGEND/中部・東海地区代表)
つかもともうむ(日進会館/中国・四国地区代表)
杉浦 輝(拳心館/関西地区代表)
中野泰誠(大原道場/関西地区代表)
宗万優輝(蹴空ジム/北海道地区代表)
堀 竜吾(橋本道場/関東地区代表)


 

▼30kg級トーナメント決勝戦
◯花岡 竜(橋本道場/関東地区代表)
判定
●山口 瑠(拳心館/関西地区代表)

 パンチで打って出る山口に対して、花岡は首相撲からヒザを打つ花岡。中盤からは花岡もパンチと右ローを打っていく。2Rになると、花岡が右ミドルを打ったところに右ローを合わせる山口。踏み込んで右ローを打つ花岡だが、これに山口は右ストレートを合わせる。中盤には花岡は右ミドルと左ロー。山口は右ローを返すが、すかさず花岡も右ローを返す。

 3Rには花岡の足をキャッチしてコカす山口。すぐに立ち上がる花岡は首相撲からヒザ。残り30秒になると、リング中央でパンチの打ち合いに。判定の結果、花岡が勝利。30kg級優勝を決めた。

▽30kg級決勝トーナメント出場者(8名)
拓飛(萬田道場/九州地区代表)
明世流(TEAM SHIMONOSEKI/九州地区代表)
田中真郁(LEGEND/中部・東海地区代表)
末國龍汰(空修会館/北海道地区代表)
山口 瑠(拳心会/関西地区代表)
山内夢空(及川道場/関西地区代表)
星久保将城(蹴空ジム/北海道地区代表)
花岡 竜(橋本道場/関東地区代表)


 

▼35kg級トーナメント決勝戦
◯芝 雄聡(京都野口ジム/中部・東海地区代表)
判定
●石田龍太(拳心館/関西地区代表)

 前蹴りから首相撲とヒザで先手を打つ芝。パンチで前に出る本田に、芝は首相撲で捕まえてヒザを打ち込んでいく。1Rは芝の首相撲に捕まる光景が目立ったが、迎えた2Rも、芝の首相撲に苦戦する石田。芝の首相撲がほどけたところに、石田が怒濤のパンチラッシュ。コーナーに詰めて更にパンチラッシュ。石田のパンチと芝の首相撲とヒザの展開が続いていった。残り30秒、ロープ際で激しいパンチの打ち合いがなされた。判定の結果、芝が勝利。35kg級優勝を決めた。

▽35kg級決勝トーナメント出場者(8名)
谷 光矢(ASSASSIN/九州地区代表)
本田将伍(日進会館宮原道場/中国・四国地区代表)
濱田佑生(山口道場/関西地区代表)
石田龍太(拳心館/関西地区代表)
芝 雄聡(京都野口ジム/中部・東海地区代表)
堀 太虎(橋本道場/関東地区代表)
山田泰介(橋本道場/関東地区代表)
黒沢侑伽(橋本道場/関東地区代表)


 

▼40kg級トーナメント決勝戦
◯田中将吾(隆拳塾/関西地区代表)
判定
●北村裕大(蹴空ジム/北海道地区代表)

 パンチと右ローの打ち合いが目立つ1R。田中が右ローを打てば、北村は左フック。互いに切り返しが早く、スピーディーな展開に。田中の前蹴りが北村の顔面をヒットすると、首相撲からヒザを追撃。3Rになると、田中の前蹴りがまたも北村の顔面をとらえる。打点高い前蹴りが冴え渡った田中が判定で勝利。40kg級優勝を決めた。

▽40kg級決勝トーナメント出場者(8名)
池田久里須(朝久道場/九州地区代表)
太一(新格闘術吉田道場/九州地区代表)
伊山嵐翔(日進会館/中国・四国地区代表)
田中将吾(隆拳塾/関西地区代表)
峯 大樹(魁塾藤井寺支部/関西地区代表)
北村裕大(蹴空ジム/北海道地区代表)
石部陽向(京都野口ジム/関西地区代表)
Kan PK(練馬チャンデットムエタイジム)


 

▼45kg級トーナメント決勝戦
◯安本晴翔(橋本道場/関東地区代表)
判定
●林佑哉(空修会館/中国・四国地区代表)

 林が右ローを打ったところに、安本が左ハイ。これが林の首をとらえ、グラつかせる。2Rは安本の左ミドルとパンチ連打が冴え渡る。林は右ローとワンツーで応戦。右ローを打ってすぐに首を捕まえて崩す安本。左ミドルと左右フックで手数を増やし圧倒。安本ペースとなっていく。3Rになっても安本ペースは変わらず、左ミドルと左ロー、ワンツーと的確に有効打を積み重ねていき、判定で安本が勝利。これで安本は第1回、第3回に続いて3度目の優勝となった。

▽45kg級決勝トーナメント出場者(8名)
谷伊央里(ASSASSIN/九州地区代表)
初田慎之介(LEGEND/中部・東海地区代表)
林 佑哉(空修会館/中国・四国地区代表)
黒川祐哉(健心塾/関西地区代表)
坂口魁斗(立志会館/関西地区代表)
三田歩武(龍生塾/関西地区代表)
安本晴翔(橋本道場/関東地区代表)
田丸 辰(平井道場/関東地区代表)


 

▼50kg級トーナメント決勝戦
◯北野蒼士(昇龍会/関西地区代表)
判定
●辻龍也(WSRフェアテックス三ノ輪/関東地区代表)

 開始早々、辻のガードが空いた所に北野が右ストレートを打ち込む。北野は辻をジリジリと詰め、コーナー際でパンチラッシュ。何とか逃れた辻だが、パンチを打ちながら辻を追い詰める北野は、パンチを連打して辻からダウンを奪う。

 2Rには、辻が左ハイをヒットさせると、北野はパンチを打ちながら辻をコーナーに詰め、激しいパンチの打ち合いに。辻もパンチの連打に付き合うが、北野の手数が上回り、辻を後退させる。3Rになっても北野の勢いは止まらず、辻をコーナーに詰めてパンチ連打。前蹴りと右ローを打ちながらコーナーから脱した辻だが、後半になってもコーナーに詰められ北野のパンチ連打を浴びてしまう。判定の結果、北野が勝利。50kg級優勝を決めた。

▽50kg級決勝トーナメント出場者(5名)
安武一也(ASSASSIN/九州地区代表)
小田武司(拳之会/中国・四国地区代表)
北野蒼士(昇龍会/関西地区代表)
末永愛士(蹴空ジム/北海道地区代表)
辻龍也(WSRフェアテックス三ノ輪/関東地区代表)


 

▼55kg級トーナメント決勝戦
◯大田拓真(新興ムエタイジム/関東地区代表)
判定
●多根嘉帆(直心会/関西地区代表)

 大田が右ミドルを打つと、多根はガードしながら大田をコーナーに詰めてパンチを打ち込んでいく。ジャブを打ちながら右ストレートを打つ大田は首相撲につなげてヒザを追撃。多根はワンツーを打って応戦。踏み込んでヒザを打つ大田に、多根はカウンターで右ストレートを合わせる。多根は大田をコーナーに詰めて大降りに右フックから右ロー。

 迎えた3R、大田が左ミドルを打つと、多根はすかさず右ローを返す。多根が前に出て大田を詰めると、そこから左ロー。大田はワンツーを返して首相撲とヒザ。判定の結果、大田が勝利。55kg級優勝を決めた。

▽55kg級決勝トーナメント出場者(6名)
杉上夏月(朝久道場/九州地区代表)
佐野克海(拳之会/中国・四国地区代表)
多根嘉帆(直心会/関西地区代表)
新谷洸大(健心塾/関西地区代表)
大田拓真(新興ムエタイジム/関東地区代表)
森 準祐(GETOVER/中部・東海地区代表)

<第4回All Japan Jr. Kick藤原敏男杯優勝者>
25kg級:杉浦 輝(拳心館/関西地区代表)
30kg級:花岡 竜(橋本道場/関東地区代表)
35kg級:芝 雄聡(京都野口ジム/中部・東海地区代表)
40kg級:田中将吾(隆拳塾/関西地区代表)
45kg級:安本晴翔(橋本道場/関東地区代表)
50kg級:北野蒼士(昇龍会/関西地区代表)
55kg級:大田拓真(新興ムエタイジム/関東地区代表)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果