TOP > 試合結果

【ADCC】ブラジル世界大会の代表決まる

2015/05/24(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲(左から)関根、平尾、湯浅、小澤、Noh、三原

 5月24日(日)東京・北沢タウンホールにて『ADCC ASISA and OCEANIA CHAMPIONSHIP 2015』が開催された。

 同大会は8月28日~30日(金~日・現地時間)ブラジル・サンパウロで開催される“寝技世界一決定戦”『第11回 ADCC Submission Fighting World Championship』への出場権を懸けた、アジア&オセアニア予選。

 グラップリング(打撃禁止の組み技限定ルール)の実力者たちが集い、男子5階級、女子1階級で代表の座が争われ、各階級の優勝者に出場権利が与えられた。入賞者は以下の通り。

<男子>

▼-66.0kg
1st 平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
2nd 西林浩平(reversal GYM Shinjuku Me, We)
3rd 松本輝之 (シューティングジム大阪)

▼-77.0kg
1st Youngahm “Aidan” Noh (韓国/jiu-jitsu lab)
2nd ASANOV ZHANYBEK(キルギス/KYRGYZ REPUBLIC NATIONAL TEAM)
3rd 中倉三四郎(FIGHTING TIES)

▼-88.0kg
1st 三原秀美(総合格闘技道場コブラ会)
2nd 佐藤竜太(FREE)
3rd 南 和良 (パラエストラ東大阪)

▼-99.0kg
1st 小澤幸康(TEAM-KAZE)
2nd 荒井勇二(GUTSMAN)
3rd Harry Grech (オーストラリア/IgorMMA)

▼+99.0kg
1st 関根秀樹(ボンサイブルテリア)
2nd Joshua Brown (オーストラリア/De Been 100% Jiu Jitsu)

<女子>

▼-60.0kg
1st 湯浅麗歌子 (パラエストラ品川)
2nd Liwia Gluchowska (オーストラリア/Absolute MMA)
3rd 八木沼志保 (NEXUSENSE)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果