TOP > 試合結果

【K-1】木村ミノル、HIROYAを1RでKO圧勝

2015/04/19(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~-55kg初代王座決定トーナメント~」
2015年4月19日 (日)東京・国立代々木競技場第二体育館
観衆=4,600人(主催者発表=超満員札止め) 


▼第10試合 スーパーファイト K-1 -65kg Fight 3分3R延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)
KO 1R 2分45秒
●HIROYA(TRY HARD GYM/初代Krush -65kg級王者)

 HIROYAは1月のK-1でゲーオ・フェアテックスからダウンを奪い、大番狂わせの勝利をもぎ取った。対するHIROYAは昨年11月のK-1 WORLD GP -65kg初代王座決定トーナメント準決勝で左右田泰臣に敗れ今回が再起戦。

 1R、木村がフック主体のパンチ、HIROYAは右ロー、右ハイなどキックで様子を伺う。

 HIROYAがローを放った瞬間、木村の右ストレートが顔面を捉えHIROYAがダウン。木村はワンツーを当てて再び左フックでダウンを奪う。立ち上がってパンチを放つHIROYAに最後は鮮やかな左フックでKO勝利した。

【試合動画】木村ミノルがわずか59秒で戦慄のKO勝ち

  


 


▼第11試合 スーパーファイト K-1 -60kg Fight 3分3R延長1R
○卜部功也(チームドラゴン/K-1-60kg王者)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-29
●ハビエル・エルナンデス(スペイン/第3代IT’S SHOWTIME-61kg世界王者)

 1月の-60kg初代王座決定トーナメントで優勝した卜部功也がチャンピオンとしての初戦を迎えた。対戦相手のエルナンデスは同トーナメント準決勝で功也の兄・弘嵩に延長戦でダウンを奪われて判定負けを喫したが、いまだ世界トップクラスの選手として評価は高い。

 1R、エルナンデスは右ミドル、右インローなどを当てていく。卜部は前蹴りからのパンチの連打で応戦。

 2R、卜部がパンチの連打で前に詰め、相手をふらつかせる。

 3Rも卜部は休みなくパンチ、ロー、ミドルを当てていく。エルナンデスもミドルを当てるなど反撃するが、卜部はダメージを見せず、3-0で判定勝ちとなった。

  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果