TOP > 試合結果 一覧

【イノベーション】テヨン、山口裕人の強打者対決を制す

2015/04/26(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

JAPAN KICKBOXING INNOVATION
「Dream Force-7」
2015年4月26日(日)東京・新宿FACE

▲山口(左)との激しい打ち合いを制したテヨン(右)

▼第9試合 ダブルメインイベント2 スーパーファイト WBCムエタイ日本スーパーライト級ランキング査定試合 団体対抗戦 3分5R
○テヨン(キングジム/WBCムエタイ日本&NJKFスーパーライト級王者)
判定3-0 ※三者とも49-47
●山口裕人(山口道場/INNOVATIONスーパーライト級王者)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

 山口は強打のパンチを武器にし16勝のうちKO勝利は10。昨年12月に田中秀和から2度のダウンを奪い、INNOVATION王座を奪取した。対するテヨンも20戦14勝のうちKO勝利は12と、破壊力抜群の攻撃でKOを重ねているハードパンチャー。なお、この試合は山口のWBCムエタイ日本ランキング入りを懸けた査定試合となった。

 1R序盤はお互いにローを出し合って探り合いの攻防。終盤にはテヨンが右ストレートをクリーンヒットさせる。

 2R、テヨンは組み付いてヒザ蹴り連打。離れ際には右ヒジを出し、山口は額をカットしてしまう。反撃に出る山口が左右フックでリズムを掴みかけたところで、テヨンが左フックでダウンを奪った。

 3R、巻き返しを狙う山口がプレッシャーを強め、強打のパンチをお見舞いすると、テヨンは鼻血を出し苦しそうな表情。しかし、テヨンは失速することなく山口をロープ際に詰めるとヒジ連打。4R、変わらずパンチを出しながら圧力をかける山口だが、テヨンのヒジで山口は再び別の箇所をカットしてしまいドクターチェックが入る。

 再開後、激しく打ち合う両者。山口はニヤリと笑顔を見せるなど試合を楽しんでいるようだ。

 5R、逆転を狙う山口は前に出続け、テヨンもパンチで応戦。お互いに出血しながら打ち合う。テヨンの右ストレートがクリーンヒットするも山口は前に出続け手数は落ちない。一進一退の激しい攻防の末に試合終了。

 判定決着となり、テヨンが3-0で勝利した。
 マイクを握ったテヨンは「山口選手は気持ちが凄く強かった。21戦してこんなにキツい試合は初めてです」と激戦を振り返った。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 
 


 

▲大差の判定で中務(右)を下し、初防衛に成功した宮元(左)

▼第8試合 ダブルメインイベント1 INNOVATIONスーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
○宮元啓介(橋本道場/INNOVATIONスーパーバンタム級王者、WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※50-46、49-46、50-47
●中務幸信(多田ジム/INNOVATIONスーパーバンタム級3位)
※宮元が初防衛に成功

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 加藤竜二がケガによる戦線離脱で、INNOVATION軽量級の新エースとなった宮元が初防衛戦。挑戦者の中務は地元関西を拠点に活動し、一昨年秋以降は負けなしで今回のチャンスを得た。

 1R、宮元は右ロー、左ミドルと蹴り技主体の攻撃。終盤にはパンチのコンビネーションから右ハイをクリーンヒットさせるなど優位に試合を進める。2R、中務は伸びのあるパンチで前に出るが、宮元はスウェーでかわし当てさせない。首相撲の攻防でも宮元が優勢。

 3R、大振りの左右フックを見舞う中務に対し、宮元はパンチをもらいながらも応戦。しつこく右ローで中務の足を壊しにいく。4Rも中務がパンチの手数で前に出ると、宮元は冷静にディフェンス。

 5R、疲れの見え始めた中務に、宮元が左ミドル連打。さらに首相撲からのヒザで追い込む。胴廻し回転蹴りを出すなど、最後までKO狙いの宮元だったが、タフな中務に決定打を与えることができず試合終了。大差の判定で宮元が勝利した。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

この大会の写真(全571枚)はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧