TOP > 試合結果 一覧

【WPMF×レベルス】梅野、一戸ルンピニー王座に届かず

2015/04/19(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▼第4試合 フェザー級 3分3R WPMFルール
○長崎秀哉(ウィラサクレック・フェアテックスジム/元M-1スーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)

 1R、始まってすぐに長崎の左右フックをもらってグラつく立嶋。右ヒジをもらって流血もする。

 2Rになると動きが良くなった立嶋だが、パンチを何度も被弾。それでも意地で右のパンチとローを返す。

 3R、パンチで前に出る立嶋がヒジを放つと、長崎がヒジの連打。立嶋は鼻血を吹き出しながらも、必死にローとミドルを蹴る。左フックが相打ちになると、長崎は足を止めて左フックを連打。立嶋も最後まで向かっていったが、長崎の判定勝ちとなった。


 


▼第3試合 スーパーバンタム級 WPMFルール 3分3R延長1R
○浜本“キャット”雄大(クロスポイント吉祥寺)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●佐野貴信(創心會/RISEバンタム級9位)

 1Rから飛び込んで技を決めるキャットの左ボディブローが何度もクリーンヒット、それに伴って左フックも佐野の顔面を捉える。2R後半からは浜本がタックルのような組み付きを多用し、佐野に攻めさせず判定で勝利した。


 


▼第2試合 55kg契約 WPMFルール 2分3R
○小田巻洋子(ウィラサクレック・フェアテックスジム/J-GIRLSバンタム級1位)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-27
●ノーンナッ・ルークジャルンサック(タイ)

 ノーンナッは前蹴りとヒザ蹴りで前へ出て首相撲の勝負に持ち込むが、パワーで優る小田巻がパンチでコーナーへ押し込み、ローも効かせて判定勝ち。


 

▼第1試合 ウェルター級 WPMFルール(ヒジなし) 3分3R
○KENGO(RIKIX)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-29
●硬氣DATE(ふぉーす・でいと/Team DATE)

▼オープニングファイト第2試合 フライ級 WPMFルール(ヒジなし) 3分3R
○田内文太(岩崎道場)
判定3-0 ※29-28、30-29、30-28
●酒井柚樹(はまっこムエタイジム)

▼オープニング第1試合 フライ級 WPMFルール(ヒジなし) 3分3R
○立嶋挑己(ASSHI-PROJECT)
判定2-0 ※29-29、30-29、29-28
●松永誠剛(インスパイヤードモーションキックボクシングスタジオ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧