TOP > 試合結果

【VTJ】前田吉朗、渡辺健太郎との日本フライ級トップ対決を制す

2015/06/21(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

VTJ実行委員会
「VTJ in OSAKA」
2015年6月21日(日)大阪府立体育会館第二競技場

▲ハイキックをヒットさせ追い打ちをかける前田吉朗(上)

▼第7試合 メインイベント 125ポンド(56.7kg)契約 5分3R
○前田吉朗(パンクラス稲垣組/初代キング・オブ・パンクラス・フェザー級王者、第3代DEEPバンタム級王者)
判定3-0
●渡辺健太郎(直心会格闘技道場/修斗世界バンタム級1位)

 前田はデビューから13連勝して注目を浴び、現在は49戦を経験している大ベテラン。これまでにパンクラス・フェザー級王座やDEEPバンタム級王座に就いている。対する渡辺は強打のパンチを武器に、“パンクラス絶対王者”清水清隆、神酒龍一といった実力者を破っている。

 1R、前田のパンチがヒットするも渡辺がカウンターを当て追撃を許さない。スタンドでの攻防が続き、終盤に前田の左ハイキックがハードヒットし渡辺はダウン。前田は追い打ちのパウンド連打に行くが渡辺が執念で立ち上がり、スタンドに戻したところで1R終了のゴング。場内は大歓声。

 2R、前田がスタンドでの攻防で優勢に立つ。中盤に前田の左ハイキックが再びヒット。前田が追い打ちをかけパンチに行ったところに、渡辺がカウンターを当て、これが相討ちとなり両者がグラつく。

 3R、前田が積極的にタックルを仕掛ける。渡辺のパンチに合わせた3度目のタックルが決まりテイクダウン。パウンドに行くが渡辺は密着してこらえる。判定は3者とも30-27で前田がフルマークの判定勝利を収めた。


 

▼第6試合 セミファイナル 125ポンド(56.7kg)契約 5分3R
○中村優作(Team Alphamale Japan)
KO 2R 2分22秒
●カナ・ハヤット(アメリカ/チーム・ボディショップ)

 4月5日の『TTF CHALLENGE 04』で清水との死闘を制した中村が、前回のVTJ大阪大会から連続参戦。一方、ハヤットは昨年のVTJフライ級トーナメントでベスト4。

 1R、スタンドでのパンチ中心の攻防。クリーンヒットはないがいい打撃を当てているのはやや中村か。互いのパンチが相討ちになるシーンも。

 2R、中村の飛び込んでのヒザ蹴りがヒット。さらに飛び込んでのヒザでハヤットがダウン。中村がパウンドを連打したところでレフェリーが試合をストップ。中村が会心の勝利を収めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果