TOP > 試合結果 一覧

【ZONE】藤原あらし、イタリア2冠王をKO

2015/05/02(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

藤原あらしの動画
試合動画やテクニック動画を公開中!

FIGHTING GLOBE
「ZONE×REAL 第二章 第1部 ZONE 2」
2015年5月2日(土)神奈川・横浜文化体育館

▼第8試合 58kg契約 3分5R
○藤原あらし(バンゲリングベイ/元WBCムエタイ日本バンタム級王者)
KO 4R2分06秒
●カルロ・パウパッダ(イタリア/オーテルコッポ・ルッチェジム/イタリア王座2冠)

 藤原は3月にルンピニー王座獲得に失敗、これが再起戦となる。対戦相手はイタリアの2冠王パウパッダ。

 1R、同じサウスポーのパウパッダに藤原は右ミドルを蹴る。首相撲でも藤原が主導権を握ってパウパッダをコカす。

 2R、左右フックを放つパウパッダに、藤原は左右ミドル&ロー、前蹴りで前に出て攻めまくる。

 3Rも藤原が左右のロー、ミドル、右アッパー、左ボディブローと前に出て攻める。左右フックで応戦するパウパッダだが、左ローのダメージは明らか。

 4R、藤原は左ローを狙い撃ちにし、パンチとヒジも放つ。藤原がヒジでカットし、ドクターチェックが入る。再開後も藤原の左ローが強烈に決まり、コーナーへ追い詰めて連打からの左ローでパウパッダがついにダウン。レフェリーは藤原のKO勝ちを宣告した。

 藤原はマイクを持つと、「4月5日、勝手に日本の期待を背負ってルンピニーのタイトルマッチをしたんですが、負けてしまって。でもこれで終わらせることなんて出来ないのでまだ期待してください」と、ルンピニー王座獲得を諦めないことを宣言。さらに、3人目の子供が産まれることをファンに報告した。

 次回のZONEは9月の開催を予定している。

【試合動画】藤原あらしが最強ルンピニー王者に挑戦
【試合動画】 藤原あらしがルンピニー王座に初挑戦
【試合動画】藤原あらしがランキング査定試合に勝利 
【試合動画】藤原あらしがルンピニーランカーと好勝負 


 


▼第7試合 68.0kg契約 3分5R
○ジョイシー・イングラムジム(ブラジル/イングラムジム/ラジャダムナンスタジアム認定ウェルター級王者)
判定3-0 ※50-47、50-45、50-46
●メリケン雄人(契明ジム/INNOVATIONスーパーウェルター級王者)

 ジョイシーは今年2月の『NO KICK,NO LIFE』で日本初ファイト、新日本キックの緑川をヒジで葬り、その実力を見せ付けた。ブラジル人ラジャ王者に挑むは、打ち合い上等のメリケン。

 1R、前半は静かな展開となり、後半はジョイシーがメリケンを首相撲に捕まえて一方的にヒザを蹴り続けた。

 2Rもジョイシーが首相撲に持ち込み、ヒジとヒザ。メリケンもヒザを返すが、蹴り数にかなり差がある。ジョイシーは離れると左ミドルを的確に入れる。

 3Rも首相撲&ヒザ蹴り地獄は続く。ブレイク後、メリケンがパンチを一発出してもすぐに捕まる。ジョイシーは左フックもヒットさせた。

 4R、ジョイシーはほとんど組むことなく、左ミドル、ヒジ、つかまないヒザを当て、そして足払いでメリケンを転倒させる。

 5Rが始まってすぐ、ジョイシーがバックハンドエルボーをヒットさせる。メリケンはパンチで勝負を懸けるが、首相撲に捕まってヒザ蹴りの連打をもらう。ジョイシーはさらに左ミドルを何発も当て、ワンサイドの判定勝ちを収めた。

  • 1
  • 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

藤原あらしの動画
試合動画やテクニック動画を公開中!

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧